ギフト選びの1st.STEP!ゲストに贈る「引き出物」の基礎知識

金額はどれくらい?贈り分けはどのようにすればいい?何品がちょうどいい?お招きする側のお礼として、出席してくださったすべてのゲストへ贈る引き出物。ギフト選びの前に、引き出物の基礎知識を抑えておきましょう。

目次

「引き出物+引き菓子」が基本の組み合わせ!

Fotolia 133478470 xs

お招きするゲストに出席してくださったお礼品が引き出物&引き菓子。

引き出物は、食器類などの残る物を選びます。引き菓子は、ゲストのご家族などへの手土産としての意味があるので、上質で贅沢感あるスイーツを選びましょう。

予算のおおよその目安とは?

Fotolia 141905870 xs

関係性に合わせて、額や品数を変えて準備すると評価UP!

*親族…7,000円〜12,000円
*上司…7,000〜10,000円
*友人…3,000円〜5,000円
*夫婦…7,000円〜10,000円
※夫婦で出席するゲストはご祝儀の金額も大きいため、引き出物の単価を上げることが多い。

あくまでも平均の予算なので、地域によって誤差はある。“会費制“が主流の北海道では贈り物の額も控えめ。一人当たりに渡す品数・5品を超える北陸や四国の一部の地域などは、全国平均の倍近く及ぶことも。

ゲストに合わせて“贈り分け“をする。

Fotolia 133522193 xs

贈る相手によって金額・品物を変える“贈り分け“が主流。
もしかしたら金額を頂くであろうと予め予想しておくことが重要。多く包んでくださる層には少しでも手厚くするということを心がけ、ご祝儀の相場に合わせた配慮からきたもの。

かと言って、明らかにサイズ感が違う見た目だとゲストにとって気持ちの良いものではありません。“同じサイズ“の紙袋に収まるようなギフトを贈りましょう。万が一、用意した引き出物に見合わない程のご祝儀を包んでいただいた場合、式後おふたりから改めてお礼をすることをおすすめします♩

感謝の気持ちを表すモノだからこそをケチらない!

Fotolia 139235227 xs

引き出物はゲストへの感謝の気持ちを込めて上質なものを贈りましょう。

最近では引き出物・引き菓子と一緒に、お見送りに渡すプチギフトも定番です。ドラジェ・チョコ・マカロン・アイシングクッキーなどの持ち歩きやすい小さなお菓子、ミニタオルや実用性のある物、手のひらサイズの小物類など、カップルによって様々♩ウェディングテーマや結婚式の雰囲気に合わせて選ぶといいです。

年齢層や生活スタイルに合ったものを贈ろう!

Fotolia 140562381 xs

性別・年齢層・既婚or未婚…
贈るものを分けるのも一つのテクニックです。

おふたりの好きなものに偏ることなく、来て頂いたゲストにとって貰って嬉しいものを選ぶように心がけましょう♩

ギフト(引出物+引菓子)は平均2〜3品程度。

Fotolia 119734122 xs

ゲスト一人当たりに贈るギフトは平均が2~3品!
引き出物に添えて渡す引き菓子は1000円~1500円程度。

引き出物では食器類・カタログギフト、引き菓子は日持ちする焼き菓子などを選ぶカップルが多い。又、ゲストの中にしきたりを重んじる人が少なからずいるもの。どこまでこだわるのか、両家で話し合って決めることをおすすめします♩

かさばらない、持ち歩きやすい引き出物を贈ろう!

Fotolia 134377287 xs

年配のゲスト、子連れのゲスト、披露宴の後に二次会に参加するゲストなど。

様々なゲストがいることを忘れずに!持ち帰るときに荷物になるような、重すぎるもの・かさ張るものを避けましょう。結婚式が終わった後も、ゲストが家に帰宅するまでの配慮がとっても大切なポイントです♩

まとめ

ちなみに平安時代に来客された方に馬を贈るという習慣があり、馬を“引き出して“贈っていたことから、“引き出物“と呼ばれるようになったのです。大切なゲストへ贈る引き出物だからこそ、選ぶときは地域の相場観を大切に♩