結納品を準備!関東式と関西式の品目と飾り方について

結納品の準備の仕方をご存知ですか?結納当日、縁起のよい品々を両家で取り交わしますが、関東式・関西式によっても用意する品目や飾り方が違ってきます。この記事では、正式な結納品の品数や関東式・関西式の違いを詳しく解説していきます。

目次

正式な結納品の数は9品!

Fotolia 94095168 xs

目録(もくろく)

目録は“結納品の品目と数を記載した書類“のことです。結納品が9品目の場合は9品目を書き、7品目の場合は7品目を記入します。

※関東式・関西式共通

長熨斗(ながのし)

本来はアワビを長く伸ばしたもの。古くから貴重だったとされていて、延命の意味と最高のおもてなしをしたいという意味を表したものになります。

※関東式・関西式共通

結納料(ゆいのうりょう)

金包(きんぽう)とも呼ばれ、結納金のことを指します。男性の場合は「御帯料」、女性の場合は「御袴料」と書いて贈ります。

※関東式・関西式共通

勝男節(かつおぶし)

勝男節は魚のカツオを意味していて、古くから男らしさの象徴ともされるものとされており、武士の保存食とされていました。武士がこれを携帯し武運を祈ったといわれていて、それ以来男性の慶事にまつわるものとして贈られるようになりました。

※関東式・関西式共通

寿留女(するめ)

寿留女は、するめは長期の保存が可能なため、“噛めば噛むほど味が出る仲のよい夫婦になるように“という願いが込められています。また、寿留女には当て字がなされています。

寿・・・おめでたい人
留・・・ずっと留まる
女・・・よい花嫁

※関東式・関西式共通

子生婦(こんぶ)

子生婦は2枚の昆布を用意します。「昆布」が「よろこぶ」に通じるものがあるという意味合いがあり、“子孫繁栄を願って元気な子供を生んでほしい“という願いを込めます。

※関東式・関西式共通

友白髪(ともしらが)

友白髪は白い麻糸を束ねたものになります。“白髪になるまで一緒にいよう“という意味と“麻のように強い関係をずっと築ける“という意味をもっています。

※関東式・関西式共通

末広(すえひろ)

末広は「末広がり」という意味をもち、縁起のよい白扇を贈ります。末永く幸せにという意味と無垢な気持ちで、家同士が発展するようにとの願いが込められています。

※関東式・関西式共通

家内喜多留(やなぎだる)

柳樽という「酒肴料」を表しているものです。柳の葉のように円満な家庭になってほしいという願いが込められています。

※関東式・関西式共通

関東式と関西式の違い

Fotolia 121418432 xs

結納品は、結納時に両家で取り交わす縁起物のことをいい、関東では9品、関西では5品~9品を贈るのが一般的で、地域などによっても様々です。また、略式の時はどちらも7品や5品に省略します。

《関東式》
関東式では、先ほどご紹介した正式な9品目を飾るのが一般的。

《関西式》
関西式では、関東式の結納品と高砂人形や婚約指輪などを追加して飾ります。多い場合は20品目ぐらい追加されることも。関東式に比べて豪華さがあります。

結納品の飾り方

関東でも関西でも、結納品は床の間に置くのが一般的です。毛せんを床の間の前の畳に敷き、その上に結納品を置きます。広さが足りないという場合は、床の間の上に置きましょう。床の間は本来、生け花などを置くための台ですので、お花を別の場所に移しておきましょう。

結納品の贈り方

関東式では結納品をまとめて台の上に飾りつけて、男女で贈り合います。一方、関西式では一品一品を台の上に載せ、鶴亀や松竹梅などの豪華な飾りつけをします。また、男性側だけが結納品を贈り、女性側は省略するという形が多いです。

挙式が済むまで飾っておくことが習わし。

Fotolia 86358961 xs

関東式・関西式のどちらも、結納品は結婚式を終わるまで飾っておくという習わしがあり、お祝いをしに家に訪れた人に披露します。結納から約1ヶ月間飾るのが一般的ですが、結婚式がまだまだ先の場合は一旦片付けて、式が近づいた頃にまた飾ることもできます。

スルメや昆布などの食品類は長期間の保存ができますが、早めに中身だけ取り出し、水引飾りだけ飾っても問題ありません。

結婚式を終えたら、取っておかない結納品は神社やお寺などで処分してもらうのが一般的です。お守りと同じような処分の仕方で行います。

まとめ

近年は正式な結納よりも略式結納が増え、7品目や5品目、最近では3品目(目録、長熨斗、金包)が多いようです。地域や家柄によって違ってくる場合がありますので、両家で贈り合う時は品の数をそろえることが大切になります。

毛せんを床の前の畳の上に敷いてその上に飾りつけ、二人の挙式が終わるまで大切に飾っておきましょう。挙式がまだ先の場合は、一旦片付けて式の日が近づいたらまた飾り付けをするといいです。また、食品類は早めに中身だけ取り出して食べるようにしましょう。

結納の形式、地域、家柄に合わせて結納品を準備しましょう!