基本!結婚式・披露宴の席次の決め方とマナーについて

披露宴当日は参列していただくゲスト全員が快適に過ごしてもらいたいですよね。披露宴の席次決めをスムーズにこなすために、決め方のポイントやマナーを伝授します!上座と下座、新郎新婦との関係性によって席次の決め方が変わってくるので、配置する前にしっかり学びましょう。

目次

まずはゲストのグループ分けを。

%e4%b9%be%e6%9d%af

披露宴の席次の決め方として、まず“ゲストのグループ分け“をするのがポイント。グループを分けることによっていくつテーブルが必要なのか、グループの人数などがわかり、スムーズに席次の計画を立てることができます。

新郎側と新婦側で、父方の親族、母方の親族、職場関係、高校の友人、大学の友人など、おおまかに席次のグループ分けにしていけばOK。その中でもさらに仲の良い人同士にグループ分けをし、面識がある人たちの席を作り、会話が弾んで会場が盛り上がるような席次の決め方をしましょう。

「上座」と「下座」の基本を理解しよう!

Fotolia 166302769 xs

披露宴の席次での上座・下座は、新郎新婦との関わりよって変わってきます。主に新郎新婦の上司、恩師、職場関係者は「上座」、家族や親族は「下座」に。配置で言うと、新郎新婦から近い場所が上座、遠い場所が下座になり、「主賓→職場関係者→友人→親族」という順になります。

上座と下座の基本を理解することも、席次の決め方の大切なポイントです!

レイアウトごとの席次の決め方

円テーブル(丸テーブル)

Fotolia 82087156 xs

もっとも披露宴に採用されることの多い、オーソドックスなレイアウトが円テーブルです。真ん中のメインテーブルに新郎新婦が座り、メインテーブルから近い席が上座となるので「主賓→上司→先輩→職場関係者→友人→親族」という配置になります。

長テーブル(流しテーブル)

Fotolia 165195905 xs

円テーブルよりも多く収容できるのがこのスタイル。格式高い披露宴やカジュアルな披露宴にも対応できる、近年人気のレイアウトです。こちらも円テーブルと同じく、新郎新婦に近い席が上座、遠い席が下座になります。

4つの長テーブルを並列に配置したレイアウトの場合、中央の2つのテーブルが上座になるので主賓や上司などの職場関係者、端の2つは下座になるので家族・親族が着席します。

肩書きの正しい書き方

Fotolia 123746238 xs

新郎新婦との関わりによって肩書きの記載の仕方が異なります。名前の誤字脱字はもちろん、ふたりとの関係性がわかる肩書きを記すように心がけましょう。

席次の肩書きについてはこちら!▼

披露宴席次表に必須!ゲストの敬称・肩書きについて|resoco [リゾコ]
結婚式の席次表は、披露宴パーティーに欠かせないアイテムの一つです。いざ作成する時、そこに記載する“肩書き“の書き方をしっかり理解しておかなければなりません。新郎新婦との関係性によって敬称・肩書きが違ってきます。この記事では披露宴席次表の敬称の書き方、肩書きの例についてご紹介いたします。

こんな時はどうしたらいい?

一人で出席する方がいる場合

披露宴に一人で出席するゲストがいる場合、話が合いそうな人、趣味が合いそうな人、年齢が近い人たちと同じ席にするといった決め方がベストです。隣の席になるゲストには一人で出席する方がいることやどういった人なのかを伝えておくように。

夫婦で出席する方がいる場合

ご夫婦で出席をする方がいるケースも多く、一緒に招待する場合は隣同士の席、個々に招待する場合はそれぞれ新郎側・新婦側の席といった決め方にしましょう。

子供を連れて出席する方がいる場合

披露宴に小さなお子様を連れて出席をする方がいる場合、なるべく会場入り口付近の席次にしましょう。また、赤ちゃんのためにベビーベッドなども用意しておくと安心です。

お年寄りや不自由な方がいる場合

お年寄りや不自由な方がいる場合も会場入り口付近の席次にしましょう。付き添いの方も隣の席になるようにしましょう。

大人数のグループがテーブルに入りきらない場合

グループの人数が多い場合は、一人だけ仲間はずれになったり、他のグループと相席になったりしないように、テーブルを分けるなどして均等に座れるようにしましょう。

新郎新婦のゲストの人数が合わない場合

披露宴では基本、新郎側と新婦側に分かれるというルールがありますが、新郎新婦のゲストの人数が合わない場合の席次の決め方は相手側のスペースに配置をしても問題はありません。また、収まらないという場合でも相手側のグループと同席にしても良いです。

まとめ

Fotolia 136076160 xs

今回は披露宴での席次の決め方やマナーについてご紹介しました。披露宴の席次の決め方のポイントとして、まずはおおまかに席次のグループ分けをして、上座と下座の基本を理解することが大切です。

また、参列するゲストの中にご夫婦や子供連れ、お年寄りがいる場合も、ゲストが快適に楽しめるような席次にするように考慮しましょう!