旅行の知恵で楽しく!飛行機での快適な過ごし方10選

海外旅行は楽しいですが、飛行機で長時間過ごすことが苦手な方も多いのではないでしょうか。飛行機で快適に過ごす方法を知っておくと、機内の1人時間を有効に使えますし、目的地に到着したときの疲れ具合も違います。旅行好きな人の中には、飛行機に乗っている時間が楽しいという人もいるようです。今回は、飛行機での過ごし方をご紹介します。

目次

飛行機での過ごし方は用意も大事!

飛行機に乗って10時間、もしくはもっと長い時間飛行機に乗っていなくてはならない場合、まず眠れる環境にあるかどうかがポイントです。
飛行機の発着時間や座席の位置などが大事なチェックポイント。
できれば夜出発の方が、そのまま眠ってしまえばいいので楽です。
そして、座席もトイレに行かずに眠る予定であれば、窓際の席ならば誰にも起こされることなく眠れます。
しかし、そんなにうまくいくとは限りません。ここでは飛行機で快適に過ごすための方法を10種類選んでみました。参考にしてください。

飛行機での過ごし方の王道!眠る

飛行機での過ごし方の王道はやはり何と言っても「眠る」です。
特にヨーロッパなど飛行機に乗っている時間が10時間を超える場所に行く場合は、できるだけ体を休めておくことが大切。飛行機に乗った時点で、時計を現地時間に合わせ、できるだけ現地でのタイムテーブルに近い時間に眠っておきましょう。

眠りやすいようにグッズを揃えておくことも大事です。
アイマスクは、エアフランスなどでは毛布と一緒に用意されていますが、用意されていない航空会社もあります。
また、用意されていても化学繊維で肌にチクチクするのがきになる場合も。
自分の顔に合ったアイマスクを持って行ったほうがいいかもしれませんね。
また、ネックピローも必須です。空気で簡単に膨らませられるネックピローを持参しましょう。

眠れなくても気にせずに!瞑想

ぼんやり考え事をする時間って実は大事ですよね。
飛行機では眠れない人もただ体と精神を解放するメディテーションをすると疲れも癒されるかもしれません。
そのためには、イライラした気持ちを除去することが大事。
心を穏やかにするために大事なことは水分をしっかり摂取すること。
トイレに立つのがいやでついつい水分を控えてしまいますが、飛行機の中はとても乾燥しています。水分不足になると神経が苛立ち、なかなか眠れません。
適度に水分を摂るように心がけてくださいね。
手荷物検査が終わってから売店でペットボトルを購入しておくと、飛行機内で水をしっかり摂れます。

むくみが出ないために!ストレッチ

体に不快感があると時間が経つのも遅く感じるものです。
トイレに立ったときなどを利用して軽くストレッチをすると、脚のむくみも取れて快適です。
トイレの前などスペースのある場所に移動して軽く体を動かします。
「ストレッチなんて恥ずかしい」と思ってるかもしれませんが、旅慣れた人はみんなしてるんですよ。
軽くストレッチをしていると他の旅人エキスパートと知り合って、ガイドに載っていないとっておきの情報を教えてもらえるかもしれません。
ついでに歯を磨いたり、顔を洗ったりすると気分がほぐれます。

あっという間に時間が経つ!映画やドラマを観る

各席に取り付けられている個人用モニターで映画やドラマを楽しんでいれば時間はあっという間に過ぎていきます。
KLMに乗るとオランダのテレビ番組なども見られます。
中にはオランダ語で話しているものもありますが、英語の字幕が付いています。
JALやANAなど日系航空会社や外資系でも日本発着の飛行機は日本語字幕や日本語吹き替えの映画が用意されています。

また、メニューでワールド映画などを選ぶと日本映画を見られます。普段あまり日本映画を見ない人もこのような機会に日本映画を鑑賞してみる良い機会です。商業的に成功していなくてもカンヌ映画祭などに出品した良い日本映画が紹介されています。

普段聞かないカテゴリーの音楽を聴く

個人用モニターには音楽をセレクトできるページもあります。
航空会社にもよりますが、以前に比べると選択の幅も広がりました。
アルバム全曲が聞けるようになっているので、気になっていたアルバムを試聴できます。
普段あまり聞かないような分野の曲を聞くのもいいかもしれませんね。
セロニアス・モンク全曲集などをじっくり聞いてみたり、いつかは全部聞いてみたかったオペラ作品などを聞いてみたり。

オペラの場合、ビデオも見られるのでオペラにちょっと興味があるという方も気軽に第一歩を踏めます。
普段なら2時間の作品をなかなか全部聴き終えられませんが、飛行機の中なら可能です。好きなものがひとつ増えるかもしれません。

やっぱり本が好き!読書

長時間集中できる時間があればやはり読書ですね。
読みたくて買っておいてもなかなか時間がなくて読めなかった本を読むチャンスです。
ただ、消灯した後、手元灯だけつけて読めないことはないのですが、みんなが寝ているときに電気をつけにくいようなときがあります。
そのような場合には、タブレットやKindleですと気兼ねなく読書ができます。

軽い読書をしたいという方のために楽天マガジンがおすすめです。
あらゆるカテゴリーの雑誌から選べ、好きなだけダウンロードしてオフラインでも読めます。
旅行雑誌などから目的地の情報部分をピックアップしておいて読んでもいいかもしれませんね。

やったことのない人もハマるかも?ゲーム

普段ゲームで遊ばない人も個人用モニターに付いているゲームを試してみましょう。
普段はそういうことに時間を割けなくても、飛行機の中ではたくさん時間が余っています。
意外にはまってあっという間に目的地に到着してしまうかもしれません。

モニターに含まれているゲームは数が少ない上に英語マニュアルの場合がほとんどです。
それに日本のゲームの方が細かいところにもセンスがあって楽しいですよね。
日本のゲームをしたい人におすすめなのがニンテンドー3DSです。
英会話集などのソフトもあり、旅行前に軽く会話を練習するのにも役立ちます。

中見出し8:旅行の思い出は大切に!帰りの機内では写真の整理

旅行の思い出は大切に!帰りの機内では写真の整理

旅行をするとたくさん写真を撮影しますよね。
フィルム時代に比べるとディジタルカメラは10倍以上の写真が残ります。
時間をおくとどこで撮影したのか、どうして撮影したのか、全く覚えていない状況になってしまいます。

ですから、できるだけ早くに写真を整理しておくべきなのですが、帰りの飛行機でするのが一番。
帰宅してしまうと日常の雑用でなかなか時間が取れなくなってしまうということにも。
場所ごとにフォルダーを作って分割するだけでも、後から思い出すために役立ちますよ。
ついでに簡単な旅行記も書いてしまいましょう。

いつかやろうと思っていた?モバイルの断捨離

モバイルの中に情報がたまりすぎていませんか。
あとからあとから次々とダウンロードしたり、送られてきたものを保存してメモリーの大半を占めている場合も多いようです。

すっかり忘れていて、これは一体なんだろうというようなファイルもかなりあります。ひとつひとつチェックして、いらないと判断したものはどんどん捨ててしまいましょう。

機内では電波を発する機材を使ってはいけないことになっています。ですから、モバイルのスィッチを入れるときは、オフラインモードに設定することを忘れないようにしましょうね。

中見出し10:旅行気分が盛り上がる!現在地やフライト情報を見る

機内エンターテイメントのモニターで飛行機の現在地、高度、速度などを確認できます。
目的地での時間や気温・天候なども見られ、旅行をしている気分が盛り上がります。
列車の旅と違って、飛行機の場合は途中の駅に止まってどこにいるのか確認するということがありません。

モニターで、地球上のどこにいるのか、そしてどのくらい飛行してきたのかを確認すると旅を実感できます。
この画面を見ながらあと●時間だなぁとか考えていると、意外と時間が経過します。
少しずつ移動した距離が残りの距離より長くなっていくと気分がほぐれます。

飛行機での快適な過ごし方を知って旅を楽しく

長距離の飛行機での快適な過ごし方を10種類紹介しました。
飛行機で過ごす時間が苦痛でなくなると旅がずっと楽しくなります。
これからは、もっとエンターテイメントモニターも進化していくでしょうし、楽しむ道具も増えていきます。
どこの航空会社のモニターが楽しいかという情報交換もしていきましょう。
モニターが進化していったら、このままずっと飛行機に乗っていたいと思ってしまうような日も来るかもしれません。
それまでは、ここで紹介した方法を参考にして、できるだけ快適に過ごしてください。