カップル旅行におすすめ!格安だけどロマンチック!海外リゾート地10選

「海外で一味違うカップル旅行をしてみたい」、「でも予算が心配」という方のために、安いく楽しめるリゾート地をピックアップしました。近くのアジアからヨーロッパまで、安いだけではなく、ロマンチックな風景を楽しめるスポットばかりです。参考にして、さらに素敵な思い出を作ってくださいね。

目次

最も近い海外リゾート!済州島(韓国)

%e6%b8%88%e5%b7%9e%e5%b3%b6%ef%bc%88%e9%9f%93%e5%9b%bd%ef%bc%89 %e3%83%94%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf

日本から直行便もあるので気軽にリゾートを楽しめる韓国の済州(チェジュ)島。小さな島ですが、もともと独立国家だったこともあり、韓国とは違う文化も持っています。
ですから、韓国は行き慣れている人にも、興味深い旅行になること間違いなしです。
海沿いに潮風を浴びながらドライブをしたり、内陸部の滝や世界遺産に指定された洞窟を探検したり、おいしい海鮮料理など楽しみはたくさんあります。

人気上昇中の台湾リゾート!墾丁(ケンティン)(台湾)

%e5%a2%be%e4%b8%81%ef%bc%88%e5%8f%b0%e6%b9%be%ef%bc%89  pixta 34565345 m

台湾の最南端の町、「墾丁(ケイティン)」は台湾で最初に指定された「国家公園」で自然にも恵まれたエリアです。
1年を通して温暖で、海が美しいのでリゾート地としても人気があります。

特に「南湾ビーチ」は、人気。シュノーケルで海に潜れば、カラフルな魚が泳いでいます。
マリンスポーツもいろいろ楽しめ、バナナボートやジェットスキーなどをレンタルできます。

夜になると墾丁夜市を散策。
かわいいハンドメイドのアクセサリーやのショッピングや、屋台の料理をつまみながらカップルの楽しい時間が過ごせます。

まだまだ安い中国のグルメリゾート!上海近郊のビーチ

%e4%b8%8a%e6%b5%b7 pixta 42692994 m

やはり安い旅行といえば中国です。上海ではおいしいものも食べられて、お買い物も楽しいですが、リゾート地があるのでしょうか。実は、上海から40kmくらい南に、「碧海金沙水上楽園」と名付けられた人工ビーチがあります。

リゾートホテルもあり、中国のリゾート地として世界中からバカンスを利用して滞在する人がだんだんと増えています。ボートクルージングや水上自転車なども体験でき、カップルで楽しめるスポットもたくさんあります。

マングローブカヤックも楽しめるマレーシアのランカウイ島

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%ef%bc%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%82%a4%e5%b3%b6%ef%bc%89pixta 31547371 m

マレーシア北西部、アンダマン海に浮かぶ99の島がランカウイ島です。
ランカウイ島は、伝説がたくさん残り、伝説の島とも呼ばれています。
うっそうとし生い茂ったマングローブの森とターキッシュブルーの海、大自然を実感できる絶景もたくさんある島です。
カヤックで熱帯雨林を探索すると自然が直に感じられ、カップルで楽しい時間を過ごせます。

カヤックだけではなく、ランカウイ・ケーブルカーやスカイブリッジから島を一望するのも素敵です。
夕刻には、チェナンビーチでオレンジ色に染まる海を眺めるのもロマンチック!ランカウイ島はカップルで楽しめるスポットとアクティビティーがたくさんあります。

音楽と踊りも楽しめるヨーロピアンにも人気のバリ島

%e3%83%90%e3%83%aa adobestock 83333432

大自然とバリ・ヒンドゥー寺院などの歴史モニュメントが混ざり合ったバリ島は「神々の島」とも呼ばれています。
ガムランやジュゴグ(竹のガムラン)など、神秘的な音楽も有名で、常にアーティストの注目を浴びてきたバリ島は、カップルで訪れても楽しく過ごせるリゾート地です。

カップルでぜひ一緒に見て欲しいのが、クタビーチの夕焼けです。
オレンジ色に染まるビーチは、2人の心にずっと残る光景になります。
クタビーチの周辺には、地元の方たちが集まるローカルフードやドリンクのお店がたくさんあります。庶民的なグルメも楽しみのひとつです。

エメラルドの海に潜りたくなるフィリピンの島、ボラカイ島

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3%ef%bc%88%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%82%a4%e5%b3%b6%ef%bc%89 adobestock 63799837

ボラカイ島は、1990年まではバックパッカーが集まる野生が残った島でしたが、ヨーロッパで最高のビーチとして紹介されるようになり、今ではラグジュアリーな雰囲気のリゾート地になりました。

贅沢な設備を持つボラカイ島ですが、乾季を外してい行けばかなりリーズナブルにリゾートを楽しめます。5 月~10 月ならオフシーズンで静かに過ごせますから、カップル旅行にもぴったりです。

ベトナム、ホーチミンから1時間で行けるリゾート地ニャチャン

%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%ef%bc%88%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%ef%bc%89pixta 6566582 m

おいしい食事あり、ホテルも安いので旅行先として人気のベトナムですが、最近ではリゾート地としても人気です。
ベトナム中南部に位置するニャチャンは、7kmに及ぶ白い砂浜が続きます。
ベストシーズンは5月から9月と言われていますが、1年を通して温暖な気候です。
かつてはロシア人が避寒地として利用していた場所でもあります。

ニャチャンにはビーチだけではなく温泉もあります。
泥温泉でパックをすると毛穴が開いてスッキリ汚れが落ち、すべすべお肌になるそうですよ。カップルで出かけて一緒にリフレッシュしましょう。

定番で安い人気リゾートならグァム島

%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%a0%e6%b5%ae%e8%88%9f spinno

グァム島は安いツアーも多く、気軽に行けるリゾート地ですが、ロマンチックなスポットもたくさんあります。
ビーチだけではなく、タロフォフォの滝など内陸にも見どころがいっぱい。

夜になると松明を用意するビーチやイルミネーションで輝く噴水、例えば、シェラトン・ラグナ・グアム・ホテルの噴水などロマンチックスポットもたくさんあるので、カップルで行くとさらに楽しめます。

バルト海を臨むポーランドのソポト

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%88%e3%82%bd%e3%83%9d%e3%83%88%ef%bc%89 adobestock 70811948

安いリゾートというとどうしても近い場所を想定しがちですが、東欧は今でもホテル代などが安いですし、安いツアーを探せば意外とあり見つかります。
ヨーロッパの普通の人たちが行くリゾート地で、高級感はありませんが、気持ちよく過ごせます。

ポーランドというとあまりリゾートという感じがしないかもしれませんが、バルト海を臨むソポトという町は、ポーランドだけではなく、周りの国からも特に夏のバカンスに訪れる人のいるリゾート地です。

ソポトにはぜひ見て欲しいスポットが2つあります。
ひとつは、バルト海につられた458mの木造桟橋(Sopot Molo)です。
この木造桟橋の上を歩いていると、海の上を直接歩いているような不思議な気分になります。

そしてもうひとつは「歪んだ家(Krzywy Domek)」。
本当に歪んでいる建物ですが、実は4階建てのショッピングセンターで、30店舗くらい入っています。
人とは違ったリゾート旅行になること間違いなしです。

真珠のように美しいクロアチアにあるフヴァル島

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%83%81%e3%82%a2 adob%e3%83%95%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%abestock 69542827

ヨーロッパでリゾート地として人気のアドリア海に浮かぶフヴァル島は、クロアチアのスプリトから高速船に乗ると約1時間強で到着します。
古代から中世にかけての遺跡もあり、観光地としても人気のリゾート地です。

路地を歩くと何気ない普通の家の軒先がおしゃれな感じだったり、小さなカフェを見つけたりと、散歩が楽しくあちらこちらにインスタ映えする風景があります。
カップルでのんびり歩いてリラックスできる旅になるでしょう。

コスパの良いカップル旅行を楽しもう

定番から穴場まで安いリゾート地を紹介しました。
近いリゾート地はもちろん安くいけますが、遠くても、意外と飛行機代が安かったり、安いリゾートホテルがある場所もあります。
安くても、一味違うリゾートで、2人の思い出を作ってください。