パリだけじゃない!大人旅におすすめのフランスの穴場リゾート10選

フランス旅行といえば、真っ先に思いつくのがパリという方も多いのではないでしょうか。有名な観光地もいいけれど、もう少し非日常にひたりたい!そんなことを思っている方は、ぜひパリ以外の穴場リゾートへ出かけてみませんか?写真を撮ることも忘れてしまうような美しい景色が見られるのをはじめ、心が癒される旅行になること間違いなしですよ。

目次

パリ以外で厳選!大人旅におすすめの穴場リゾート10選

今回はパリ以外に限定して、大人旅におすすめしたいフランスの穴場リゾートを10選でご紹介します。フランスってパリ以外に見どころはあるの?どこか良いところはあるの?と思っているビギナーの方も、これまでにパリを何度も訪れている方もきっと満足できるはずですよ。また、パリにも行きつつご紹介する穴場リゾートを旅行プランに追加しても良いかもしれませんね。

お友達同士でもラブラブなカップル同士でも、どんな方にでもおすすめできるところばかりです。ぜひ、こちらを参考に素敵なフランス旅行を計画してくださいね。

天空の城のラピュタのモデルにもなった村!コルド・シュル・シエル

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab%29 pixta 25138950 m
%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab%e7%94%ba%29pixta 25138927 m

フランスの南西部にあり、海抜280mの岩の丘に建設されたコルド・シュル・シエル。日本語にすると「空の上のコルド」という意味があり、この村を一望できる丘の上に行けば名前のとおりの眺めを見ることができます。そして、雲海にぽつんと現れるその姿は「空に浮かぶ村」そのもの。「天空の城ラピュタ」のモデルにもなっているとのことです。

また、村の中は、石畳の急な坂道に沿うように石造りの家並みが続き、中世にタイムスリップしたかのような雰囲気を感じられます。ホテルやレストラン、カフェ、お土産物屋さんなどもあり、フランスの食文化を代表するフォアグラをいただくこともできますよ。

フランスの最も美しい村の一つ!ムスティエ・サント・マリー

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc%29 pixta 23757844 m

フランス国内に150近く存在する「フランスの最も美しい村」。その中の一つがムスティエ・サント・マリーです。フランス南東部にあり、プロヴァンス地方からコート・ダジュール地方へと続く山岳地帯に位置。ニースから車で3時間ほどの場所にあり、自然と中世の街並みが調和する美しい景色が見られます。数百メートルもの切り立った崖に家々が張り付くかのように並んでいてかわいいですよ。

また、昔から良質の土が取れることもあって、陶器の村としても有名です。白地に色鮮やかな絵を描いた陶器のムスティエ焼きは南仏一の質の陶器といわれることも。そして、あのマリー・アントワネットもムスティエ焼きの食器を好んだという話がありますよ。

地中海の眺めが素晴らしい鷲の巣村!エズ

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%a8%e3%82%ba%29 pixta 42050670 m

エズはフランス南東部コート・ダジュール地方の街です。ニースとモナコの間にあり、海から垂直に切り立つ崖の上の海抜420mの場所に位置。見どころは美しい景色と街並みで、山がまるごと要塞になっています。「鷲の巣村」や「天空の村」と呼ばれることもあるそうですよ。

そして、ブーゲンビリアやジャスミンなどの花が年間を通して咲き誇っていて、村のあちこちに中世の面影が残っています。おとぎの国を思わせるような雰囲気で、村全体がとても綺麗。また、地中海の眺めもとても素晴らしいです。

美女と野獣のモデルにもなった誇り高き美しい村!コンク

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%29 pixta 9887157 m

フランス南西部はミディピレネー地方にあるコンク。フランス国内にはいくつものキリスト教徒の巡礼の地がありますが、コンクはその巡礼の中で最も重要な地とされています。「ル・ピュルの道」と呼ばれていて、巡礼者たちはここで祈りを捧げ、それからスペインを目指してさらに西へと歩いて行くのだそうです。山間にある人口300人ほどの小さな村ですが、実は美女と野獣のモデルにもなった村で、巡礼地の厳粛さの中に美しさや華やかさがあります。村のシンボルともされる「サント・フォア教会」など、見どころも。

また、巡礼のシンボルがホタテ貝ということもあり、村のあらゆる場所にホタテ貝のモチーフが見られます。看板や美しいドア、綺麗な花の寄せ植えをはじめ、こんな場所にも!というところにまであるほどです。

ハウルの動く城の舞台になった魅惑の街!コルマール

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%ab%29 pixta 32091879 m

フランス東部はアルザス地方にあるコルマールは「ハウルの動く城」の舞台となったといわれる街です。歴史のある街で、西暦823年にはその名前が刻まれていたとのこと。そして、これまでの戦争の影響をほとんど受けなかったこともあり、現在でも中世ルネッサンスからの素敵な街並みが綺麗に保存されています。

立ち並んでいる古くからの家屋が美しく、花のシーズンの春に訪れるとそこはまるで絵本の世界に飛び込んだかのよう。また、クリスマスが近くなると多くの家々が一斉にイルミネーションを飾りつけます。その景色はメルヘンさがありながらも、どこか幻想的な雰囲気を醸し出していますよ。その他にもコルマールは「ワイン街道」と呼ばれるほどのフランス屈指のワイン製造地帯に位置。コルマールの景色を楽しんだ後にワインセラーめぐりをするのもおすすめですよ。

雑貨好きならぜひ足を運びたい!ルールマラン

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%b3%29 pixta 23456012 m

プロヴァンスはリュベロン山地の麓に位置する小さな村のルールマラン。こちらも「フランスの最も美しい村」に登録されていて、プロヴァンス地方の魅力を存分に楽しむことができます。そして、赤い丸瓦屋根を備えた地中海風の家をはじめ、素晴らしい建築や風景に魅了されることでしょう。

1時間もあれば歩いて回れるほどの村ですが、たくさんの雑貨店が軒を連ねることで知られています。雑貨の村といわれることもあり、毎年4月と5月と7月には、「手工芸職人展」が開催。さらに8月には、かわいい雑貨やアクセサリーが所狭しと並ぶ「クリエーター市」が開催されるなど、雑貨好きならぜひ足を運びたいところです。

温泉とスキーが楽しめる知る人ぞ知るの穴場!アクス・レ・テルム

スペインに近い南フランスに位置し、熱水泉で知られているアクス・レ・テルム。人口は1,500人ほどですが、温泉治療目的で長期滞在をする方やバカンス目的で訪れる方がいるなど、のどかな中にも活気はあります。

また、36コースある広大なスキー場が2つあるなどスノースポーツを楽しむのにもおすすめです。そして、スノースポーツを楽しんだ後に、その足で温泉に入ればリラックスした癒しの時間を過ごすことができますよ。その他にも、村の中には古くからある大きな足湯スペースがあり、硫黄のにおいが漂う中で村の散策を楽しめます。最高85度の源泉で、ゆで卵を作る光景が見られるなど、どこか日本の温泉にも似た光景を見つけることもできるでしょう。


ミネラルウォーターで知られる水の景勝地!エビアン

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%a8%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%b3%29 pixta 42594902 m

ミネラルウォーターのブランドで有名なエビアン。実はエビアンとはこの水が取れる産地のことで、スイスとフランスを結ぶ三日月の湖「レマン湖」沿いに位置します。なお、対岸にスイスのローザンヌやジュネーブ、背景にアルプス山脈が見渡せる景勝地にもなっていますよ。特に何かをせずにレマン湖の湖畔を歩くだけでも気持ち良いですが、足を運んだらぜひ見ておきたいところはたくさん。エビアンで一番有名な水源地の「カシャの泉」に1903年に建てられたアールヌーヴォー式の建造物が美しい「エビアンウォーターミュージアム」などが有名です。

また、夏のみ運行されるケーブルカーは無料で利用が可能!かなりのんびりとしていますが、実は20世紀前半から運行している歴史あるケーブルカーなのだそうですよ。

独特の景観と渓谷が美しい!ラ・ロック・ガジャック

フランス南西部はアキテーヌ地方に位置し、特徴的な地形に作られた美しい村のラ・ロック・ガジャック。ドルドーニュ川と崖の間の狭いスペースに貼り付くかのように、民家が並ぶ独特の景観を見ることができます。なお、壁や屋根の色、家の造りが統一されているなど、美的センスの良さも感じることができるでしょう。

人口は500人ほどで、面積7.17平方キロメートルしかない小さな村はまさにフランスの穴場!ホテルやレストラン、カフェや土産店が並ぶ商店街も
200mぐらいしかないとのことで、観光ツアーに組み込まれることもほとんどありません。12~16世紀まで使われていた断崖の洞穴要塞観光の他、ガバール船によるドルドーニュ渓谷クルーズなどを楽しむことができますよ。

古くからの美しい風景がそのまま残っている!アプルモン・シュル・アリエ

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%28%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%82%a8%29 pixta 37027518 m

サントル地方はヌヴェールという街から南西に10kmほど。アプルモン・シュル・アリエは、ロワール川沿いの見晴らしが良い田園地帯に位置する村です。見どころは、イギリスで有名なガーデニング作家にインスピレーションを受けたというイングリッシュフローラルガーデンに、その庭園に囲まれたシャトー。17~18世紀の面影がそのまま残されていますよ。

また、アリエ湖畔から眺める村の景色に穏やかな田園風景など、フランスの美しい田舎を存分に堪能することもできます。ただ周辺を散策するだけでも心は癒されそうですよね。なお、人口約80名の小さな村ですから穴場感を味わうにもぴったりでしょう。

穴場リゾートで新たなフランス旅行の魅力に気付くかも?

フランス旅行でぜひ出かけたい、大人旅におすすめの穴場リゾートを10選でご紹介しました。今回はパリ以外に限定しましたが、フランス国内には魅力的な場所がたくさんあることが分かったのではないでしょうか。できることなら、全部まわってみたいくらいですよね。

フランス旅行を計画している方も、これから計画する方も、ぜひ穴場リゾートへと出かけてみてください。そして、色々な場所に行ってみることでフランス通になれる日も近いかもしれませんよ。