ロケーション最高でおすすめ!人気の海外リゾート10選

綺麗な海に美しい空、真っ白な砂浜を間近にリフレッシュしたいという方も多いのではないでしょうか。でも実際に行こうとなるとなかなかどこにしようか決められないかもしれません。今回はそんな方にぜひ参考にしてほしい、おすすめの人気海外リゾート10選をご紹介します。大人が楽しめる極上のリゾートに本や映画などにも登場したことのあるメジャーなスポットなども登場。思い描くような海外リゾートをみつけてください。

目次

はじめに

ロケーションが最高でおすすめとされる、人気の海外リゾート10選をご紹介します。手軽に行ける場所や贅沢気分が味わえる場所。またはリゾート気分を味わいながらもショッピングやグルメも一緒に楽しめる場所などさまざまです。そのときの目的や気分、どのくらいの時間や予算があるのかによって選択肢も変わってくることでしょう。どの海外リゾートが自分たちの希望に近いのかを見つけてみて、素敵な思い出をつくりに出かけてみてください。

日本から気軽に行けるリゾートの定番!グアム

%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%a0%28%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%aa%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81%29 pixta 22429291 m

日本国内から4時間程度の飛行時間で行くことができるグアムは、常夏のビーチリゾートです。日本との時差はプラス1時間となるため、時差ボケを感じることもないと言えるでしょう。

また、それほど大きな島でないことからグアム国際空港やグアム市街地までは、車で1時間30分ほどあれば行けてしまうこともグアムの特徴です。1日もあれば島内1周ができてしまうことから、旅行日数が短い場合でも充実したプランが組めるのではないでしょうか。

綺麗な海や空にビーチはもちろん、アクティビティも充実していて日本語が通じる場所やショッピングスポットもあります。海外旅行デビューの方にもおすすめできる、過ごしやすいリゾートです。

ゆっくりと過ごせるワンランク上の極上リゾート!タヒチ

%e3%82%bf%e3%83%92%e3%83%81 %e6%b5%b7 pixta 16944762 m

南太平洋有に浮かぶリゾート地として知られるタヒチは、冒険家「ヘイエルダール」の逸話や、画家「ゴーギャン」が晩年に移り住んだ島としても知られています。また、独特の文化があり、ハワイアンフラの起源とされるタヒチアンダンスにタトゥーの語源にもなっているタヒチ語のTatauなど。足を運ぶ人を魅了させるポイントがたくさんあります。

地上最後の楽園ともされているタヒチ本土の周りには、いくつかの島があって観光地として人気です。青のコントラストが美しい海に緑や自然が豊かなことから景観も抜群。治安も良くタヒチの人たちの温かさを感じることもできるでしょう。

海外リゾートでゆっくりと過ごしたい方や、贅沢さを求めている方におすすめです。

フランスの香り漂う天国に一番近い島!ニューカレドニア

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%89%e3%83%8b%e3%82%a2 %e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b4%e7%a4%81 pixta 31258070 m

「天国に一番近い島」と賞賛されているニューカレドニア。日本から南下して少し東に寄り、ニュージーランドの上付近に位置します。フランス領ニューカレドニアが正式国名で、公用語はフランス語です。日本との時差はプラス2時間で、年間の平均気温は24℃前後であることから、1年中初夏のさわやかさを感じることができるでしょう。

ニューカレドニアのラグーンは、2008年にユネスコ世界自然遺産に登録。世界中でその名前が知られるきっかけにもなりました。また、ダイビング好きの方にも必見で、珊瑚礁は世界一と呼ばれるほどの美しさです。

ビーチだけじゃない!アートや伝統芸能も楽しめる!バリ

%e3%83%90%e3%83%aa%28%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81%29 pixta 25265442 m

「神々の島」とされることもあるバリは、他のリゾートにはない神秘的な雰囲気
があります。日本からの飛行時間は7時間ほどかかるため少し遠いような気もしますが、美しいビーチだけでなく雄大な自然も豊富にあるなど見どころも満載。また、夕日が美しいこともバリの魅力です。特に何かをすることもなく、ただ夕日を眺めてみるのも贅沢な時間を過ごせるのではないでしょうか。

その他にも癒しを求める方にもぴったりで、エステやマッサージの極上コースもあります。アクティブに行動しながらも癒しを求めたいという方にぴったりでしょう。

リーズナブル・近い・美しいの三拍子!セブ

%e3%82%bb%e3%83%96%28%e6%b5%b7%e3%83%bb%e8%88%b9%29 adobestock 108426586

フィリピンのビサヤ諸島にあり、コバルトブルーの海に白い砂浜が広がるセブ。日本からも近いので少ない日数で行ける海外リゾートとして人気です。

ジンベエザメと一緒に泳げるツアーやアイランドホッピングなどのアクティビティも満載。また、セブの夜景が見渡せる展望台などをはじめとする、楽しめるスポットもたくさんあります。

その他にもセブと言えばフルーツと言われるほど、街中のマーケットやお店ではさまざまなフルーツが並んでいます。とても美味しいフルーツを、しかも安く食べることができるのもセブならでは。マンゴーやバナナはメニューに出てくることも多いので、ぜひ食べてみてくださいね。

世界屈指の透明度を誇る海と澄んだ青い空が広がるリゾート!モルディブ

モルディブはインド洋にある島国で、インドとスリランカの南西に位置します。環礁や約1,200の島々から成り、「宝石箱」と呼ばれることもあるほど。

一つの島がリゾートアイランドとして成り立っていることがモルディブの魅力で、プライベート感を求める方にはぴったりな環境です。ハイグレードなホテルやスパなどもあり、ラグジュアリーな雰囲気であふれています。

水上コテージで海を眺めながら過ごしても良いですし、ホテルでゆっくりと過ごしてみるのも良し。ダイビングやシュノーケルなどのアクティビティを楽しんでみるのも良いでしょう。

美しい白い砂浜とサファイヤブルーのビーチ!カンクン

%e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3 %e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%b3 pixta 32538103 m

メキシコはユカタン半島の先端に位置する世界的リゾート地のカンクン。カリブ海に面した世界屈指の豪華ビーチ・リゾートとして知られており、その規模はメキシコ最大とも言われています。

世界各国から年間300万人を超える人が足を運び、ハネムーン先に選ぶカップルも多くいます。日本からの直行便がなく、アメリカからでの乗り換えが必要になるために時間がかかることや、日本からの時差がマイナス15時間あることは何難点ですが、それ以上に何倍もの価値を感じる素晴らしい魅力があふれています。

サファイヤブルーの美しい海に、どこまでも続く高くて青い空。そして、少し足を延ばせば世界遺産のチチェン・イツァや美しい城塞都市トゥルムなどの歴史に触れることもできます。

珊瑚礁に囲まれたエメラルドグリーンの海に癒される!プーケット

%e3%83%97%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88%e3%82%bf%e3%82%a4%ef%bc%89 adobestock 168269360

アジアを代表するリゾート地のプーケットは、タイ南部にある島です。エメラルドグリーンの海に白い砂浜が美しいビーチは「アンダマン海の真珠」と謳われるほどで、まさに楽園という表現そのものです。

島の西側から南部にかけてビーチが点在しており、バリエーションも豊か。また、ダイビングにシュノーケリングなどのマリンスポーツも充実しています。

洗練されたホテルにバラエティに富んだレストランが多く、物価が安いこともプーケットの魅力です。ハード面もソフト面も充実しているリゾートで、世界中の多くの旅行者たちを惹きつけています。

海外ビギナーにも安心のリゾート!ハワイ

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%82%ad%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81 pixta 29088787 m

海外旅行に行くならばハワイ!という方も多く、日本をはじめ世界各国からたくさんの観光客が足を運んでいます。リピート率も高く、その理由として挙げられるのが「綺麗なビーチ」「日本語が通じやすい」「ショッピング施設が豊富」「気候が温暖」という点です。

マリンアクティビティも豊富で、その他にも自然を感じるスポットや歴史を感じることができるスポットなどもあります。また、ハワイならではのグルメも数え切れないほど。

毎日アクティブに過ごしたい!という方には、ハワイはぜひおすすめしたいリゾートです。

世界遺産に登録されたスポットがたくさん!オーストラリア

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2 %e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b4%e7%a4%81pixta 16234900 m

南半球に位置し、7つの州から成るオーストラリア。日本からケアンズまでは7時間半、シドニーまでは9時間半の飛行時間で行くことが可能です。日本人にとっても行きやすく、なじみのある国でハネムーン先に選ばれることも多いです。

日本の20倍もの国土の広さに人口密度は約2.8人/平方キロメートルと広々していて、それぞれの都市に魅力があります。また、オーストラリアは大自然が豊富で、19件登録された世界遺産の中の12件が自然遺産というほど。その中でもケアンズからアクセスしやすいグレートバリアリーフのサンゴ礁帯は世界最大で、一見の価値があります。

季節が日本とは真逆になり、日本の12~2月がオーストラリアの夏にあたります。日本の真冬をオーストラリアで過ごしてみるのも、素敵な休日になるのではないでしょうか。

次の休暇はどの海外リゾートに行ってみる?

%e3%82%b3%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%8a%e3%83%a8%e3%83%83%e3%83%88 spinno

おすすめしたい人気の海外リゾートを10選でご紹介しました。海外には魅力的で今すぐにでも行きたくなるようなリゾートがたくさんありますし、どこに行くかによって趣も全く違ってきます。のんびりと過ごしたい方もアクティブに行動したい方も、気になるリゾートを見つけたら今度の休暇に計画してみてはいかがでしょうか。ぜひ、海外リゾートの解放感を味わって至福の時間を過ごしてください。