知る人ぞ知る穴場リゾートへ!おすすめアジアリゾート10選

歴史や文化が色濃く残るアジアリゾートには、それまで経験したことのない体験をすることもあるでしょう。知る人ぞ知る穴場のアジアリゾートをご紹介します。今まで様々なアジアリゾートを訪れた方も、初めてアジアリゾートを利用する方にもおすすめのスポットを紹介しています。ぜひその穴場アジアリゾートで非日常感を味わってみてください。

目次

はじめに

今回はおすすめアジアリゾート10選と題して、アジア圏にある様々なリゾートをご紹介します。アジアリゾートはビーチリゾートが多く、日本人にも人気の観光地がいくつもあります。
しかし今回はあえて交通の便があまり良くなくても、観光客のあまり行かない穴場スポットを厳選しました。本島から船で行かなければいけない秘境の島、手つかずの自然が残る島、ポリネシアで最も美しいと称される島、空港から車で6時間かかるフィリピン最後の秘境など、非日常感を味わっていただきたい場所などをご紹介します。

タイ最後の秘境として知られるクラダン島(タイ)

%e3%82%bf%e3%82%a4 %e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%80%e3%83%b3%e5%b3%b6 pixta 27269950 m

クラダン島はタイのトラン県にあるパクメン桟橋から約30分の場所にある島です。トランの中でも最も美しいビーチがあるといわれています。タイ本土の近くにありながらも、その透明度の高さは言葉を失うほど。
クラダン島には南北約2km、東西に約500mほどの小さい島です。舗装道路が無く、バイクも車もありません。またコンビニやファストフード店や銀行などはないため、いかにも離島という感じがします。
個人ではなかなかいけないような隠れ家リゾートですが、ツアーなども用意されているのでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

お忍びセレブも大満足!クッド島(タイ)

タイのクッド島は、タイの南部にある秘境と呼ばれるリゾート地です。美しいエメラルドグリーンの海や、密林などが手つかずで残っています。
島には、バンガロータイプのホテルが多く立ち並びます。また高級リゾートホテルもあるんので、思う存分ビーチリゾートを楽しむことができます。
青く透き通った海は、波のが穏やかなので家族連れでも楽しめます。またホテルによってはシュノーケリングやカヌーなどを無料でレンタルしているところもあります。
穏やかな波の音を聞きながら、ただただ静かな時を過ごしたい方は、ぜひクッド島を訪れてみてはいかがでしょうか。

日本人観光客が少ないビーチリゾート!ティケハウ島(タヒチ)


ティケハウ島は、ポリネシアで最も美しい環礁の一つであるといわれています。まるで冠の形をしたようなティケハウ島は、素朴な雰囲気を漂わせています。
島周辺にはサンゴや魚もたくさん泳いでおり、シュノーケリングに最適です。遠浅なので、初心者の方でも安心して泳ぐことができます。
ティケハウ島は日本人がまだ少ないので、非日常のリゾート感を味わいたい方にぴったりです。
そしてティケハウ島の一番の見どころは、「ピンクサンドビーチ」。きれいなピンク色の砂浜が広がる様は、日本では味わえない新鮮さです。

ゆったりと過ごせる大人の隠れ家!ランカウイ(マレーシア)

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%ef%bc%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%82%a4%e5%b3%b6%ef%bc%89pixta 31547371 m

ランカウイは、マレー半島の西側にあるアンダマン海に浮かぶ島です。人の手が入っていない自然と、美しいビーチが魅力です。
島にはランカウイ随一の景観といわれるタンジュン・ルーの沿岸をクルーズするツアーなどもあります。マングローブなどの自然をゆっくりと観察できます。
マレーシアの物価は日本の約3分の1程度なので、一流のホテルでも比較的リーズナブルに泊まれるのが魅力です。ランカウイには5つ星ホテルなどが軒を連ねており、プールなどが完備された空間はまさに非日常。日常の疲れをゆっくり癒すことができます。

第2のバリ島と注目のロンボク島(インドネシア)

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2 %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%af%e5%b3%b6 pixta 10300635 m

ロンボク島は、日本人にはあまり知られていない島です。バリ島から約40分の場所にあり
まだ観光地化されきっていない素朴な雰囲気が人気です。
バリ島とロンボク島は、距離は近いですが環境が異なるため、動植物の種類が異なるといわれています。また透明度の高い海と、大草原など広々とした自然をのんびり感じられる場所です。
ロンボク島のスンギギは、島の中でも有名な観光スポットです。数kmに渡るビーチは、泳ぐのはもちろんサーファーたいちにも人気です。シェラトンなどのホテルから約2分の場所にありアクセスも抜群です。
バリ島とはまた違った雰囲気のリゾートに楽しみたい方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

どこか懐かしい雰囲気が魅力のファンティエット(ベトナム)

ファンティエットはベトナム南部に位置するビーチリゾートです。ファンティエットがある都市ムイネーまでは、ホーチミンからバスで5時間ほどかかる場所にありますが、都市の喧騒を離れてゆっくりと休暇を過ごせます。
ファンティエットのビーチは、透明度はそこまで高くありませんが、観光客がほとんどいないのが魅力的です。またダイビングやジェットスキーなどのマリンスポーツも楽しむことができます。
また変わったところでムイネーには砂丘があります。景色を眺めるもよし、砂丘すべりやマウンテンバイクで楽しむこともできます。

ベトナム最後の秘境?フーコック(ベトナム)

%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%af adobestock 61267606

フーコック島は「ベトナム最後の秘境」と呼ばれるリゾートです。ベトナムの中でも素朴な自然が今なお残っているスポットで、自慢は島の西側にあるロングビーチ。歩くたびに鳴るきめ細やかな砂や、美しいサンセットがフーコックの魅力です。
ベストシーズンは11月~4月。この時期は雨が少ないため、リゾートを満喫するにはぴったりです。
フーコックへはホーチミンを経由して行くことができます。日本の主要空港からなら乗り継ぎのがスムーズなのも魅力的ですね。静かなリゾート地を探している方はぜひフーコックへ出掛けてみてはいかがでしょうか。

遺跡を楽しんだあとはビーチでゆっくりシアヌークビル(カンボジア)

%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%b8%e3%82%a2 %e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%92%e3%83%ab pixta 15095105 m

シアヌークビルはカンボジアの南西部あるビーチリゾートです。ビーチ沿いにはリゾートホテルも建設され、今まさに開発中の雰囲気を味わうことができます。
シアヌークビルは近年まで開発されていなかったこともあり、とてもきれいなビーチを見ることができます。ビーチは約7kmで、スポットによりそれぞれ雰囲気が違います。観光地化されたビーチリゾートも素敵ですが、こちらはよりローカルな雰囲気を味わうことができます。
シアヌークビルはシェムリアップから飛行機で1時間ほどの場所にあり、アンコールワットなどの観光との組み合わせも可能です。

都市から近く便利なセントーサ島(シンガポール)

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab %e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%b5%e5%b3%b6 pixta 5146652 m

セントーサ島は、シンガポールの中心地から車で20分の場所にあるリゾート地です。なんと島全体がまるごとリゾート地となっています。
小さな島の中にはビーチやカジノ、アトラクションなど様々なエンターテイメントが揃っています。島内にはユニバーサル・スタジオ・シンガポールなどの有名テーマパークもあり退屈する暇もないくらい遊びつくせます。またアトラクションは、お子様連れにおすすめのカートを使った「スカイラインリュージュ」や新感覚は4Dアトラクション「4Dアドベンチャーランド」などがあります。数日滞在してもまだここにいたい!と思えるほどのリゾートです。

パウダーサンドの白いビーチが広がるエルニド(フィリピン)

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3 %e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%89 pixta 13749611 m

エルニドはセブ島と同じビサヤ諸島に属しています。パラワンの空港プエルトプリンセサまではマニラなどから飛行機で1時間、さらにそこから車で6時間かかるまさに秘境です。
リゾートアイランドとして知られていますが、時間がかかることからまだ手つかずの自然が残されています。
フィリピン最後の秘境と呼ばれており、白い砂、青い海、緑の島とリゾートに必要な要素をすべて兼ね備えています。エルニドには1島1リゾートを展開しており、世界中のセレブなどにも人気があります。
いつもとは違うリゾートに行きたい時は、ぜひエルニドを訪ねてみてください。

おわりに

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%aa adobestock 169682249

おすすめアジアリゾート10選をご紹介しました。アジアリゾートは、ビーチリゾートが多く、青い海や白い砂浜などを眺めながらゆっくり過ごしたり、マリンアクティビティをして過ごしたりなど様々な楽しみ方ができます。秘境と呼ばれるリゾートは交通の便はあまりよくありませんが、それだけ非日常感を味わえます。
日常の喧騒を離れて、ゆったりとした空間に包まれたい方はぜひ離島のリゾートや、市街地から離れたリゾートを利用してみてはいかがでしょうか。