ポケットwifiと上手に併用しよう!ハワイ無料wifiスポット10選!

海外旅行で意外と頭を悩ます通信料。SNSやGoogleマップ、現地で旅情報検索等、知らない土地では調べることも多く、容量をつかいがち。空港でWifiを借りるとしても、もしもの時のために容量はなるべく温存したいし、通信速度が気になりますよね。そこで今回は、少しでも通信費を節約するために、ハワイで使える無料wifiスポットをご紹介していきます。

目次

ハワイの無料wifiスポットは多くある!おすすめ10選

空港でポケットWifiはかりても、通信量や速度の関係ですぐに調べられないこともあると思います。日本でも宿泊ホテルだけでなく駅や国内線の飛行機のように、無料wifiを提供する場所が増えてきているように、世界的にも無料wifiサービスを提供しているところも多くなっており、特に観光客の多いハワイはかなり充実している印象があります。普段はそういった公共のWifiを使用し、いざという時にポケットWifiといったように上手に使っていきたいですよね。ハワイで無料wifiが利用できるおすすめスポット10選をみていきましょう。

やっぱり宿泊ホテルではwifiサービスを利用したい

Hawaii hotelimagepixta 43718335 m

ハワイで宿泊するホテルでは、基本的に無料でwifiサービスが利用できるようになっています。これは、もともと無料のサービスになっているホテルもあれば、ここ10年あまりでほとんどのホテルが導入しているリゾートフィーに含まれている場合もあるからです。リゾートフィーとは、宿泊者が追加で支払う必要のある宿泊代金です。ツアーで旅行を手配した場合でも現地でリゾートフィーを追加支払いする必要がある場合が多いのです。リゾートフィーに含まれているものという説明を受ける際にwifiサービスの記載を確認しましょう。

元祖無料wifiスポット、アップルストア

wifiサービスが始まった頃から無料wifiを提供してきているアップルストアは、現在でも基本的にどのアップルストアでも無料wifiを利用することができます。ハワイのアップルストアは、下記の3つです。

アラモアナショッピングセンター

Hawaii aramoana pixta 34497435 m

ロイヤルハワイアンショッピングセンター

Hawaii royyalhawaiansyopping pixta 42275178 m

カハラモール

Hawaii kaharamole pixta 37888003 m

アップルストアでは、「apple store」というwifiを選んで接続すればすぐに利用することができますので、簡単です。

ショッピングついでに、その日のディナーや明日の予定も調べてスクリーンショットしておきましょう!

無料wifiといえばマクドナルド!はハワイも同じ

日本だけでなくハワイにあるマクドナルドでも無料wifiを利用することができます。マクドナルド店内で、「attwifi」を選んで接続して、ブラウザを立ち上げると、確認画面が出てきます。そこで「Get connected」を押せば接続可能です。ワイキキのど真ん中にあるマクドナルドなどでも無料wifiサービスが提供されています。ショッピングや観光の休憩に利用したときにでも気軽にwifiサービスを利用することができるのがうれしい。

なお、ワイキキにあるマクドナルドでは、パイナップルがついてきたり、日本にはないメニューを食べることができたりします。

コーヒーなどのドリンクを楽しみながらスターバックスコーヒー

スターバックスコーヒーでも、無料wifiサービスを利用することができます。日本では多くのノマドワーカーがスターバックスコーヒーで提供されている無料wifiサービスを利用しているので有名ですね。ハワイのスターバックスコーヒーで一休みしながら、次に行くレストランを検索する、明日行く予定になっている観光スポットについてちょっと調べてみる、なんていう使い方も。

スターバックスコーヒーでは、ご当地タンブラーがあり、ハワイ限定のタンブラーやマグカップなども販売しています。見てみるのも楽しいですよ。

旅行会社が提供しているトロリーバスでも

Hawaii trori pixta 44019125 m

ハワイ、特にオアフ島の移動に便利なトロリーバス。現地のトロリーバス会社が提供しているトロリーも便利なのですが、旅行会社が独自で提供しているトロリーバスには無料wifiサービスが提供されており移動中にwifiを利用して通信できます。たとえば、HISが提供しているレアレアトロリーやJTBが提供しているオリオリトロリー、JALパックが提供しているレインボートロリーです。これらのトロリーは、その旅行会社のツアー商品でハワイに行く人に向けたサービスが主になっています。ツアーを利用する場合は、要チェックです。

宿泊していないホテルでも!ロビーなどにいる場合はチェック

Hawaii hotel robby pixta 42679643 m

ホテルが提供している無料wifiサービスには、宿泊者向けのものの他に、宿泊者だけでなく訪問者全員に提供されているものもあります。ホテルのロビーなど、一般的に開放されている場所になります。ホテルによってさまざまですが、ロビーの場合はパスワードを入力しなくても接続することができるようになっている場合がほとんどです。宿泊している場合も、ロビーなどでは宿泊者用のwifi電波が届きにくい場合があります。そんなときは、ロビーで提供されている無料wifiサービスを利用してみると繋がります。

一度は立ち寄る?アラモアナショッピングセンター

Hawaii aramoanasyoppinngcentre pixta 2132557 m

ハワイのオアフ島に旅行に行ったら、おそらく一度は立ち寄るであろう巨大ショッピングセンターがアラモアナショッピングセンターです。さまざまなショップから複数のデパート、スーパーマーケットなどがあります。こちらのショッピングセンターでは、無料wifiサービスが提供されています。無料wifiを利用するためには、アラモアナショッピングセンターの「eVIPクラブ」に登録する必要があり、多少手間がかかりますが、かなり広く食事をしたりショッピングをしたりと滞在時間も長くなりがちなので、無料wifiサービスは便利です。登録は無料でできます。

ツアーラウンジも便利なスポット

各ツアー会社でハワイの旅行ツアーを申し込むと、最初の説明を受けたり、オプショナルツアーの出発・到着地に利用されたりと何かと足を運ぶツアーラウンジでも無料wifiサービスが提供されています。各ツアー会社によってパスワードを入れる必要があるなどサービス環境は異なりますので、足を運んだついでにでも詳細を聞いてみることをおすすめします。オプショナルツアーの集合場所などでは何かと手持ち無沙汰な時間があり、ついメールをチェックしたり、SNSに投稿してみたり、チャットをしてみることが多いため、無料で使えるとかなりの節約に。

ワイキキの免税店Tギャラリアハワイ

各ツアー会社のトロリーバスの起点や終点になったり、オプショナルツアーの集合場所になったり、何かと立ち寄るのが、免税店のTギャラリアハワイ。以前はDFSギャラリアという名称でした。ハワイ旅行に行くとおなじみのスポットです。こちらでも無料wifiサービスが提供されています。3階のトイレにウォシュレットがついているなど、日本人旅行者にうれしいサービスも。接続すると確認画面が英語で出てきますので、「Agree」のボタンを押せば利用可能です。なお、ギャラリアでのショップと街中のショップでは同じ品物でも税金がかかる・かからないの違いがあります。値段も違う場合があります。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)でも無料wifiを利用できる

Hawaii danielkinoue airport pixta 20598551 m

ダニエル・K・イノウエ国際空港(以前はホノルル国際空港といいました)でも、無料wifiサービスが提供されています。特に帰国の際は、飛行機の時間までに何かと時間があります。旅行中無料wifiを利用してきた方だけでなく、レンタルwifiも現地で借りた場合は、既に返却してしまっているため、無料wifiは助かるはずです。ツアー会社や航空会社のラウンジを利用できる場合は、そちらのラウンジでも無料wifiを利用可能なことがほとんど。よく分からない場合は、係員に聞いてみましょう。日本語で対応できる係員が常駐していることが多いです。

無料wifiサービスを利用してムダを防ごう

ハワイの無料wifiスポット10選をみてきました。知らない土地ではたくさん調べものをしたり、思い出に撮影した写真をSNSにアップしますよね。口コミや今いる位置からの距離など、旅をより充実させるには、wifiが欠かせないものとなってきました。空港でポケットwifiを借りることができても、便利に無料wifiスポットを利用していきたいですね

なお、通信の設定に関しては、出発前の空港や現地に携帯電話会社の窓口がありますので、不安があったときは足を運んでみてください。