カップル旅行でおすすめ穴場の国内リゾート!北海道から沖縄まで

カップル旅行で行きたい、ゆっくりできる国内リゾートの穴場を紹介します。北海道から沖縄まで、10カ所を厳選しました。どのスポットも、他とは一味違う、楽しめる場所ばかり。もちろんフォトジェニックなスポットばかりですから、素敵な思い出を写真に残せます。大切な人と一緒に行って、贅沢な時間を持ってくださいね。

目次

カップル旅行で一味違う穴場スポットに行こう!

カップル旅行で行きたい、ゆっくりできる国内リゾートの穴場を紹介します。リゾートというと南国イメージがありますが、北海道から沖縄まで、10カ所を厳選しました。

心も体もリフレッシュでき、パワーが充填できるスポットばかりです。どのスポットも、他とは一味違う、楽しめる場所ばかり。もちろんフォトジェニックなスポットばかりですから、素敵な思い出を写真に残せます。大切な人と一緒に行って、贅沢な時間を持ってくださいね。

(スポット見出しの)大見出し:穴場スポット10選!北海道から沖縄まで
※下記からスポット紹介文執筆
<本文>
リゾートというと常夏の島で海というのが定番ですが、そもそもリゾートというのは「保養」できる場所のこと。森林浴、温泉、トレッキング、川下りなどご自分のしたいことをするのが一番です。

ここで紹介する北海道から沖縄まで、日本中にある心が癒される場所でリゾート体験をしてください。カップルでのんびりしてじっくりお互いのことを知るというのも、リゾートの過ごし方のひとつです。

夏だけではなく、スキーの季節や紅葉の季節も景観を堪能するのがリゾートの過ごし方。おふたりにぴったりのリゾートを見つけてくださいね。

雄大な北海道の自然を満喫する穴場リゾート!北海道ニセコ

Hokkaido niseko pixta 27340424 m

ニセコアンヌプリには世界の4大スキー場のひとつといわれるスキー場がありますが、ニセコはスキーの季節以外にも楽しめる国内リゾート地です。

春はあらゆる花が咲き乱れ、さくらんぼの木にも花が咲きます。羊蹄山(ようていざん)や昆布岳では、春はもちろん秋の紅葉も美しく、神仙沼をはじめとした湖沼群もカップル旅行にぴったりでロマンチック。

周辺にあるアウトドアレジャーを取り扱う会社に頼めば、熱気球に乗ったり、マウンテンバイクで羊蹄山の林道を駆け回ったりするアクティビティが楽しめます。別荘もたくさんあるエリアで、アンヌプリ・ヴィレッジなどラグジュアリーな広々とした別荘が借りられます。

世界遺産白神山地で森林浴!青森県と秋田県をまたぐ地域

Aomori sirakamisannti pixta 44038706 m

1993年に世界自然遺産に登録された白神山地。世界遺産への登録理由は、ブナ天然林が世界レベルで大きく、ほとんど人の手が加えられていないことです。そのため森林浴効果がかなり期待されます。

白神山地の西部には、十二湖と呼ばれる33個の湖沼があります。上から見ると、大きな湖が12個あるように見えるため十二湖と呼ばれるようになりました。

湖からブナの林へ散歩をして森林浴をするのもいいですね。十二湖の周辺には、自然体験型リゾート宿泊施設が点在していますから、利用してゆったり過ごしましょう。

外国人要人の別荘地だった!奥日光

Totigi okunikkou pixta 44531909 m

古代から信仰の場所でもあった奥日光は、国内リゾート地の先駆け的存在です。夏の間、比較的涼しいことや梅雨の時期も晴れ間が多いことなどから中禅寺湖湖畔を中心に別荘地として明治時代以降発展しました。

景観の良い場所も多く、明智平でロープウェイに乗って行く展望台では、男体山(なんたいさん)や華厳の滝・白雲ノ滝、そして中禅寺湖、日光連山といったスポットが一挙に見られます。

リゾートホテルやペンション、貸別荘などがあり、好みのスタイルでリゾートを楽しめます。トレッキングを楽しんだあとは、日光湯元温泉で一息つけますよ。

夢の吊り橋で願い事!南アルプス奥大井

Sizuoka okuooi pixta 25698683 m

大井川上流に位置する 南アルプス南部の山麓部が奥大井です。静岡県榛原(はいばら)郡川根本町を中心にした奥大井には、四季折々に山が表情を変え、湖にその姿を映します。

その上、「美女づくりの湯」と名付けられた寸又峡(すまたきょう)温泉など温泉も各地にあり、国内リゾートの穴場です。

寸又峡には「夢の吊り橋」が渡され、若いカップルの人気スポット。夢の架け橋の真ん中で願いをかけると願いが叶うといわれています。エメラルドグリーンの湖水の上を歩くだけでも、森林浴ができ、気持ちもリフレッシュできる素敵な場所です。

陸続きなのに船でないと行けない!南伊豆の谷川浜

美しい海が見られる伊豆半島の中でも特に秘境があることでも知られる南伊豆。そんな南伊豆のさらに秘境といわれているのが、谷川浜です。谷川浜は、陸続きの場所にありますが、道がありません。そのため、長い間誰も行くことができずに手付かずになっていました。

しかし、2010年より妻良谷川浜渡しという船での運行が再開されました。静岡県の妻良(めら)港から乗船します。手付かずの自然があるビーチはまるでプライベートビーチ。魚の種類も多く、水が透明で潜らなくても見えるくらいです。船に乗っていると野猿の生息地である波勝崎(はがちざき)も見えます。

海の綺麗な恋人の聖地!白兎海岸

Tottori sirasagikaigann pixta 42528518 m

鳥取県の白兎海岸(はくとかいがん)は、白い砂の海岸で、日本神話である因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)の話でも有名です。海に浮かぶ波食棚と呼ばれる地形は、白兎が陸地まで渡ったとされるサメの群れのように見えます。

5月中旬頃からハマナスの花が咲き始めるので、おすすめですが、他の時期も景観を楽しめます。近くに白兎神を祭る白兎神社がありますよ。

白兎は大国主命(おおくにぬしのみこと)と八上姫(やかみひめ)が結ばれるのを手伝ったため、縁結びの神様とされています。鳥取砂丘や温泉も楽しめる地域です。

日本のエーゲ海へ!瀬戸内の牛窓

Okayama usimaddo pixta 40036588 m

牛窓町は、岡山県南東部に位置し、現在では瀬戸内市の一部です。瀬戸内海の温暖な気候で、国内リゾート地として最近人気が高まっているエリアで、日本のエーゲ海と呼ばれています。

カップル旅行におすすめの理由のひとつは、恋人の聖地として認定された「牛窓オリーブ園」があるから。牛窓オリーブ園の展望台には「幸福の鐘」が設置され、恋人と一緒に3回鳴らすと幸せになるそうですよ。

見晴らしもよく、瀬戸内海に浮かぶ小さな島々を見ながらのんびりできます。おしゃれなリゾートホテルや地中海料理レストランも点在しており、のんびりしたバカンスを楽しめますよ。

瀬戸内海に浮かぶ穴場リゾート!愛媛県弓削島

Ehime yugesima pixta 30738093 m

愛媛県北東部に浮かぶ弓削島(ゆげしま)は、平安時代に後白河上皇の荘園でもあった歴史のある島です。そのため、白壁の古い街並みがレトロで歴史を感じさせられます。

美しいビーチもあり、松原海水浴場は、環境省「快水浴場百選」認定です。弓削港から生名橋の方に落ちていく夕日や楡田海岸から眺める朝日は心を癒してくれます。

小高い場所にある「インランド・シー・リゾート FESPA」は、景観を楽しみながら食事ができるスポットなどがあるアイランドリゾート施設です。地下には温泉があります。入浴しなくても、足湯や岩盤浴も風景を見ながらできますよ。

長崎のリゾート地といえば!西海市の美しいビーチ

Nagasaki sirikusari pixta 37665595 m

異国情緒のある長崎から40km北上した場所にある西海市(さいかいし)には美しいビーチがあります。その名も尻久砂里(しりくさり)海浜公園。あまりの美しさにじっと見とれてしまい、お尻が腐ってしまうほどなのだとか。

その他、ウミガメが産卵に来る雪浦海浜公園やサファイア色に輝く海のある崎戸海浜公園など海水浴の時期だけではなく、景色を楽しめるリゾート地です。

リゾートホテルも多く、たとえば「オリーブベイホテル」はデザインにもこだわったラグジュアリーなホテル。室内も広々として、55平方メートルもあり、海を眺められます。

沖縄の小さな島でリゾート!小浜島

Okiinawa ohamasima pixta 23216399 m

小浜島はNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台になり有名になりました。それでも国内リゾートとしてはまだ穴場といえます。石垣港からフェリーで約25分。人口約700人の小さな島です。

小浜島には、「はいむるぶし」という穴場のリゾートホテルがあります。海に面したブランコ、星空を眺めながら一息つけるカフェなど、インスタ映えもする場所がたくさん。

2018年7月19日には、「アダンの森」もオープンしました。熱帯樹林の中にハンモックが吊るされ、カップルがのんびりできるスペースです。

国内リゾートも秘境がたくさん

カップル旅行で行きたい国内リゾートの穴場を10ヵ所紹介しました。どのリゾート地も素敵な場所ばかりです。大自然の中で癒されに行きたいですね。日本国内には、北にも南にもびっくりするような景観を見られる場所が点在しています。

また、自然を愛する人が増えていき、リゾートが一般的になってきて、リゾートホテルも増えてきました。あまり遠くに行かなくても、信じられないような風景を見られるかもしれません。カップル旅行の計画を立てる参考になれば嬉しいです。