元旅行代理店スタッフがおすすめする!知らないともったいないロンドンのおすすめ穴場スポット10選

旅をもっと楽しみたい方におすすめ!旅行通だけが知っているおすすめ穴場スポットをご紹介します。都会のイメージがあるロンドンですが、貴族文化を持っていたイギリス(今も名残がある?)では、貴族の保養地であるリゾート地がロンドンの近くに数多く存在しています。ショッピングやバッキンガム宮殿など、「都会のロンドン」を一通り楽しんだら旅のアクセントに穴場スポットも行ってみてはいかがでしょうか。

目次

第1位 ルノワールの愛したビーチへ行こう「ジャージー島」

Uk zya zi syuu pixta 32005812 m

イギリス南東部にある「チャンネル諸島」は、イギリスとフランスの文化が混じったとてもユニークなエリア。

ジャージー島へは、ロンドンのガトウィック空港から飛行機を使って1時間ほどでアクセス可能。

地元でとれた新鮮なカキや魚を堪能したり、空中トレッキングなどのアクティビティに挑戦したり、ビーチシーズン以外でも魅力的な楽しみ方ができるリゾートです。

第2位 海のそばのロンドン!?「ブライトン」

Uk buraitonn pixta 20699686 m

18世紀に上流階級の人々が保養地として利用してきたブライトンは、別名「海のそばのロンドン」とも呼ばれ、イギリスの中でも歴史深いリゾート。

ビーチで海水浴のほか、買い物を楽しめる大型ショッピング施設、海の幸を中心としたグルメが楽しめるレストランと、リゾート要素がたっぷりつまったエリアです。

ブライトンへは、ロンドンの中心地から鉄道にて約1時間でアクセスできます。

第3位 2012年オリンピックでセーリングが行われた街「ウェイマス・ビーチ」

Uk weymouth adobestock 149617636

ロンドンから鉄道でアクセスできる便利な海辺リゾートです。

1789年、ジョージ3世がウェイマス・ビーチで海水浴を楽しんでから、ロイヤルファミリーのためのリゾート地として急速に発展したウェイマス・ビーチは、洗練された街並みやリゾートとしての機能の高さが魅力。

海沿いに立ち並ぶホテルの部屋からは、オーシャン・ビューが楽しめ、日本では味わえない非日常の気分も満喫できます。

第4位 絶景とアクティビティが楽しめる「セブンシスターズカントリーパーク」

Uk seven sisters country park adobestock 120567971

石灰質の崖が波でけずられ、まるで7人のシスターが並んでいるように見えることから、「セブン・シスターズ」と呼ばれるようになりました。

「セブンシスターズカントリーパーク」では、崖の下のトレッキングやウォーキング、バードウォッチング、カヌー、サイクリングなどのさまざまなアクティビティも体験できます。

ロンドンからは車にて約2時間でアクセスできます。

第5位 都心のロンドンから1時間のビーチ「イーストボーン・ピア」

Uk eastbourne pier adobestock 83827431

ロンドン中心部から鉄道を使って1時間ほどでアクセス可能。

写真に写っている建物「イーストボーン・ピア」は、19世紀につくられたは街のシンボルである桟橋です。レストランやお土産屋さん、ゲームセンターなどの施設がそろっています。

第6位 ピーターラビットの誕生の街「湖水地方」

Uk kosuitihou pixta 36801569 m

霧に覆われた湖や、田園風景とロンドンとは全く違った雰囲気が楽しめる「湖水地方」。ピーターラビットを始めとした著名なイギリス文学が生まれた湖水地方は、多くの作家や芸術家、詩人に愛されています。

一年を通じて涼しい気候につつまれているエリアのため、避暑地としての人気も高いです。
日々の喧騒を忘れて、ゆったりとした時間を過ごせるリゾートです。

第7位 ロンドンにいながら水辺の雰囲気を味わえる「リトルヴェニス」

Uk ritorubenisu adobestock 107944516

本場イタリアのヴェニスのような運河の街で、ロンドン市民の憩いの場であり、ロンドンにいながらリゾート気分が楽しめるスポットとしても人気となっています。

ボートに乗って水上散策を楽しむツアーや、船上カフェやレストランでお茶や食事をして過ごすのもおすすめ。

船着き場一角にある「カムデンロック・マーケット」は、アクセサリーや小物の買い物も楽しめます。

第8位 2001年にユネスコ世界自然遺産に登録された「ジュラシック・コースト」

Uk zyurasikkuko suto adobestock 163352842

「ジュラシック・コースト」は、その名の通り多くの恐竜の化石が発掘されたスポットでもあります。

ジュラシック・コースト周辺では、アンモナイト探しなどの化石堀理も楽しめる、まさに化石一色のリゾート。街にはアンモナイトの看板がかかっていたり、レストランや店舗のウィンドウに化石が飾られていたりと、シーズンオフでも太古のロマンを楽しめるリゾートです。

また、ジュラシック・コースト一角はイギリス国内でもリゾートのひとつとして発展したため、夏のビーチシーズンには多くの海水浴客が訪れます。

第9位 ヘリコプターでロンドンの街を一望しよう「ロンドン・ヘリコプター」

Uk ronndonnmati pixta 40414401 m

ロンドンの街を一望できるのが「ロンドン・ヘリコプター」です。

最大6人乗りのヘリコプターで、一日数回運行しているロンドン・ヘリコプターはロンドン南西部の川沿いにある、「ベターシー発射台」から参加できます。

数分だけ周回する気軽に参加できるツアーから、ピクニックなどのほかの体験もセットになったツアーまで幅広く用意。

ロンドンの街を全く違った視点から見られるヘリコプターツアーは、日本ではなかなかできない体験です。非日常の気分を味わいたい人や、ロンドンならではの体験をしたい人にぴったり。

第10位 貴族さながらの極上時間を満喫 ホテル「ザ・グローブ」

Uk thegrobe pixta 12850790 m

クラレンドン伯爵家の邸宅を改装したリゾート施設した、300エーカーの広大な敷地に立つホテルです。

ロンドンから地下鉄でおよそ1時間。2007年にはイギリスのリゾートホテルナンバーワンに輝いた一流ホテルです。

広大なカントリークラブでのゴルフ、極上スパ「セコイア」を満喫したり、プールで泳いでリフレッシュしたりと、旧貴族の館で貴族さながらの極上の時間を過ごすことができます。

イギリス・ロンドンだけのリゾートを楽しんで

イギリス・ロンドン内または近郊にあって便利にアクセスできるリゾートを、ランキング形式で10ヶ所厳選してご紹介しました。地下鉄や鉄道を利用すれば、すぐにリゾートに足を延ばせるのもイギリス・ロンドンの魅力。ビーチリゾートだけでなく、アクティビティやグルメまで、幅広い楽しみ方もできます。ロンドンに滞在中にも、気軽に足を延ばせるリゾートがたくさんあるので、観光巡りの一環に取り入れると、より素敵な思い出作りにつながりますよ。