【在住者監修】スウェーデン観光はこれOK!基本情報と観光スポット10選

スウェーデン在住の漫画家の方とお仕事をしていて、スウェーデンについてかなり詳しくなったので、スウェーデンの観光についてまとめました。冬はオーロラ、夏は景観など季節によって様々な楽しみ方があります。2019年の8月に筆者も旅行するので、航空券や費用感もご紹介します。

目次

天気・おすすめの服装

Hokkaido hakodate yuki hukusou pixta 43081628 m

スウェーデンというと「オーロラ観測」や「クリスマスマーケット」など、冬のイベント盛りだくさんです。

ただこの季節に問題なのが、寒さ。
日によっては-20℃の世界になり、完全防寒体制で行かないととても寒いです。

ズボンの下にタイツを履いて、寒さで耳が痛くならないようにイヤーバンドをまいて、ヒートテックやシューズなども暖かいものをチョイスしてください。


夏は涼しい程度なので、夏の服装にカーディガンやパーカーを持っていくと良いでしょう。


ちなみにスリが多いので、鞄は斜め掛けのチャック付きのものにして、肌身離さないようにしましょう。

スウェーデン旅行にかかる費用

飛行機代(往復)

・飛行機代:16万円

探していて感じたのは、スウェーデンはLCCも国営航空会社もそんなに値段が変わらない印象があります。
私はマイルやポイントなどを意識している事や、少し長距離移動になるため、国営航空会社を選択しました。

スウェーデン旅行におすすめの航空会社を漫画でご紹介しています。

在住者の漫画家さんお済付きです。

とても分かりやすくまとめてあるので、ぜひ参考にしてください!

【連載漫画】第4話:サヤのおすすめ航空会社『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第4話。今回はスウェーデン旅行の主な航空会社をご紹介します。日本からの直行便が無いスウェーデンは旅のハードルが少し上がる印象を持っている方も多いハズ!そのハードルが下がるよう、サヤが詳しく解説します!6月~8月のベストシーズンに旅行がしたいならまさに今が準備時!参考にしてね!

宿泊費

■3泊5日の場合

ストックホルムは1万5千円程度/日
他のエリアは1万円程度/日

という感じでした。
もう少し老舗のホテルになると3万円~/日などもあります。


私の場合は観光スポットを巡りたいと思っているので、安めのホテルを予約するつもりです。

スウェーデンの税率

ヨーロッパや北欧で最も悩むのが税金。

25%なので、4,000円の物を買ったら5,000円になります。
(こう考えるとすごい・・・)



お土産

カラフルな北欧雑貨やお菓子など、スウェーデンは普通のスーパーに可愛いものがたくさんあるので、結構安く済んでしまいそうです。

コーヒー文化が栄えるスウェーデンでは、コーヒーのお供となるチョコレートやクッキーがとても美味しいのでおすすめなんだとか。


スウェーデンでお土産を買ったり、ショッピングをしたいなら、こちらの漫画を見ることがおすすめ。

おすすめのデパートやチョコレートをご紹介しています。

【連載漫画】第1話:スウェーデンで買い物したい!『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN』をスタートします!スウェーデンに住み、現地の通訳兼ガイドを務めている主人公サヤが、観光客にスウェーデンの魅力をお伝えしていくストーリー。実際に現地でガイドをしているAikoさんの実体験を元にリアルなスウェーデンを見ることができる漫画です!

スウェーデンのおすすめ観光スポット

世界で一番美しい首都「ストックフォルム」

Suule denn sutokkuhulorumu pixta 501692 m

スウェーデンの首都、ストックホルムは「世界で一番美しい首都」「北欧のヴェネツィア」と称される美しい水の都です。

当然見どころもたくさんあって、とても一日ではまわりきれないほど。

ストックホルム中央駅から徒歩5分のところにある市庁舎は、まるで宮殿のような豪華な建物です。ノーベル賞の祝賀晩さん会が行われる黄金の間はぜひ見ておきましょう。

旧市街地であるガムラスタンはゆっくりと散策したいスポット。

13世紀頃発祥の歴史ある街で、カラフルな色の建物や石畳など風情のある街並みが続きます。ほかにも大聖堂や王宮、ノーベル博物館など見ごたえのある観光地が多くありますよ。

リアル写真と漫画のコラボで楽しむガムラスタン!
下のURLをクリック▼

【連載漫画】第5話:ガムラスタン『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第5話。今回はスウェーデンの人気観光地「ガムラスタン」をご紹介します。今回は写真多めなので、リアルにスウェーデンの街を体験していただけます!ガムラスタンとはどのような街なのでしょうか。主人公サヤがご紹介するガムラスタンの街、ぜひお楽しみください!
【連載漫画】第6話:幅〇〇㎝!?写真映えする細い道『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第6話。ヨーロッパ感溢れるガムラスタンの街をリアルな写真と一緒に詳しくご紹介します。入り組んだ細い街が魅力の街ですが、その中でも一番細い道の幅はなんと!!(←詳しくは本編で)スウェーデンの写真映えスポットの一つです!
【連載漫画】第7話:ガムラスタンの王宮『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第7話。今回サヤはガムラスタンの王宮をご案内します。近年までスウェーデンのロイヤルファミリーが住んでいた王宮。衛兵交代式で有名です。その内部はいったいどうなっているのでしょうか?是非お楽しみください!
【連載漫画】第8話:ガムラスタンでFIKA『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第8話。街散策を楽しみたいカップルにガムラスタンの街を案内するサヤ。ここでもやっぱりFIKAをします。とその前に、気を付けないとスウェーデンの”観光価格”にやられちゃうかも。そうならないよう、地元民に愛されるとっておきのエリアをご紹介します。

スウェーデンの人たちの心のふるさと「ダーラナ地方」

Suule denn da rana adobestock 164076349

ストックホルムから列車で3時間50分、シリアン湖周辺のダーラナ地方は夏至祭りで有名な観光スポット。

ダーナラ地方の村々には民族的な伝統や素朴な木造の農家、工芸品などが残っており、スウェーデンの人たちにとっては懐かしさを感じる心のふるさとのような場所です。

▼スウェーデンの木彫り人形「ダーラナホース」

Suule denn kiborininngyou pixta 27860456 m

夏至祭りは毎年6月下旬の夏至に一番近い土曜日とその前日の2日間が祝日になり、盛大に催されます。

世界各国からたくさんの観光客が訪れるので、夏至祭を見物したい場合はホテルの予約は早めにしておきましょう。

シリアン湖の東岸に位置かるレートヴィークは静かなリゾート地。

スウェーデンの田舎の風景を眺めながら、湖畔のホテルでゆっくり過ごすのも素敵ですよ。

北欧雑貨を買うならここで!「ヨーテボリ」

Suule denn yo tebori pixta 38379811 m

ストックホルムから国内線で1時間、スウェーデン南部の街、ヨーテボリ。

スウェーデン第二の都市として発展している街です。

運河に沿ってつくられた旧市街の街並みが美しく、数々の名画を展示するヨーテボリ美術館や元は東インド会社の建物だった市立博物館、科学館、水族館、植物園が一緒になったユニバーシウムなど、見どころがたくさん。

ヨーテボリの中心街には多くの雑貨店が並び、近年の北欧雑貨ブームで日本人観光客の人気スポットになっています。

スタイリッシュなだけでなく、使いやすくて上質な北欧雑貨はお土産にも喜ばれますよ。

“東の都”と称される古都「ルンド」

Suule denn runndo pixta 37931427 m

イギリスのロンドンが“西の都”と称されるのに対して“東の都”といわれてきた古都ルンド。
この街にはスウェーデン最古で北欧でも最大規模を誇るというルンド大学がある街として知られています。

街のほとんどが大学のキャンパスといっても過言ではないでしょう。

誰でも自由に入れる大学構内は広々としていて、豊かな緑や花、噴水があり、人々の憩いの場所にもなっています。

若者たちが学ぶ活力にあふれた大学構内を散策して、エネルギーをもらいましょう。

他にもロマネスク様式の教会、ルンド大聖堂や民俗野外博物館などがあります。


ストックホルムからは列車で約4時間20分の場所にある街です。

森と湖に囲まれた環境先進都市「ベクショー」

Suule denn bekusyo  adobestock 220669478

ストックホルムから南西へ約400kmのところに位置する小さな街、ベクショー。

森と湖に囲まれた美しい自然が魅力的な街で、全市をあげて環境保全に取り組む環境先進都市です。

ガラス工芸の街としても知られ、街のあちこちにガラスアートがあります。

ベクショーに着いたらまず行きたいのが、ベクショー駅のすぐ裏にあるスウェーデンガラス博物館です。

ガラス製品がなんと4万点も展示されています。

同時にスウェーデンで500年前から行われてきたガラス工芸の歴史が学ぶことができる貴重なスポットです。

12世紀に建てられたベクショー大聖堂は「ガラスの教会」と呼ばれる美しい教会。ガラスの十字架やキャンドルスタンドなどが見られます。

中世ヨーロッパの面影を残す「カルマル」

Suule denn karumaru pixta 9854889 m

スウェーデンの南部に位置するスモーランド地方の中心、カルマルは中世から商業の街として知られます。

旧市街は堀と城壁に囲まれ、中世ヨーロッパの面影を色濃く残すロマンティックな風景が多くみられるスポット。

街のシンボルは海に浮かぶカルマル城です。

約800年前に創建されたもので、青銅版でできた青い屋根と外壁のコントラストの美しい小城。

1397年にはハンザ同盟に対抗すべく、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの3ヵ国で結ばれたカルマル同盟の舞台となった歴史的な場所でもあります。

バルト海に浮かぶ美しい島「エーランド島」

Suule denn e ranndotou adobestock 31997807

カルマルからバスで約50分のエーランド島は、大小400余りの風車がある美しい景観が魅力。

島の南部には、石灰石を敷き詰めた道があり、周辺には5000年前の先史時代の住居が見られます。

樫の木を中心にツタやさまざまな樹木が生息している美しい森の中を進んでいくと、目の前に飛び込んでくるのはボリーホルムの城跡。

12世紀に建てられたもので、石造りの重厚な城壁は一見の価値があります。

またエーランド島にはコーヒー好きのスウェーデンらしく、おしゃれなカフェがたくさん。エーランド島の散策の途中で休憩するのにぴったりですよ。

『魔女の宅急便』の舞台「ゴットランド島」

北欧屈指のリゾート地として知られるスウェーデン最大の島です。

島の中心は全周約3.5kmの城壁に囲まれたヴィスビー。

オレンジ屋根のかわいらしい家並みが続くこの街は、ジブリ映画『魔女の宅急便』の舞台になったといわれています。

Sule denn gottoranndotou pixta 14356213 m

▼ヴィスビーの街並み

Suule denn visubi  pixta 14920321 m

大広場周辺にはレストランや雑貨店が集まり、民芸品の市場などもあるので、ショッピングにおすすめ。

1225年に建てられたサンタ・マリア教会やセント・ニコライ教会の廃墟、サンタ・カタリーナ教会の廃墟など見ごたえのある歴史的スポットが数多くあります。



ストックホルムからは国内線で約45分、近郊の街ニーネスハムからフェリーで3時間でアクセスできます。


オーロラ観測ができる街「イエリバーレ」

Suule denn o rora pixta 41385297 m

ストックホルムから国内線で約2時間30分、北極圏に位置するイエリバーレ。

6月から7月中旬の間は真夜中に太陽を見ることができます。

そして夜が長い9月上旬から4月上旬には、オーロラ観測ができることで人気です。

街の南にそびえる、標高823mのドゥンドレッド山からはオーロラだけでなく、自然に囲まれたイエリバーレの街並みが見渡せます。

イエリバーレは鉄や銅の地下資源によって栄えた街で、現在も採掘が行われているのだとか。
実際に地下採掘している様子を見学できる鉱山ツアーもあるので、ぜひ参加してみましょう。

先住民族サーメ人が暮らす街「キールナ」

Suule denn ki runa1 pixta 20752893 m

南北に長いスウェーデンの北端に位置するキールナ。

ストックホルムからは国内線で1時間半でアクセスできます。ラップランド地方に属し、冬にはオーロラが観測できる北極圏で、トナカイの放牧をして暮らしている先住民族サーメの人々が今でも暮らしています。

レンガ造りの市庁舎はキールナのシンボル的存在。

時計塔には23からなるカリヨンが設置されていて、毎時ちょうどに美しい音色を聴くことができます。

鉱山会社LKAB社が寄付してつくられたキールナ教会も必見。
サーメの小屋を形どった赤い木造建築は、キールナの街に調和しています。

漫画で知る!スウェーデン

Instagramで大人気!
スウェーデン在住の漫画家Aikoさんによるリアルなスウェーデンをご紹介する漫画、

『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の連載をスタートしております。

気なる方はぜひチェックしてみてください!

第1話:スウェーデンで買い物したい!

【連載漫画】第1話:スウェーデンで買い物したい!『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN』をスタートします!スウェーデンに住み、現地の通訳兼ガイドを務めている主人公サヤが、観光客にスウェーデンの魅力をお伝えしていくストーリー。実際に現地でガイドをしているAikoさんの実体験を元にリアルなスウェーデンを見ることができる漫画です!

第2話:“FIKA(フィーカ)”!

【連載漫画】第2話:“FIKA(フィーカ)”!『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第2話。今回はスェーデンのカフェ文化“FIKA(フィーカ)”がテーマ。スウェーデンでは文化としてカフェが存在し、歴史があります。このカフェ文化のおかげでスェーデンをはじめとする北欧の国々は仕事の生産性が高い!とも言われているほど。日本もぜひ取り入れたい文化ですね!

第3話:スウェーデンのカフェ

【連載漫画】第3話:スウェーデンのカフェ『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第3話。今回はスェーデンのカフェをご紹介。日本でも北欧カフェが多くありますが、本場のスウェーデンのカフェはいったいどんな感じでしょうか?そして驚くのは日本でも有名な"アレ"!実はスウェーデン発祥で、カフェではよく食べられているんですって!さてそれは何でしょう?

第4話:サヤのおすすめ航空会社

【連載漫画】第4話:サヤのおすすめ航空会社『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第4話。今回はスウェーデン旅行の主な航空会社をご紹介します。日本からの直行便が無いスウェーデンは旅のハードルが少し上がる印象を持っている方も多いハズ!そのハードルが下がるよう、サヤが詳しく解説します!6月~8月のベストシーズンに旅行がしたいならまさに今が準備時!参考にしてね!

第5話:ガムラスタン

【連載漫画】第5話:ガムラスタン『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第5話。今回はスウェーデンの人気観光地「ガムラスタン」をご紹介します。今回は写真多めなので、リアルにスウェーデンの街を体験していただけます!ガムラスタンとはどのような街なのでしょうか。主人公サヤがご紹介するガムラスタンの街、ぜひお楽しみください!

第6話:幅〇〇㎝!?写真映えする細い道

【連載漫画】第6話:幅〇〇㎝!?写真映えする細い道『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第6話。ヨーロッパ感溢れるガムラスタンの街をリアルな写真と一緒に詳しくご紹介します。入り組んだ細い街が魅力の街ですが、その中でも一番細い道の幅はなんと!!(←詳しくは本編で)スウェーデンの写真映えスポットの一つです!

第7話:ガムラスタンの王宮

【連載漫画】第7話:ガムラスタンの王宮『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第7話。今回サヤはガムラスタンの王宮をご案内します。近年までスウェーデンのロイヤルファミリーが住んでいた王宮。衛兵交代式で有名です。その内部はいったいどうなっているのでしょうか?是非お楽しみください!

第8話:ガムラスタンでFIKA

【連載漫画】第8話:ガムラスタンでFIKA『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第8話。街散策を楽しみたいカップルにガムラスタンの街を案内するサヤ。ここでもやっぱりFIKAをします。とその前に、気を付けないとスウェーデンの”観光価格”にやられちゃうかも。そうならないよう、地元民に愛されるとっておきのエリアをご紹介します。

第9話:ストックホルム市庁舎へ向かう

【連載漫画】第9話:ストックホルム市庁舎へ向かう『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第9話。本日はストックホルム市庁舎に向かうまでのお話。市庁舎はそう!ついこの間行われたノーベル賞晩餐会が行われる場所として有名で、多くの観光客に人気のスポットとなっています。ガムラスタンからもほど近く、海沿いを歩いていくので、カップルでお散歩するのにピッタリです!

第10:ノーベル賞の舞台市庁舎!

【連載漫画】第10:ノーベル賞の舞台市庁舎!『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第10話。今回は市庁舎を観光。市庁舎はストックホルムのランドマーク的存在で、あのノーベル賞晩餐会や舞踏会が行われる場所です。スウェーデン観光をするなら、絶対に外せない大事なスポット。旅行をご計画の方はぜひ参考にしてください!

第11:スウェーデンの市立図書館①

【連載漫画】第11:スウェーデンの市立図書館➀『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
スウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の第11話。さて今日から新しいカップル登場です!今回は20代の若いカップル。ラブラブだけれど、2人の興味の矛先が少し違っているようです。若いカップルあるある問題かもしれません。そんな2人にサヤはどんなガイドをするのでしょうか。

特別編:スウェーデンのクリスマス(前編)

【連載漫画】特別編:スウェーデンのクリスマス(前編)『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』。今回はクリスマスの特別編(前編)!クリスマスの本場(?)スェーデンのクリスマスの様子を主人公サヤが写真とともにご紹介します。私たちが想像しているサンタクロースは、スウェーデンではちょっと違うみたいなんです。ぜひお楽しみください!

特別編:スウェーデンのクリスマス(後編)

【連載漫画】特別編:スウェーデンのクリスマス(後編)『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』。今回はクリスマスの特別編後編です!今日はスウェーデンのクリスマスグルメについて、主人公サヤがご紹介します。クリスマスというと丸焼きチキンにクリスマスケーキという印象の強い日本ですが、スウェーデンのクリスマスグルメはまた少し違うみたい。

特別編:スウェーデンのお正月

【連載漫画】特別編:スウェーデンのお正月『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』。今回は特別編です!今日はスウェーデンのお正月について、主人公サヤがご紹介します。日本ではお正月は年末行事としてガヤガヤしていますよね。帰省したり、おせち料理を作ったり特番を見たり福袋を買いにいったり・・・。さてスウェーデンではどんなお正月を過ごすのでしょうか。

特別編:オリンピック

【連載漫画】オリンピック『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ウェーデン在住!大人気の漫画家Aikoさんによる連載漫画『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』。今回はオリンピック特別編後編です!東京五輪まであと1年数か月というところまできました。大河ドラマ「いだてん」もオリンピックの内容ですね。さてこんなところにスウェーデンと日本の意外なつながりを発見。そのつながりとは?