「行かない」と決めるその前に!新婚旅行をするべき理由とお悩み解決策

新婚旅行に行きたいけどいけないカップル急増中。いけない理由と、解決方法についてご紹介します。予算面、休暇、子供など事情も様々かと思いますが、解決する方法は意外なところにあったりします。新婚旅行はやはり特別な旅行。もし少しでも行きたい気持ちがあるなら、諦めずにこの記事を参考にしてください!

目次

新婚旅行に行きたくても行けない主な理由とは?

Sinnkonnryokou pixta 23319163 m

それでは、新婚旅行に行かない!というカップルはどんなことが理由なのでしょうか?

それぞれが置かれている事情や考え方もありますが、シンプルなものから複雑なものがあります。

まずはそんなワケアリの中から主となるものを5つ紹介していきましょう。

1.新婚旅行に行くお金がない

Ryokou yosann pixta 40337143 m

行かない理由として一番多く見られるのは金銭的な理由ではないでしょうか。
単純に「新婚旅行に行くためのお金がない」ということですね。

新婚旅行はある程度の日数を確保しなければなりませんし、2人ぶんの旅行代金がかかりますからお金も2倍です。その他にも「一生に一度だから」で内容にこだわってしまえば、想像をはるかに上回る旅費が発生するのも珍しくありません。

もちろん結婚に向けて計画的にお金を貯めていたけれど「結婚式の費用を両親などの援助を受けずに自分たちで何とかした」「結婚式で思った以上にお金がかかった」という理由もあるでしょう。

とにかく、「結婚をする」ということは次から次へとお金がかかります。2人で住むための住宅を用意したり、そのための家具や電化製品を購入したりするなどのお金も必要です。

「これからの生活レベルを下げてまで新婚旅行に行くべきなのか?」と考えてしまう部分が、行く行かないを左右するポイントになっているのでしょう。

2.新婚旅行に行くための休暇が取りにくい

Shigoto pixta 30238398 m

新婚旅行に行くお金は何とかなるけれど、仕事が忙しいがために休暇が取れないことも理由として挙げられます。
新婚旅行のときくらいしかまとまった休みが取れないのでは?という話もありますが、それでも休みが取れない方は多くいます。そして、新婚旅行だけでなく結婚式の前後に仕事を休まなくてはならない場合もあるでしょう。そこに新婚旅行で1週間近く休むのは現実的ではないということです。

数日ならまだしも、長期間では業務を引き継ぐ相手がいない、取引先とのやりとりなども含めて自分で業務を完結する必要があるなど。

その他にもさまざまな理由がありますが、そこまでして行かなくても良いのでは?の考えになるのでしょう。

また、2人とも仕事をバリバリとこなしていて忙しい場合、休みを合わせるのが難しいという問題があるかもしれません。

3.将来的なことについての不安

Tyokinn pixta 36855141 m

これから先の将来に不安があって、新婚旅行に行かない!というカップルもいます。

現在の仕事が安定していると言い切れないことをはじめ、マイホームを手に入れる計画がある、子どもができて教育費を確保しておかなくてはならないなどの理由です。要するに将来が確実でないから、今のうちに貯金にまわしておきたいという考えですね。

新婚旅行はこのときしかないから行きたい!というカップルもいますが、将来の安定を求めるカップルもいます。考え方はカップルによってさまざまなこともいえるでしょう。

4.子どもができた

Kodomo pixta 35094558 m

お金の問題と並ぶ理由として挙げられるのが「子どもができた」ということです。

新婚旅行で海外に行く場合、もしものときの対応が困難ですし、医療費も相当な金額になります。また、飛行機などの移動で母体に負担がかかりますし、食事もオール外食です。体調は良いから大丈夫と思っていても、いつどんな変化があるかはわかりません。

妊娠週数や妊娠の経過によっては、産婦人科医師の判断で新婚旅行に行く許可をもらえる場合もあるでしょう。しかし、現地では常に体調を気にしながらの行動が必須になります。

2人で100パーセント楽しむことが難しくなるため、それなら行かなくても良いかな?という結論に達したということです。

5.新婚旅行についての意見がパートナーと異なる

Ryokou kennka pixta 22101756 m

自分は新婚旅行に行きたいけれど、パートナーは旅行好きではない。また、飛行機や海外そのものが苦手など。単に興味がないだけであれば改善の予知はあるものの、最初から考え方が否定的なこともあるでしょう。

その他にも「ハワイに行きたい!」「ヨーロッパに行きたい!」などと意見が対立。どちらも折れずに話は平行線なんてこともあります。

結局、どちらかが相手に合わせる形で新婚旅行に行ったとしても、現地で喧嘩になることも十分に考えられるでしょう。

そんなことを見越したうえで新婚旅行に行かないというカップルもいるようです。

婚旅行に行くべき理由とメリット

新婚旅行に行かないと決めたものの、お金や休暇のことを何とかする方が多いことも事実です。それはやはり行くことに何かしらの魅力があるからでしょう。ここでは新婚旅行に行くべき理由やメリットについて説明します。

夫婦2人だけの旅行が楽しめる

結婚して出産~育児となる方も多いかと思います。そうなると育児に追われたり気持ちに余裕がなくなったりすることから、夫婦2人だけで旅行をする機会は少なくなります。

夫婦2人だけで旅行に行けるのは育児が落ち着いてからでもできますが、少し年月を経てしまうかもしれませんよね。「多少無理してでも新婚のうちに2人だけで旅行に行っておけば良かった!」なんて思うのは避けたいところでしょう。

いつかそのうち行ける!そう思っていると後悔することにもなりかねません。

新婚時代の思い出ができる

結婚生活の中で旅行に行く機会は多くあると思われますが、その中でも新婚旅行は特別な思い出が残ります。何年か過ぎたときに思い出と一緒に当時の記憶がよみがえるなど。新鮮な気持ちを思い出すこともできますし、夫婦の会話も弾みますよね。

後から振り返ってみたときに、そんな思い出が残っていないのは少し寂しいかもしれません。

パートナーの知らない部分が見えたり夫婦の絆を深められたりする

新婚旅行は2人のこれからの生活の予行練習とも言われています。旅行をする中で、普段はなかなか見られないパートナーの素敵な一面を知ることができる場合もあるでしょう。また、逆に嫌な部分が見えることもあるかもしれませんが、それらを早めに知っておけば解決策や対応策を知ることもできますよね。

また旅行先ではちょっとしたトラブルやハプニングが起きることもあります。それらのことを2人で乗り越ええれば、絆も深めることができますよ。

新婚旅行に行くためのお悩み解決策

新婚旅行に行きたくても行けないというお悩みを持っている方のために、解決策をご紹介します。

お金の問題

新婚旅行は海外に行くというイメージが強いのが一般的です。そのため、お金の問題で旅行を断念する方も多いのではないでしょうか。「行きたいのにお金がないから行けない」ことで、心が貧しくなってしまうのも悲しいですよね。

しかし、今ではアジア圏やグアム、サイパンなどのビーチリゾートあたりで、5万円以下で行ける格安プランも増えています。また、早割りサービスなどを使えばさらに費用はおさえられますし、オフシーズンを選んでみるのも良いでしょう。

もしもそれでも予算が足りないのでしたら、国内旅行をして少し贅沢な食事を楽しむなどしても良いかもしれませんよ。行き先が国内旅行となれば、旅行をすることに否定的なパートナーも説得しやすくなる場合があります。

休暇やタイミングの問題

結婚式が終わってすぐの旅行のみが新婚旅行ではありません。無理をして結婚式と旅行をセットにする必要はないということです。

新婚旅行のみ、仕事が忙しい時期を避けて希望を出すなど、結婚式と旅行を別にしてみることで休みも取りやすくなるのではないでしょうか。

また、子どもができたことで新婚旅行に行かないのであれば、安定期とされる時期にプチ旅行を楽しんでみる。実家に子どもを預けられる環境があれば、子どもの小さいうちに計画するのも良いかもしれませんよ。

パートナーと意見が合わない問題

新婚旅行に対するこだわりが2人も強すぎてどちらかが折れることになった場合、一生不満を口にされることになるかもしれません。

相手が行きたいと思っている場所がどんなところかを知らずにノーの意見を突きつけるのではなく、一通り調べてみることをおすすめします。

特徴をはじめ、予算感や口コミなどを知っていく中で「これなら行っても良いかも?」となるかもしれませんよ。
夫婦生活は何十年と続きます。相手の気持ちを尊重したり受け入れたりすることや歩み寄りは必要です。

新婚旅行に行くための答えは意外とシンプル 

新婚カップルの多くが新婚旅行に行き、そして「行って良かった」とコメントしていることが多いです。「行かない、行けない」となる理由はさまざまですが、行かなかったことで後悔するのは避けたいですよね。

新婚旅行には普段の旅行とは異なる、このときにしか経験できないメリットもあります。行けないと思っていても、実は少しやり方や考え方を変えてみれば何とかなることも多いものですよ。ぜひ、新婚旅行に出かけて、パートナーと素敵な思い出を作ってきてください。