【沖縄 ブログ】元在住者が語る癒しの宮古島!綺麗な海と南国スイーツを満喫しました!

沖縄本島に2年間暮らした私。沖縄にいるうちに近場の島を巡ろうと、宮古島も訪れた時のブログです。沖縄を見慣れていた私でも「これぞ沖縄!」と感激した宮古島。そこにはパワーすら感じる美しい景色が広がっていました。沖縄を旅するなら、大切な人と感動をシェアできる場所「宮古島」へも足を伸ばしてみてください。

目次

ベストシーズンの7月!沖縄本島から宮古島へ

那覇空港から宮古空港へと旅立ったのは7月の終わり。

夫の夏休みに合わせてハイシーズンの宮古島に行くことになりました。

混雑を覚悟していたのですが、飛行機には空席も。

宮古空港周辺の道も空いていたので7月が意外にもおすすめシーズンかもしれません。

Akinopy 02

レンタカーを借りて「伊良部大橋」を渡る

レンタカーを借りて最初に向かったのは「伊良部島」。海がとてもきれいで、ドライブしながらテンションが上がってきます。

Akinopy 03

下地島で見た隠れ家的空港は、日本唯一の珍しい空港だった。

次に向かったのは、伊良部島の隣の「下地島(しもじしま)」。

着いてビックリ。無人島みたいな場所に空港があったのです!

知る人ぞ知る「下地島空港」は、日本で唯一のパイロット訓練用空港なのだとか。(2019年3月30日に定期便就航予定)

Akinopy 04

この時は訓練もなく曇りがちでしたが、晴れている時にこの桟橋に向かって飛行機が降りてきたら、迫力と美しさに圧倒されそうです。

宮古島グルメ「宮古そば」を食す!

「古謝そば屋」

宮古島へ来たら必ず食べたいと思っていた「宮古そば」。
お店はたくさんあるけれど、味もお店の雰囲気も満足できたのが「古謝そば屋(こじゃそばや)」でした。

Akinopy 05

雑貨が飾られ、外観も可愛い「古謝そば屋」では、伝統的なスープの宮古そばが食べられます。

Akinopy 06

おすすめは「そばセット」。

宮古そばと「じゅーしー」(沖縄の炊き込みご飯)の両方が楽しめます。
おかずも優しい美味しさ。

それでいてしっかりお腹も満たされる、幸せごはんでした。

宮古島の観光名所「与那覇前浜ビーチ」

宮古島を代表するビーチといえば、与那覇前浜ビーチ。
ブログやインスタグラムなどで、写真が映える「東洋一美しいビーチ」としても有名です。

私が宮古島で一番楽しみにしていた場所でもありました。

与那覇前浜ビーチのサンセット

初めて与那覇前浜ビーチを訪れたのは夕刻。

白い砂浜が夕陽の色に染まっていく瞬間の連続があまりに幻想的で、どうにかこの景色を持ち帰りたくて何度もシャッターを切りました。

Akinopy 07

写真で伝えきれない与那覇前浜ビーチの圧倒的な美しさは、ここを訪れた人へのご褒美のように感じます。

白すぎる砂浜の真価とは。

与那覇前浜ビーチへは海水浴にも訪れました。
沖縄本島でも、こんなに白い砂浜は見たことがありません!

Akinopy 08

ここの砂浜は熱を持たないので、真夏日でも素足で歩けます。座っても寝ても大丈夫。

そして、歩いても全く痛くない砂浜でもあります。砂がきめ細かく、ふかふかして気持ちいいので素足で過ごすのがおすすめ。

サンダルいらずで熱くない痛くない。沖縄県内でもここまで柔らかな砂は珍しいです。

与那覇前浜ビーチの真価は美しさだけではありませんでした。


来間島で「楽園の果実」に出会う。

宮古島で「旬のマンゴーを食べる!」という目標を達成すべく、来間島(くりまじま)を目指しました。

Akinopy 09

目的地は「楽園の果実」。
宮古島旅行のブログなどでよく紹介されているこのお店では、自家農園で採れた食材で作った料理を食べられます。

7月末は、旬のマンゴーがいただける絶好の時期。
完熟マンゴーをまるごと1個使ったマンゴーパフェを注文しました!

Akinopy 10

まさに「楽園の果実」!最高に贅沢な時間。この旅に悔いなし。

その後、ドラゴンフルーツパフェと

Akinopy 11

パパイヤパフェも完食。

Akinopy 12

どんなにお腹が出ても後悔しない美味しさでした!

最終日は宮古島の先端を目指した…が

旅行最終日は宮古島一周ドライブ。島の端から端まで巡って空港に向かうことにしました。

平安名埼灯台(へんなさきとうだい)から絶景を望む。

高い所が好きな私の希望で「平安名埼灯台」へ。暑さに負けず、上まで登ってきました!

Akinopy 13

ビーチのような美しさもいいけれど、灯台から眺める透明度の高い海もまた素晴らしい。

Akinopy 14

水平線が大パノラマで見えて、「地球って本当に丸いんだ」と再認識したのでした。

「宮古島 海中公園」から海の中を覗く。

ドライブの途中で「宮古島 海中公園」へ立ち寄りました。

Akinopy 15

室内から海で泳ぐ魚を観察できますが、自然の海の中なので、いつでも見たい魚がいるとは限りません。だからこそ、子どもと一緒に魚探しで大盛り上がりでした!

その後、最北端の池間島を目指そうとしたらスコールが。
仕方なく断念して宮古空港に向かい、帰路についたのでした。

パワーをもらえる場所、宮古島で一生の思い出を。

宮古島の空と海には素晴らしい癒しパワーがありました。宮古島全体がパワースポットなのではと思うほど、心が洗われ、満たされた旅でした。

宮古島グルメやスイーツは美味しいし、どこを訪れても写真に残しておきたくなる風景ばかり。ブログやインスタグラムをしている人は、良いカメラ持参で来るといいと思います。

ハイシーズンでも人混みにうんざりすることがないので、カップル、新婚旅行、家族旅行、すべてにおすすめです。

大切な人との旅行を計画中でしたら、ぜひ宮古島も検討してみてくださいね。

関連記事のご紹介

宮古島の観光スポットはこちら

【沖縄住民が語る】沖縄観光完全ガイド!定番から穴場の観光スポットから気になるお天気・台風情報まで|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
沖縄観光はこれをみれば解決!沖縄在住、沖縄でブライダルプランナーをしているスタッフが監修した観光ガイドです。お天気・台風についてや、便利な持ち物、また定番観光スポットに加え、観光雑誌ではあまり見かけない新しいスポットをご紹介します。男女で楽しめる場所ばかりですので、カップルやハネムーンにもおすすめです。
新婚旅行におすすめ!元大手旅行会社スタッフ監修!3泊4日で行く宮古島と那覇のおすすめ観光スポット|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
沖縄県 宮古島と那覇を巡る3泊4日旅行をご紹介します。宮古島ではぜひ透き通る海を思いっきり堪能していただきたく、与那覇前浜ビーチや、青の洞窟でのシュノーケリング等、マリンアクティビティを中心に旅行プランをたててみました。旅行の際気になるお天気情報や、おすすめの服装情報もご紹介します。沖縄旅行をプラン中の方はぜひ参考にしてくださいね。

観光スポットやホテル情報が見たい方はこちら

新婚旅行は沖縄!気になる費用、おすすめホテル&観光スポットをご紹介♡|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
リゾート挙式はもちろん、国内の新婚旅行先人気No.1の『沖縄』!気になる沖縄旅行に必要な費用や移動時間、ハネムーンや結婚記念日などにおすすめのリゾートホテル、沖縄の人気観光スポット、必ず食べておくべき沖縄のご当地グルメ(名物料理)までたっぷりご紹介します。美しい海と大自然に包まれて、南国リゾートならではのバカンスを楽しみませんか?