ロンドンカフェ「SAID」!濃厚ホットチョコレートに舌鼓

ロンドン市内での観光やショッピングの合間、ちょっと一息つきたい時におすすめなのがロンドンカフェ「SAID」の濃厚ホットチョコレート。ピカデリーサーカスや百貨店リバティから徒歩すぐのところにあります。ぜひ甘い甘い至福のひとときをお過ごしください。

目次

はじめに

Pb080594

イギリスから、こんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。美しい街並みが特徴的なロンドン。1年以上が経ち段々と生活に慣れてきた私でも、ついつい街歩きに夢中になってしまうこともしばしば。旅行でロンドンを訪れる方も、観光やショッピングの合間に「ちょっと腰を下ろして一息つきたい…」というタイミングが必ずあるはず。今回は、そんな「ちょっと一息!」におすすめの美味しいホットチョコレートをご紹介します。

ロンドン繁華街にあるホットチョコレート店

Pb110658

今回ご紹介するロンドンのカフェ「SAID」があるのは、ロンドンの繁華街ソーホーエリア。ソーホーは、ミュージカルや舞台が上演されている劇場や、カフェやレストランが集結しているエリアで、観光客の方にも人気のスポット。日本では可愛らしい小花柄の「リバティプリント」で知られている、老舗百貨店のリバティもこのエリアにあります。「SAID」までは、ピカデリーサーカス駅・老舗百貨店リバティから徒歩5分ほどで到着です。

ロンドンのカフェ「SAID」お店の様子

Pb110663

「SAID」のルーツはイタリア。ローマで一番古いチョコレートファクトリーでした。この日はランチ後の14:00〜14:30頃に到着しましたが、お店の前には行列が。20分ほどで中に案内してもらうことができました。

Pb110666

店内の壁はチョコレート型でデコレーションされていて、とてもスタイリッシュな雰囲気。
カフェいっぱいに広がるチョコレートの匂いでとても幸せな気分につつまれます。

Pb110667

ショーケースにはプラリネやトリュフなど様々なチョコが並んでいて、瓶や箱に入ったギフト用の商品も種類豊富に用意されています。

Pb110669

また、レジ横のショーケースにはブラウニーやチョコレートケーキをはじめ、ショートケーキやエクレア、クッキーなどのスイーツも。こちらはテイクアウトでもイートインでも楽しむことができます。

今回は目玉商品のホットチョコレートを注文します。

ロンドンのカフェ「SAID」のホットチョコレート

今回の目玉であるホットチョコレートは3種類。

■ダーク
■ミルク
■ジャンドゥーヤ
(チョコとナッツがミックスされたもの)

大きさは3タイプから選ぶことができます。
■スモール(£3)
■レギュラー(£5)
■ラージ(£6.50)

私はカカオをしっかり感じられる苦めのチョコレートが好みなので、ダークチョコレートのミディアムサイズをチョイス。追加料金を少し払えば、カップをチョコレートでコーティングしてくれるとのことだったので、こちらもお願いしてみました。ショーケースでひときわ美味しそうだったブラウニーもおやつに注文します。

そしてやってきたのがこちら!

Pb110679

カップにコーティングされているのは、ホワイトチョコ・ミルクチョコ・ダークチョコレート。まさにチョコだく、チョコ好きにはたまらない一杯です。トロトロというよりもドロドロに近く、チョコレートを丸ごと溶かしたような濃厚な舌触り。コーティングされたチョコを少しずつスプーンですくいながら、味の変化を楽しむこともできます。

Pb110680

チョコレート専門店なだけあって、ブラウニーもとっても濃厚!ホットチョコレートをかけながら贅沢にいただきました。今回は、街歩きの休憩にふと立ち寄ったのですが、わざわざ来たくなるほどの美味しさ。この時はバレンタインデーのシーズンだったのでバレンタインデーや甘党の方への贈り物探しに、チョコレートを買いに来たいと思います。

Pb110665

混んでいる時は入店に少し待ち時間がかかるものの、ホットチョコレートは提供時間も早いので、ちょっぴり腰を下ろして休憩するにはぴったり。ロンドン中心部にあるため、ショッピングや観光の合間に気軽に立ち寄ることができますよ。ぜひ彼やご友人と甘い甘いひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

この他にもイギリスのカフェスポットや観光スポットをブログにしています。是非ご覧ください。

イギリス在住ライター志桜里のブログ一覧▼