【イギリス グルメ】観光合間にクリームティー♪人気ティーショップ「Whittard」のティーバーへ

イギリス国内に50店舗、台湾やチリ、チェコにも海外出店を進めている、イギリス発の人気ティーショップ「Whittard」。今回は、紅茶や軽食を楽しむことができるティーバー併設のコヴェントガーデン店でクリームティーを楽しんできました。観光の合間に気軽に立ち寄れるスポットとしておすすめです。

目次

はじめに

イギリスから、こんにちは!
ロンドン在住ライターの志桜里です。

イギリスのティールームで定番のメニュー「クリームティー」。

クロテッドクリームとジャムが添えられたスコーンと紅茶のセットで、15時のおやつや軽めのお食事におすすめです。

今回は、ロンドンの人気観光スポット”コヴェントガーデン”にあるティーショップ「Whittard」でクリームティーを楽しんできました。

 mg 0793 edit

ロンドンのティールーム「Whittard」

「Whittard」とは

Whittardは、1886年創業のイギリス発のティーショップ。イギリス国内には50店舗を展開しており、現在は台湾、チリ、チェコにも進出している人気店です。

もちろん看板商品は、100種類以上のブレンドが揃うオリジナルの紅茶ですが、コーヒーやホットチョコレート、ティーグッズも充実。

Img 1237

特に、不思議の国のアリスのオリジナルイラストがプリントされたティーグッズは人気が高く、旅行の記念やお土産にもぴったり。

38694493 1957238397661240 1889381930558816256 n

私も不思議の国のアリスのコラボ商品である、うさぎのティーコージー(ポットを温めておくカバー)を愛用しています。

Whittard「Covent Garden店」に行ってきました!

コヴェントガーデンのマーケット内には、2店舗のWhittardがあります。

どちらも取り扱い商品に大きな差はありませんが、地下にある「Covent Garden店」は、実際に紅茶やスイーツを楽しむことができるティールーム「コヴェントガーデン ティーバー(The Covent Garden Tea Bar)」が併設。

001f06df f3d8 4c2e bdb4 c30c6ef143d9


コヴェントガーデン観光の休憩にぴったりの穴場スポットです。

985eb895 c74e 49ad afe2 c574c3b3f9bd

ティーバー内は、白が基調のインテリアでとても落ち着いた雰囲気。平日のお昼に訪れたこともあり、店内もそこまで混雑していませんでした。

メニュー

Af27290c ddda 4738 a10a 75be48dd46f5

サンドイッチ・スコーン・ケーキを楽しめるアフタヌーンティーも人気ですが、今回は軽めのお茶だったので「クリームティー(£9)」を選択。

セットの紅茶は、Whittardで販売されている100種類以上の中から、好きなブレンドを選ぶことができます。悩みに悩みましたが、この日は紅茶のシャンパンとも言われている王道の「ダージリン」に。

43ecf4a8 a3ca 459f ab90 4098a458bef6

ポットティーは、砂時計・説明カードと合わせて提供されます。

ポットは出し入れが簡単にできる茶こしが付いているので、砂時計の砂が全部落ちたところで、ポットから茶葉を抜き、別皿に出しておくように説明されました。

何分蒸らしておいたらいいかも店員さんが教えてくれるので、聞き逃さないようにしておきましょう。(もちろん薄め・濃いめが好きな方はご自身のお好みで!)

91ee0392 4f77 495d b6bb b0f42280d23a

生地にしっかり味が付いており、クリームやジャムがなくても十分甘め。ふわふわというよりも少し固めのビスケットのような食感です。

スコーンはナイフでカットせず、スコーンの割れ目(オオカミの口)から手で半分に割るのが英国流。クリームとジャムを一口ずつ塗っていただいてくださいね。

「Whittard」の紅茶 豆知識

63e0c78e cb66 48d2 bb86 4839be5492f2


少しマニアックなお話になりますが、Whittardのお茶には一つ一つ番号が振られていて、その番号が付けられたエピソードがホームページで公開されています。

本日いただいたダージリンは5番でしたが、Whittardのダージリンが生産されている茶園から、世界第3位の標高を誇るカンチェンジュンガ山の5つの山頂が見えているため「5」の番号が振られているそう。

お茶番号は、説明カードに記載されているので、ぜひご自身が注文したお茶番号のエピソードを調べてみるのも面白いですよ。

Img 1234

イギリスの人気ティーショップ「Whittard」。

お買い物はもちろん、コヴェントガーデンの観光の合間に、ぜひ美味しい紅茶を飲みに立ち寄ってみてくださいね。

この記事を読んだ方は こちらの記事も読んでいます

【イギリス ブログ】イギリス料理はまずくない!日曜ランチは英国料理サンデーローストをどうぞ♪|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
イギリス ロンドン在住ライターの私がおすすめするお肉料理のお店「Lamb & Flag(ラム・アンド・フラッグ)」をご紹介します。ここはランチにおすすめのお店です。ここに行けば「イギリス料理はマズい!」という印象が180度変わります。イギリスでは美味しいお店は予約がいっぱいになる事が多いので、旅行前に是非チェックしてくださいね。
【イギリス ブログ】イギリス料理はまずくない!日曜ランチは英国料理サンデーローストをどうぞ♪|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
イギリス ロンドン在住ライターの私がおすすめするお肉料理のお店「Lamb & Flag(ラム・アンド・フラッグ)」をご紹介します。ここはランチにおすすめのお店です。ここに行けば「イギリス料理はマズい!」という印象が180度変わります。イギリスでは美味しいお店は予約がいっぱいになる事が多いので、旅行前に是非チェックしてくださいね。
【在住者おすすめ】大英博物館から徒歩1分!イギリス本格アフタヌーンティーを満喫!|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
イギリスに来たら、本格的なアフタヌーンティーを楽しんでみたいとお考えの方も多いですよね。高級ホテルでのひとときも素敵ですが、ロンドンには気軽に立ち寄れるティーハウスもたくさんあります。今回は人気の観光スポット大英博物館のすぐ側にある、おすすめの「カメリアズティーハウス」でのアフタヌーンティーをご紹介します。
【イギリス スイーツ】カリカリがたまらない!在住者も虜にするロンドンでおすすめのスコーン!|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
カフェ(ティールーム)によってスコーンの食感や味も様々ですが、ロンドンのケンジントンエリアにある「Muffin Man(マフィンマン)」では、珍しいトーストスコーンをいただくことができます。日本では「アフタヌーンティー」が有名ですが、今回ご紹介するのは、紅茶とスコーンのセット「クリームティー」。マフィンマンで「クリームティー」を楽しんできました!
【お土産調達にも最適!】美味しいロンドンを満喫♪人気観光地「バラ・マーケット」を散策|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ロンドンには、アンティーク品やファッションなど様々なジャンルのマーケットがたくさん。その中でも美味しい食べ物や生鮮食品が販売されている「バラ・マーケット」は、世界中の観光客から大人気。お店の種類も豊富で、お食事はもちろん、お土産探しにもおすすめです。
【イギリス ロンドン】知る人ぞ知るフードマーケット「Mercato Metropolitano」で美味しいディナータイム|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
近頃開発が進み急発展している、テムズ川の南にあるエレファント&キャッスルエリア。最近多くのロンドナー達で賑わう、食事やお酒を楽しめるフードマーケット「Mercato Metropolitano」に行ってきました。ガイドブックには載っていない、ローカルらしい雰囲気と美味しいお料理が楽しめるとっておきのスポット。ぜひ足を運んでみてくださいね。
【在英ライターが惚れた!】甘党必見!ロンドンの濃厚ホットチョコレートに舌鼓♪|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ロンドン市内での観光やショッピングの合間、ちょっと一息つきたい時におすすめなのが濃厚ホットチョコレート!ピカデリーサーカスや百貨店リバティから徒歩すぐのところにある、イタリア発のチョコレート専門店で、チョコ好きにはたまらない商品ばかり。ぜひ甘い甘い至福のひとときをお過ごしください。
【イギリス ロンドン】紅茶といえばここ!300年以上続く老舗店フォートナム&メイソン本店へ|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
1707年創業の老舗百貨店「フォートナム&メイソン」。高級紅茶ブランドとして世界的にも有名で、お土産にぴったりのプロダクトがたくさん揃います。今回はロンドン・ピカデリーにある「フォートナム&メイソン」の本店に行ってきました。紅茶が販売されている1階の様子をレポートします。