【桜の京都さんぽ④】~洛北~混雑をさけて彼とふたりでのんびり見たい。北方面のソメイヨシノ。

今回は、京の北のソメイヨシノをご紹介します。激坂のある北山方面ですが、鴨川を北へ向かうとそこはずっと桜並木。世界遺産へ導いてくれます。

目次

京都の北~洛北とは?~

洛北も世界遺産の宝庫!
上賀茂神社・下鴨神社、比叡山延暦寺・鞍馬寺・貴船神社。そして、大原三千院・宝泉院・寂光院。鷹ヶ峯には、源光庵・光悦寺・常照寺。紫野には、今宮神社・大徳寺などがあり、有名どころが満載!すべて巡りたくなるエリアです。

もちろん自転車ですよ!レンタサイクルで。

毎回、HPの添付をしていますが、京の街を巡るには「レンタサイクル」です。
またまた、京都レンタサイクルで検索して、出発地点に近い自転車屋さんをみつけてくださいね。

そうそう!京都は、自転車に乗って通れない道があります。
四条通・河原町通など。観光客が多いエリアは自転車に乗って通れません。
その場合、京都はご存知のとおり、碁盤の目になっているので平行した道を走ってくれれば目的地には行けます。

京都のレンタサイクル

鴨川沿いのソメイヨシノ

今年の「そうだ京都へいこう」のCMは、本当にほのぼのしますよね。加茂川の朝が画面いっぱいに映し出されています。その加茂川沿いを自転車で走りますよ~(^^♪

ホントに川沿いを走ることができるので、満開の桜に出会えれば、ずーーっと桜を見ながら走れるんです。お天気がよかったらもう最高!

Img 6666%28edited%29
Nakaraginomichi2

最強のパワースポット!上賀茂神社

Img e4804
Img 6821%28edited%29

超有名!そして、わたしが一番好きな神社!京都にいったら絶対訪れる神社です。
こちらは穴場ではありませんが、綴りたいことがたくさんあるので、綴ります(笑)

上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷(かもわけいかづち)神社」
京都でも最古の神社の1つとして、都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神、鬼門の守り神として崇められていて、京の都を見守っています。

上賀茂神社の御祭神「賀茂別雷大神」
「賀茂別雷大神」の「別雷」とは若い雷(神鳴り)という意味もあり、雷を神様と考えていた古来日本人の信仰を伝えています。
ご神徳は、災難を除く厄除けの守護神。また雷から電気の神様ともいわれています。

まず、一の鳥居をくぐると、壮大な芝の広場が迎えてくれます。
右手にたくさんの桜が咲き誇ります。壮大な芝では「葵祭」や「加茂競馬」が行われます。

上賀茂さんの桜は・・
「御所桜」 芝広場の東側にある大きな「枝垂桜」
「斉王桜」 芝広場の東側にある大きな「八重紅枝垂桜」
「みあれ桜」 授与所の横にある「八重紅枝垂桜」
「風流」 二の鳥居の横にある「八重紅枝垂桜」
と、早咲きの桜もあり、4月中旬まで楽しめます。

ただ・・・それぞれは咲く時期が違うため、百花繚乱とはなりません。
そこが、上賀茂神社ならではで風情を感じます。

Img e4850

早咲きの桜が一の鳥居すぐに、何本もの濃いショッキングピンクで迎えてくれます。
その奥の薄いピンクがソメイヨシノです。

Img e4845
Img e4812
Img e4831
Img 6797%28edited%29

ね。どっちかが咲いてて、どっちかこれから。みたいな感じになりますが、ソメイヨシノが咲いているときは、とても華やかです。

意外に知られていない。上賀茂神社のパワースポット

清めの砂

Img 6803

こちらは有名ですね。「清めの砂」実は「清めの砂」の発祥は上賀茂神社です。
「立砂(たてずな)」と呼ばれるこの盛り砂は、「賀茂別雷神」が降臨したという「神山(こうやま)」を表したもので、立砂の頂点に神様が降臨する際の目印として松葉が立てられています。この円錐形の立砂こそ!「清めの砂」の起源!

参拝者でも購入が可能です。
この砂、おうちの浄化・厄除けに絶大な効果があります。
平安京以前の京の都、長岡京からみて、東北(鬼門)に位置していることからも、鬼門の方角から来る厄災から都を守り、今の京があると思うと効果絶大です!

もちろん我が家の玄関は、「盛り砂」です(^^)

神聖な水!

Img 6814%28edited%29

「賀茂別雷大神」の母である「加茂玉依比売(たまよりひめ)」は境内を流れる御手洗川に流れてきた白羽の矢を床に置いたところ、ご懐妊されたそうです。
神社の中に小川がある神社もめずらしく、歩くだけでも身が清められます。
「楢(なら)の小川」では、葵祭や「夏越の祓(なごしのはらえ)」の際の禊の儀式が行われる神聖な小川。
また、手水舎の水は、祭神である賀茂別雷大神が降臨したと伝えられる神山(こうやま)の水を汲みあげたもので、手や口を清めるだけではなく、飲めるともいわれています。
しっかりお清めしてから参拝です!

最もパワーの集まっている場所

上賀茂神社にいったら是非、ご祈祷を受けてほしいです。
通常参拝される方ははいれない本殿にはいれます。

そして、本殿の隣の「片岡社」。こちらは行きましょ。
縁結びの神。「賀茂別雷大神」の母、「賀茂玉依比売」が祀られています。
縁結び、恋愛成就、家内安全、子授け、安産のご利益があります。

Img 6809

神と人をつなげる最も「気」のつよい場所とは・・

この「片岡社」の近くにある、岩場のような場所!
「岩上(がんじょう)」ここが上賀茂神社のなかで最大にパワースポット!!

ほとんどの参拝者が素通りするし、私もその1人でした。
でも、結界がされてるし、案内板もあって、それを見ると・・
『賀茂祭(葵祭)には宮司この岩の上に蹲踞(そんきょ)、勅使と対面し、御祭文に対して神のご意志を伝える「返祝詞(かえしのりと)」を申す神聖な場所である。
え?それって、神様をつながれる場所??ってことですよね。

そうなんです。この岩上こそが、神と人とをつなぐ「気」の集まった場所なのです。

Img 6811

私が訪れたとき、結婚式を行ってました。
憧れます・・上賀茂神社での挙式。本殿での厳かな挙式。これからずっと家族に災いがないように守っていただけるように。
そして、美しい朱赤の「楼門」や「鳥居」。「細殿(ほそぞの)」の立砂も。
あ~憧れます。いいなぁと心底思って、おめでとうございますと伝えました(笑)

上賀茂神社での挙式はこちら

上賀茂神社を語り過ぎました。すみません・・
もうひとつだけ、補足しておきます。上賀茂神社は「賀茂別雷大神」が降臨した「神山」の前に建っています。お母さんの「賀茂玉依比売」がいるのに、「賀茂別雷大神」が山に降臨?って不思議ですよね。

こんな伝説があります。
幼い頃に「汝の父に祝杯をあげろ」と言われた「賀茂別雷大神」が「我父は天津神なり!」と答え、そのまま雷鳴と共に天に昇ってしまった。「賀茂玉依比売」はわが子に会いたくて会いたくて、神迎の祭事をしたところ、「神山」に「賀茂別雷大神」が降臨した。というお話し。

では、上賀茂神社でも葵紋の御朱印をいただいて、次に向かいましょう。

あっ!上賀茂神社に行ったら、「やきもち」は召し上がってくださいね。

Yakimoti

上賀茂社家町

上賀茂神社をあとにしたら、左に走ってみましょう。
上賀茂神社の社家が立ち並ぶ、なんとも情緒あふれる街並みをみることができます。

社家とは、神主さんたちが住んでいる場所のことです。上賀茂神社の社家町は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。しかも全国で唯一「社家町」という名で選定を受けた唯一の場所です。こっちまわりで歩く人がほとんどないので、昔の時間が流れているような気持ちになれます。





Img 6842

この社家はすべて橋がかけられていて、この小川は境内を流れていた神聖な小川「楢(なら)の小川」です。境内を出ると「明神川」と名前が変わります。この小川沿いの社家はすべてこの水が家にひかれています。生活のためや庭の水やりに使われています。
このお水が家で使えるとは!うらやましいです~。

では、そのまま、社家を進むと、「大田神社」が見えてきます。
「かきつばた」で有名な神社です。
その「大田神社」を右にまがって南に進んでいきたいと思います。

京都府立植物園

府立植物園は、桜の宝庫です!広々として敷地にはたくさんの植物に出会えます。
こちらも日本最古の植物園。どの季節にいっても「花・花・花!」ですが、桜の季節は特に華やかになります。

のんびり歩いていると、ホント気持ちの良い場所です。

Img 6674
Img 6670
Img 6675%28edited%29
Img 6682%28edited%29

府立植物園の賀茂川沿いが「半木(なからぎ)の道」になります。
枝垂れ桜の並木道なのですが、ソメイヨシノと咲く時期が少しずれています。
もし、ソメイヨシノのときに咲いていたら、是非通られてください。

賀茂川を南に向かっていただければ、祇園方面に出れます。
帰りに温かい京料理を召し上がって、桜の話しで楽しんでくださいね。

この記事を読んだ方は こちらの記事も読んでいます

【2019年】京都のお花見はこれで完璧!桜の名所から穴場&開花予想と見ごろの時期まで!|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
本社が京都にある私たちの会社の社員は、いわば”京都の猛者”です。「あんまり教えたくない」と言われながらも京都の桜が美しいスポットを聞き出し、まとめました。枝垂れ桜にライトアップ、神社やお寺を背景になど京都桜の名所から穴場はもちろん、開花予想や満開・見ごろ時期もお届けします。今年は少し早く咲くようなので京都でお花見をする際はぜひチェックしてください!
【冬の京都さんぽ】ライトアップが美しい京都東山花灯路2019|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
京都に年間星の数ほど通いつめる私のとっておきの散歩道をご紹介!京都東山花灯路とは「灯り」をテーマにした京都の夜のイベントで、京都の冬の終わりを告げる風物詩として人気です。人気の東山エリアの神社・寺院が幻想的な「灯り」で囲まれます。凛とする冬の澄んだ空気と暖かな灯りを楽しめます。そして!見どころは「灯り」だけじゃないんです!
【桜の京都さんぽ①】~洛東~混雑をさけて彼とふたりでのんびり見たい。東方面のソメイヨシノ。|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
桜の開花情報がはじまりました。京都の桜を見たいけど、混んでるのはイヤですよね。やっぱり彼とのんびり見たいし、共有したい。京都初心者さんもリピータさんも、東方面のソメイヨシノが美しく、混雑を感じない場所をこっそり教えちゃいます。
【桜の京都さんぽ②】~洛中~混雑をさけて彼とふたりでのんびり見たい。中心地のソメイヨシノ|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
今回は、京都の中心部のソメイヨシノ。京都御所・二条城だけじゃない!もっとのんびりソメイヨシノを楽しめる場所でのんびり見たい。人混みをさけた神社仏閣をご紹介!
【桜の京都さんぽ③】~洛西~混雑をさけて彼とふたりでのんびり見たい。西方面のソメイヨシノ|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
今回は、西方面のソメイヨシノをご紹介!京都の西と言ったら嵐山方面ですが、西大路通あたりの桜をご紹介します。もちろん「レンタサイクル」で出発です!
【桜の京都さんぽ④】~洛北~混雑をさけて彼とふたりでのんびり見たい。北方面のソメイヨシノ。|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
今回は、京の北のソメイヨシノをご紹介します。激坂のある北山方面ですが、鴨川を北へ向かうとそこはずっと桜並木。世界遺産へ導いてくれます。
【桜の京都さんぽ~枝垂れ桜①】平安神宮。京都ならではの紅八重枝垂れ桜。彼と桜のカーテンをお散歩しましょ。|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ソメイヨシノが終わるころ、通常では4月の中旬から、美しいショッキングピンクの枝垂れ桜の季節になります。世界遺産とともに見る「紅八重枝垂れ桜」はここでしか見れない景色。彼と一緒にピンクのカーテン散歩をしませんか?
【桜の京都さんぽ~紅八重枝垂桜②】是非みて!妙心寺退蔵院 圧巻の紅八重枝垂桜。|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
京都もそろそろソメイヨシノの開花を迎えます。ソメイヨシノの時期に旅行にいけない!そんな方でも京の桜は4月下旬まで楽しめますので、ソメイヨシノ以外の桜をご紹介していきます。彼との桜紀行計画もまだまだ間に合いますよ。
【現地レポ~京都】3月25日現在のソメイヨシノ。京都の春も間近!開花状況をお届けします。|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
東京では21日に開花宣言がされました。京都へ旅行に行こうと考えているお2人も多いと思います。京都の個人的な標本木巡りを綴りますので、旅の参考にされてくださいね!もちろん移動は自転車です(笑)

まとめ

上賀茂神社を語りすぎてすみません(;'∀')

京の桜は本当に美しい姿を見せてくれます。
でも、ソメイヨシノだけじゃないんです。桜はたくさんの種類があります。
なので、それはまた今度綴りたいと思います。

最近のニュースでの開花予想は3月25日。満開は4月2日ころかな。
ふたりで京の桜を堪能してくださいね。