まるでお城の一室!V&A博物館内の美しすぎる隠れ家カフェ  

世界的に有名な博物館が数多く存在するロンドン。サウスケンジントンエリアにある「ヴィクトリア・アルバート博物館」では、お城のような美しい内装のお部屋でティータイムを楽しむことができます。常設展も無料で入場できるので、観光にもおすすめです。

イギリスからこんにちは!
ロンドン在住ライターの志桜里です。
 
大英博物館や自然史博物館など、世界的に有名な博物館や美術館が数多く集結しているロンドン。

先日ふと思い立って、女性に人気の高い人気博物館「ビクトリア&アルバート博物館」ことV&A に散策に来てみました。

展示物ももちろん素晴らしいのですが、私のお気に入りには館内にあるカフェ。内装がとても素晴らしく、世界初の美術館併設カフェ(レストラン)としても有名です。

今回は、そんなV&A内にある素敵すぎるカフェをレポートします。

P2263223

V&Aの最寄駅は、サウスケンジントン駅。ロンドンの繁華街であるピカデリーサーカスからは4駅ほど、10分以内で到着です。

サウスケンジントン駅からV&Aまでは、徒歩約5分。「Museum」と書かれた駅のサインを辿っていけば、最寄りの出口から地上に出ることができます。

P2263228

街中のいたるところにマップ付きの看板が立っているので、Wi-Fi環境や地図アプリがなくても道に迷う心配はありません。

P2263305

エントランスの前に建っているのは、ビクトリア女王の旦那さんであるアルバート公の像。写真には写っていませんが、アルバート公の上(アーチの上)にはビクトリア女王も見つけることができます。

P2263245

 常設展への入場は無料なので、チケット購入などは不要。バッグの中身やコートのポケットを確認する簡単な荷物検査を経て、早速中に入ります。
 

P2263330

博物館内には、世界各国の歴史ある美術品が展示されており、入り口のある1階(Ground Floor)にはたくさんの彫刻が!
 

P2263314

館内の「Cafe」の案内を目印に、しばらく廊下を進んでいくと、イートインコーナーに到着です。

P2263250

比較的空いており静かなので、こちらのスペースもとても居心地がいいのですが、おすすめのお部屋はもう少し先。

ちなみにV&Aカフェは、テーブルでのオーダーではなく、カウンターでお食事を購入して席まで運ぶフードコート形式。しばらく進むと、フードコーナーが見えてきます。

フードメニューは種類豊富で、がっつりとしたお食事にも、ちょっとしたお茶にもぴったり。

P2263268

サンドイッチやサラダなどの軽食系や、

P2263264

お魚やお肉を使ったホットミール、

P2263261

スコーンやケーキ、マフィンやブラウニーなどのスイーツに分かれています。

今回はお腹が空いていたので、ホットミールを注文。 

P2263320

2種類のサラダの付け合わせがついて£10前後でした。

さて…気になるカフェはというと、こんな感じ!

P2263324

カフェは3つのお部屋に分かれているのですが、こちらは一番有名な「ギャンブル・ルーム」。

大きなライトと古風なステンドグラス、繊細な模様が施された天井や柱が圧巻です。

P2263327

ゴッドフリー・サイクスがデザインを担当していましたが、残念ながら完成前に亡くなってしまい、弟子のジェームズ・ギャンブルさんがデザインを引き継ぎ、1868年にオープンしました。

P2263258

壁や天井に使われている「マジョリカ焼き」のタイルも非常に美しく、どこを切り取っても絵になるお城のような空間です。

平日の夕方に訪れたので、混雑はしていませんでしたが、土日のお食事時、おやつ時は混雑していることも多いのだとか。

P2263328

お食事も美味しくて、何時間いても飽き足りないくらい幸せなひと時を過ごすことができました。 

P2263266

ちなみに隣には、日本でも有名なデザイナーであるウィリアム・モリスがデザインした「モリス・ルーム」も。

こちらのお部屋はアフタヌーンティー専用となっているため、モリス・ルームでのティータイムを楽しみたい方は、アフタヌーンティーを事前に予約しておきましょう。

P2263299

ロンドン中心部から電車ですぐのV&A博物館。
 
カフェはもちろん、常設展にも無料で入場することができるため、チケット手配やお金の心配もいらず、旅行中の空き時間にふらっと立ち寄ることも可能です。

ぜひ、世界初の美術館カフェで日本では味わえないルネサンス空間を楽しんでみてはいかがでしょうか?