ロンドンの穴場アフタヌーンティー「ケトナーズタウンハウス」

ロンドン繁華街のホテル「ケトナーズタウンハウス(Kettner's Townhouse)」の本格リーズナブルなアフタヌーンティーを体験しました。豪華な店内の様子や美味しいスイーツやサンドイッチなどのメニューをご紹介します。

目次

はじめに ”カジュアルエレガント”なアフタヌーンティー

イギリスからこんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。ホテル内のおしゃれな空間で、比較的リーズナブルな価格でアフタヌーンティーを楽しめる「ケトナーズタウンハウス(Kettner's Townhouse)」。ロンドンで初めてフレンチを提供したホテルとも言われていて、フレンチスタイルの内装が魅力。レストランはランチやディナーも営業していて、美味しいフランス料理を楽しめるそうですよ。今回はアフタヌーンティーの様子をご紹介します。

ホテルらしい贅沢空間が広がる「ケトナーズタウンハウス」店内

P3073678

ホテル内のレストランの雰囲気はこんな感じです。

P3073677

テーブルセットもとても豪華で、ホテルらしい荘厳な雰囲気。

シャンパン付きで30ポンド!?有名ホテルと比較してみる

P3073679

アフタヌーンティーはシャンパン付きで30ポンド。有名なホテルだと60〜70ポンドなのに対し、約半額のお値段!紅茶もお好きなものをセレクトすることができます。

P3073685

今回は、アフタヌーンティーの甘さを中和するために、ちょっぴりスモーキーなラプサンスーチョンをチョイスしてみました。

「ケトナーズタウンハウス」のアフタヌーンメニュー

P3073686

写真映えするケーキスタンドには、3種のサンドイッチ、2種のスコーン、4種のプチガトーが載せられています。

P3073689

サンドイッチは、きゅうり、ハム、チキンとトマトのフィリング。

P3073691

プチガトーは、マンゴームースやチョコレートケーキ、小さなエクレアなどフランスらしさを感じられる上品なラインナップが魅力でした。

そして特筆すべきは、こちらのスコーン!

P3073690

普通のスコーンに見えますが、パンほどふわふわすぎず、スコーン独特のパサパサ感も強くなく、程よく口の中で溶けていく甘さがたまりません。

P3073696

クロテッドクリームやジャムと一緒にいただきながら、スコーンのあまりの美味しさに感動してしまいました…!

夜はロマンチックな雰囲気に

P3073699

夜になるとだんだん暗くなり、ちょっぴりロマンチックな雰囲気に。テーブルのキャンドルにも火が灯され、夕方を過ぎるとピアノの生演奏も始まります。ロンドンの繁華街から徒歩圏内、高級ホテルの相場の半額で過ごすアフタヌーンティーにしては、十分過ぎるほどではないでしょうか…?

P3073705

ロンドン市内には、まだまだ魅力的なティーハウスやアフタヌーンティーがたくさん。アフタヌーンティーのブログをたくさん書いているのでこちらも合わせてご覧ください。イギリス旅行に来られたら、ぜひアフタヌーンティーやティールームでのお茶の時間を楽しまれてみてくださいね。

イギリス アフタヌーンティーのブログ一覧はこちら▼

またこの他にもイギリスの観光スポットやカジュアルなカフェ、ハロッズなどの老舗デパートについてのブログもたくさんあります。よろしければ是非ご覧ください。

イギリス在住ライター志桜里のブログ一覧▼

インフォメーション

■ホテル名:
Kettner's Townhouse

■住所:
29 Romilly Street, London W1D 5AL, England
劇場やレストランなどが立ち並ぶSOHOエリアにあります。ロンドン一の繁華街であるピカデリーサーカスや、チャイナタウンからも近いため、中心地からのアクセスも抜群です。

■予約:
アフタヌーンティーは予約が必要なのですが、公式ホームページから簡単に予約することが可能。電話なども必要ないので、英語が不安という方でも安心です。

■ドレスコード:
ドレスコードはスマートカジュアル。いわゆるオフィスカジュアルに近い感じで、男性は軽めのジャケットと革靴を履いていく事をおすすめします。下記の服装はNGです。

・Tシャツ
・短パン
・タンクトップ
・ダメージ系ジーンズ
・スニーカー