【バリ島 ブログ】インスタ映え&パワースポット巡り!

インドネシア バリ島の旅行ブログです。日本からだと飛行機で約7時間でLCCも飛んでいるので行きやすく、寺院などのパワースポット的な観光名所でリラックスできました。またアジアリゾート独特の色合いのお店やカフェも充実しており、インスタ映えスポットもたくさんあるので、思い出の写真をたくさん撮影したい方はおすすめです。

目次

パワースポット!バリ島の寺院

02

世界的にも人気のビーチリゾートであるバリ島。

大観光地である一方でバリには様々な神様の伝説があり、地元の人々が宗教や信仰を大事にしているのが伝わってきます。

せっかくバリ島へ観光に行くのならビーチだけではなく少しだけでも神様のいるスポットに触れてみてもいいかもしれません。

バリ島には大小様々な寺院がたくさんあります。

どんな神様が祀られているか、伝説があるのか等調べてみると、一段とバリ島の観光が楽しくなります。

事前に確認!バリ島の寺院ルール

03

日本の寺院とは異なり、少し厳格なルールがあるところ場所もありますので、行く前は事前に確認しましょう。


肌の露出がNGな場所(サロンという腰巻布を貸してくれるところがほとんどですが気をつけましょう)や生理中の女性は立ち入り禁止の場所などが多いので訪れる前に確認するようにしましょう。

バリ島古来の伝統芸能を鑑賞!

04

バリの伝統芸能として舞踊が有名ですよね。

バリ舞踊と一言で言っても実はいくつも演目や楽団があってどれを見たらいいのか悩んでしまいます。

おすすめなのが「ウルワツ寺院」の「ケチャダンス」。


歴史ある寺院の端に作られたステージで夕日をバックに伝統舞踊を鑑賞することができます。

簡単に少しだけ見てみたいという人はレストランで食事をしながら舞踊鑑賞をできる場所もあります。

05

お供え物を踏まないように注意

バリについて市内観光を始めると目に付くのは小さなカゴのようなものに花とお菓子、線香が入っているもの。

お店の前や名もなきような小さな寺院に置いてあるのをよく見ます。

06

これは「チャナン」というお供え物。

神様用と悪霊用があって、高い位置に置かれているのが神様用。地面に置かれているのが悪霊用だそうです。

悪霊には「悪いことをしないでね」という意味でお供えしてあるもので、これがうっかり踏みやすい場所に置かれているのでお気をつけあれ。

07

観光用ではなく地元の人の信仰を感じられるものなので見つけた時には無下にしないようにしましょうね。

バリ島 インスタ映えするカフェ・レストラン

最近のバリのカフェやレストランはインスタ映えするお店がたくさんあります!

彩り鮮やかで見ているだけでわくわくするような場所が多いので女子旅にもぴったり!

ぜひカメラを持って足を運んでみてください。

心ときめく可愛いカフェ&レストラン

有名なカフェにいくつか行ってきました。
「Kynd Commnity」では可愛いアサイーボウルを食べることができます。文字がくりぬかれたマンゴーがとってもキュートですよね。

08

「MOTEL MEXICOLA」はメキシカンレストラン。どこを見回してもメキシコらしい派手で可愛いインテリアがぐっと来ます。

09

インスタグラムで流行っているお店を探そう

インターネットでも可愛い流行っているお店をまとめてくれているページがたくさんあるので参考にしやすいですよね。バリには欧米からも観光で訪れている人が多いのでインスタグラムでも日本語ではなく「#balicafe」「#cafebali」「#balicafes」「#balifoodies」「#balifood」「#deliciousbali」あたりで検索するとリアルタイムな情報が手に入りやすいです。

山も海も!自然を感じてパワーチャージ

バリ島は寺院だけではなく自然も美しいです。

観光地化されているにも関わらず美しい自然を保っている場所が多く、なにかパワーをもらえるような気がします。

緑鮮やかな「テガラランライステラス」

バリで有名なもののひとつが「棚田」。

英語だと「ライステラス」、つまり”田んぼ”ですね。

天候がいいバリでは1年に2、3回収穫時期があるそうで棚田にはなにかしら植わっている状態がほとんど。


行ってきたのは「テガラランライステラス」。

10

棚田を見ながら食事をできる場所がいくつもあります。

周りにはお土産屋さんも多いです。ここで人気のアトラクションは大きなブランコ!棚田の上空を飛んだ気分になれるそうですよ。

ビーチでのんびり過ごす時間も贅沢

バリは島なのでいくつもビーチがあります。どこのビーチもゆったりとしていて泳がなくてのんびり過ごしているだけでも素敵な時間が過ごせます。
最近流行っているのがビーチにビーズクッションが置いてあるバー。夕日を見ながらお酒が飲めるなんて贅沢!

11

赤道に近い国なので日没時間が1年を通じてほぼ変わらないので夕日鑑賞の時間をスケジュールに組み込みやすいですね。また、朝にはビーチヨガをやっているところも多いので参加してみるのも楽しそう。

バリ旅の計画を立てよう!

今回紹介したのはバリのほんの一部。ほかにも美しい自然、神様を感じられる寺院、インスタ映えするようなお店など様々な魅力が詰まったバリに遊びに行きましょう!2度目、3度目のバリも新しい発見がありそうです。
バリは公共交通機関はなくだいたいいつも渋滞していて移動に時間がかかります。各観光地は離れていることも多いので移動の際には時間に余裕を持つようにするのをおすすめします。人数が4人以上いるようならカーチャーターをしてしまうのも効率よくバリ観光をするコツだと思います。
ちなみにたいていの飲食店では問題ないそうですがいまだに「バリ腹」(水でお腹を壊すこと)があるそうなので生野菜などには注意してくださいね!

この記事を読んだ方は こちらの記事も読んでいます

【バリ島 ブログ】世界遺産に絶景離島!私がどハマりしたバリ島の魅力|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
2018年の年末に、9泊10日でインドネシアのバリ島へ行ってきました!東南アジアのリゾート地として有名なバリ島。実際どんな感じなのか私も行くまで未知でしたが、物価は安い、人は優しい、景色は綺麗。最高でした!サンセットが綺麗なエリアが多いのカップル旅行、新婚旅行にもおすすめの場所です!そんなバリ島で巡った観光スポットをご紹介します。
【バリ島グルメ】ローカルフードから5つ星レストラン。バリ島は激ウマグルメの宝庫でした!|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
東南アジアのグルメって実際どうなの??と思っている方もいらっしゃると思いますが、バリ島は本当にごはんが美味しかったです。ローカルフードは激安で激ウマ、高級グルメも日本よりお安く頂けちゃいます!
【バリ島 ブログ】気軽に行ける!バリ島で大切な人と癒されよう|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
バリ島の旅ブログです。温かい気候、優しい人たち、エメラルドブルーの海と壮大な自然。五感で旅行を楽しめるバリ島はカップルの旅行におすすめです。日本からのアクセスも比較的短く、時差も1時間と忙しいカップルも気軽に旅行ができます。夫と過ごしてよかったおすすめスポットをご紹介します。大切な人と癒されたいという方は是非参考にしてみてください。