【京都デートのおすすめ】最強の縁結びの神社「下鴨神社」

京都通がおすすめする京都デートにおすすめのスポット「下鴨神社」をご紹介!パワースポット「糺の森(ただすのもり」と縁結びのご神木を見ててきました。桜が終わり、京の都は新緑の季節。京都も少し落ち着きを取り戻すこの季節は個人的にデートにぴったりだと思います。

目次

下鴨神社とは

Img 5952 %ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89

京都を訪れたら誰もが必ず訪れる場所「下鴨神社」。恋愛成就の場所としても有名です。

正式には、「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」と言います。
鴨川の下流に祀られている神様というところから「下鴨さん」と親しまれています。


御祭神(ごさいじん)※は・・
※神社に祀られている神のこと。

・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
古代の京都をひらかれた神さま。山城の国一宮として京都の守護神として祀られています。

・玉依媛命(たまよりひめのみこと)です。
古代の京都をひらかれた神さま。山城の国一宮として京都の守護神として祀られ、また「縁結び」「子育て」の神様としても有名です。

世界遺産のパワースポット!「糺の森(ただすのもり)」

世界遺産となっている「糺の森(ただすのもり)」。
下鴨神社に訪れる際には、ぜひ訪れたい場所です。

新緑からのエネルギーチャージが出来るこの時期が一番おすすめです。

去年の台風でここの木々にも多大な被害を被ったものの、本殿は無事というニュースを聞き、「糺の森が守ってくれた」。と思わずにいられない神秘な場所です。

Img 5956 %ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89

「糺の森」は、なんと!紀元前3世紀のころと同じ原生林のまま。
縄文時代から生き続ける広さ3万6千坪の森で、昔は150万坪の広さがあったと伝えられています。

足を踏み入れた途端、空気が変わるのを感じると思います。
シンシンとした静かで神聖な空気。
神々が宿る森と言われているとおり、緑のトンネルからのエネルギーを感じます。

また、四季折々の姿を感じることができる「糺の森」は、京都がどんどん都市化していく中で、子どもたちに自然と触れ合える場所として時代を超えて生き続ける場所でもあるそうです。

”縁結び”にご利益あり?「相生社(あいおいのやしろ)」

Img 0301
Img 0303

ここは是非、彼と2人で訪れて!

相生社(あいおいのやしろ)の御祭神は、「産霊神(むすびのかみ)」。
古代から縁結びの神様として知られています。

ちなみにめでたいことを”相生(あいおい)”というのはここから始まったといわれているそうです。

ここにある御神木(ごしんぼく)こそが、最強の縁結びのパワーをもつ「連理の賢木(れんりのさかき)」です。

この御神木は縁結びのエネルギーが強すぎて、2本だった木が途中からくっついているんです。

これがなぜなのか、いまだに不明で、京都の七不思議にはいるほど。


相生社の参拝方法

せっかく訪れたなら、正式なお参りをしたいものです。
こちらは、縁結びの神様なので、恋愛はもちろん!すべてのご縁の神様。
生活のなかでも良縁に恵まれますように・・ももちろん祈願できます。

①相生社のとなりの授与所で絵馬を購入し、お願いごとを記載しましょ。
②絵馬についている紅白の紐をほどけないようにしっかり結ぶ
③相生社の正面へ

ここからが大事!
④女性はお社に向かって右回り。男性は左回り。でお社の周りを2周歩きます。
その際、お願いごとを心に唱えながら、歩きます。
③そして3周目の途中で、絵馬かけに絵馬を奉納します。
♥彼と訪れたら3周目に一緒に絵馬を奉納してね♥
④お社の正面に戻ったら、二礼二拍手一礼で参拝

で!ここからも大事!
⑤お社のとなりの「連理の賢木」の正面にいくと「御生曳(あれびき)の綱」という紐が左右にあります。その紐を2回ひいて、鈴をシャンシャンします!
♥両サイドに紐があるので、彼と両側から一緒にひいてね♥

これで完璧!

下鴨神社での結婚式

73ea5e15a4f65775acfa37f66075c3b8 s

下鴨神社での結婚式。憧れます♥
縁結びの神様であり、世界遺産の下鴨神社はずっと今の姿のままおふたりを見守ってくれます。
いくつになっても記念日に訪れられる最高の場所になることまちがいなしです♥

下鴨神社の結婚式

まとめ

下鴨神社へ訪れる際は、南側の「糺の森」の参道からお散歩してください。
南側には、美麗の神「河合神社」があります。
「鏡絵馬」に自分のメイク道具でお化粧をして、なりたい自分の願いをこめて奉納する。
とても有名ですが、是非おとずれてくださいね。

次回は、下鴨神社のかわいいお守りたちを綴りたいと思います。