軽井沢旅行の思い出がワンランクあがる休憩場所!スペシャルティコーヒーの先駆け丸山珈琲本店に行ってみた

今都内でも大流行中のスペシャルティコーヒー。その先駆けとなった軽井沢生まれのコーヒー専門店「丸山珈琲」は軽井沢に行ったら一度は訪れたい場所だ。カップル旅にはつきものだが、おろそかにしてしまいがちな「休憩」。実は休憩場所にこだわることで、旅の満足感は格段にアップする。独自の焙煎技術によって焙煎された高品質のコーヒーと、食べ応えのあるスイーツが、僕らの旅をグッとワンランク上へと押し上げてくれた。

目次

「休憩場所」にこだわることで旅の満足感はUPするはず!

旅にはつきものだが、おろそかにしてしまいがちなモノがある。

それは「休憩」だ。パートナーとの旅行は、同じ空間、時間、出来事を共有し、関係をより深く、特別なものにする。そのパートナーとの休憩を、どこでするかで、その旅の深みや満足感が決まってくる。

S  18980889

例えば、ずっと行きたかった美術館に出かけたとする。

素晴らしい作品と雰囲気に満足し、たっぷりと余韻を残したまま美術館を後にする。

車に乗り、さあ、お茶でもして、この素晴らしい気持ちを語り合おうとする時にどこでも食べられるファーストフード店に入ることを提案しおうものなら、美術館で見た数々の名画の余韻は消え失せ、パートナーは引く。w

「コンビニ行く?」も同様である。

筆者もうっかりこの発言をし、パートナーを幻滅させてしまった経験がある…

軽井沢に来たら【丸山珈琲】という隙のない選択肢を

S  18980871

軽井沢駅から車で5分程度、自転車でも来られる場所に丸山珈琲本店はある。
入り口にはレトロで可愛くも風格のある看板が。

1991年創業以来、地元軽井沢をはじめ多くの人から親しまれている丸山珈琲。
軽井沢周辺には、ここ「本店」のほかにもハルニレテラス店と小諸店・焙煎工場がある。
長野県内にも数店舗展開し、鎌倉や表参道、西麻布などでもその味を楽しめるようになった。

ここ本店は丸山珈琲始まりの場所。そんな歴史と想いを感じる風貌だ。

S  18980873

彼女も、入りから満足そうな顔をしている。よしよし、今回は幻滅されることはなさそう。

S  18980872

今回僕たちは車で訪れたが、自転車で来ることもできる。
別荘をお持ちの方々や、レンタルサイクルなどで軽井沢散策をする人にも優しい作りになっている。

次回は自転車で来るのもいいな…そんな気持ちにさせてくれるのも、丸山珈琲の持つ魅力だろう。
野の花々も夏の爽やかな風になびき、更に気持ちは高まっていく。

S  18980874
%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2 190815 0046

本店は全体的にとてもクラシカルな雰囲気だ。
元々ペンションのダイニングを改装して始まった丸山珈琲。その雰囲気がそのまま楽しめる。

玄関の雰囲気は、まるで知人の家を訪ねたかのようなアットホームな暖かさだ。
木のぬくもりや、陶器の雰囲気が気取らず、僕たちを迎え入れてくれる。

S  18980875

店内に入ると、カフェスペースと珈琲の販売スペースに分かれていた。
まずはカフェスペースでお茶をして、帰りに気になったものを買おうね!
と顔を見合わせて、カフェスペースへと足を踏み入れた。

香り高い高品質のコーヒーと、しっかりとしたスイーツのマリア―ジュを楽しむ

%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2 190815 0042

メニューは、もちろんコーヒー。飲みやすいものから、高級豆まで、こだわり抜かれたコーヒーがずらり。

彼女に、いい格好しようとコーヒーを知ったかぶろうとしたが…
一番美味しいモノが飲みたくて結局、店員さんに聞いてみた。

「ここでしか飲めないコーヒーはどれですか?」

と…。

本店でしか飲めないコーヒーや、丸山珈琲だからこその一杯をご紹介いただき、
僕はその中でも気になったアイスコーヒーをオーダー。

S  18980877
S  18980878

さらに彼女はデカフェ(ノンカフェインのコーヒー)が気になったようで、質問攻め。

熱心にどうやってカフェインを取り除くのか、その工程を一生懸命話してくださる店員さんに感激し、彼女はこちらのデカフェのコーヒーをオーダー。

しかもこちらのディカフェはかなり、コーヒーに近い風味を生かしたそうで、店員さん曰く「コーヒーの概念が変わるかもしれないです♪」とのこと。

飲んでみると確かに、ディカフェとは思えないほどコーヒーの味がしっかりしている。店員さんの一言も頷ける!

S  18980888

そして、ここで驚いたのが、コーヒーはもちろんだがスイーツも種類が充実しており、さらにボリュームがあるということ。

彼女は季節限定のレモンタルト、僕は定番のロールケーキを注文。
(といってもどちらも彼女の食べたいもので、シェアという概念で僕の食べたいものはこの選択肢に採用されないことが多いのだが…w)

S  18980883

ロールケーキをパクリ。そしてコーヒーを一口。
またケーキをパクリ。コーヒー、一口。

パクリ。
コーヒー。
パクリ、パクリ…

ここで食べるスイーツは、非常に食べ応えと満足感がある。
そしてそのスイーツとコーヒーの調和は最高だった…

コーヒーはもちろん、このマリアージュを楽しみに全国からお客さんが絶えないのだと確信。

S  18980891

上質な休憩は2人の思い出を、さらに特別にしてくれる

旅は、非日常。

しかし休憩場所は気を抜きがちだ。

非日常の中に「超日常」を選択しすぎると、旅の思い出も冷めてしまい、特別感は半減する。
しかし今回の丸山珈琲は、それまでの思い出を冷まさず、2人の関係をさらに温めてくれた。

%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2 190815 0048

帰り際、カフェラテベースのお土産を購入。
帰ったら一緒に飲もうね、と約束。

きっと帰ったら2人でソファーに座り、軽井沢の思い出を
語りながらこのカフェラテを飲む、良い時間がやってくるだろう。

思い出だけではなく、もしかしたら次の旅行へと
話が広がるかもしれない。


丸山珈琲での休憩は、ただ満足感を得られるだけでなく
僕らに少し先の「良い時間」も約束してくれた。

%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2 190815 0049

【丸山珈琲 軽井沢本店】
住所:〒389-0103 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1154-10
最寄駅:軽井沢駅から車で5分/徒歩20分
Tel / Fax:0267-42-7655
駐車場:有(15台)※ 店内は禁煙とさせていただいております。