イギリスのイングリッシュガーデン堪能イベント!「Chelsea in Bloom」

イングリッシュガーデンが有名な春のイギリス。ロンドン中がお花でいっぱいになる春のイベント「Chelsea in Bloom」をレポートしました。有名ブランドのお花のディスプレイをご紹介します。

目次

はじめに

イギリスから、こんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。

冬が終わる5月頃ロンドンではイングリッシュガーデンの季節を迎え、世界最大級のガーデニング選手権「Chelsea Flower Show」が開催されます。それに合わせ始まるのがロンドン中がお花に包まれるイベント「Chelsea in Bloom」。季節限定のイベントですが、たくさんのお花に華やぐこの時期の観光はおすすめです。そんなロンドンの春のオススメのイベントをご紹介します。

余談ですがイギリスは春といっても小雨が降ったり、夜は少し冷えるので、防寒はマストです。おすすめの服装を知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

春のイギリスファッションの記事▼

ガーデニング選手権”Chelsea Flower Show”

Img 2905

毎年5月末に英国王立園芸協会(RHS)の主催で行われる、いわば世界最大級のガーデニング選手権”Chelsea Flower Show”があります。その大きなお花の祭典と合わせて催されるのが”Chelsea in Bloom”。毎年異なるテーマを基にして1週間街中をお花でいっぱいに飾るイベントです。20店舗以上ものお店と、レストランそしてホテル約90箇所がこのイベントに参加しています。またその作品から審査員がベストディスプレイ賞を選び、期間中に発表されます!

見るところ多め!歩きやすい靴で出かけよう

Img 2907

”Chelsea in Bloom”のメインとなる会場は、スローンスクエア(Sloane Squares)です。周辺の通りにあるお店がお花を飾って競い合ってます。ポップアップバーや案内所が設営されるので地図はこちらに置いてあります。スローンスクエアから放射線状にいくつも通りがあるので端から端までくまなくまわるとかなり歩きます。オシャレもしたいけれど歩きやすい靴がいいかもしれません。

今回は地図の上端ナイトブリッジ(Knightsbridge)駅からスローンスクエアに向かうスローンストリート(Sloane Street)をメインに紹介します。このストリートは世界的に有名でお洒落なハイブランドのお店が立ち並ぶ通りです。それではお花で彩られたお店をみていきましょう!

お花で彩られたお店の様子

赤と白の情熱的なディスプレイ!DOLCE&GABBANA

Lrg  dsc2275

赤と白のお花が散りばめられた情熱的ディスプレイ。ファッションやアクセサリーで斬新かつ大胆エレガントなデザインを発表する「DOLCE&GABBANA」。その魂がここにも活きているような気がします。

海がテーマとなっているお店

今年は海がテーマとなっているお店が多かったです。お花で作られた海の生物たちの色使いがすごく美しく、一層際立っていました。

Lrg  dsc2276

BLGALIはテーマの「under the sea」らしく、お花でお水の中を泳ぐ魚を上手に表現されてました。お花で表現された海底の様子も色合いが上品で素敵でした。

Lrg  dsc2272

こちらはグラデーションの美しいタツノオトシゴ。今年「ユニコーンカラー」という色合いが流行りましたよね。その色合いが連想されます。

Lrg  dsc2287

Loro Pianaも、海の中の世界を表現しています。こちらは赤や黄色、オレンジなどの暖色系の色味が使われていてまるでリゾート地の熱帯魚のようです。

Lrg  dsc2327

華やかな通りで大きく目立っていたタコたち。お店にへばりつく感じが本物の動きそっくりです。

ネイルサロン「Nail’d it」は可愛い仕様に

Lrg  dsc2297

Nail’d itというネイルサロンでは、女の子が喜ぶ淡い色合いのバラでロンドンといえばの電話ボックスを飾ってありました。可愛い!

マネキン洋服と合わせた!CHANEL

Lrg  dsc2318

世界中の誰もが知っているCHANELのマーク。おしゃれにお花でつくられてました!他のディスプレイに比べるとシンプルなように見えますが、後ろのマネキンの洋服とも絶妙にマッチしていて、とてもかっこよかったです。

2019年のベストフローラルディスプレイ!Hackett

Lrg  dsc2322

続いて、どーんと大きなお花とお店のマネキンで海の中を表現しているHackett。こちらが2019年のベストフローラルディスプレイに選ばれました!こちらも海の世界をお花で表現しています。海の表現だけではなく、ダイバーが花の世界に迷い込んだようにも見えるのは私だけでしょうか。私も一緒に迷い込んでお店に入ってしまいそうです。(笑)

Lrg  dsc2328

続いてスローンスクエアから地図左手へ進みサイモンズストリート(Symons Street)とパビ
リオンロード(Pavilion Road)へ。シャチのオブジェがお出迎え。

カッコイイと可愛いがミックスされた「kate spade」

Img 2908

女の子が大好きなkate spadeは可愛らしいフォトブースになっていました。可愛らしさの中にもどこか”媚びない”強さのあるデザインが気に入りました。

Lrg  dsc2349

お店の中までお花で飾られています。鮮やかな洋服を着たマネキンとの相性も抜群です。洋服の色味に負けじとお花も美しく咲いているような印象です。

高級スーパー「Partridges」

Lrg  dsc2346

王室御用達の高級スーパーPartridgesの前には、お花が盛り盛りの自転車が!

Img 2214

お店を覗くと、Partridgesオリジナル商品にChelsea in Bloom限定がずらりとありました。紅茶やエコバッグなどお土産を選ぶにはぴったりのお店です。

Lrg  dsc2350

ここにもタコが。吸盤までしっかり表現されていて独特な雰囲気を醸し出しています。レストランで休憩するのもお花に囲まれて楽しそう。

Lrg  dsc2354

キラッキラなフォトブースになってるディスプレイも。スローンスクエアから西へ行くとキングスロード(King’s Road)があります。こちらもファッショナブルなお店やレストランが立ち並ぶ通りです。

個人的お気に入り!「Rabbit」

Lrg  dsc2342

Rabbitというお店の飾りが私のお気に入り。草花と一緒に貝殻が吊り下げられていてとても素敵でした。

ガイコツ君もイベント参加!?キールズ

Lrg  dsc2335

青系のお花をあしらった落ち着きのあるディスプレイ。よく見るとキールズおなじみのガイコツくんはマーメイドに変身!ガイコツ君もちゃんとイベントに参加しているようです。

日本の花魁イメージ!?Sticks’n’sushi

Lrg  dsc2341

Sticks’n’sushiには日本風な大きなディスプレイが!着物(?)の民族衣装の鮮やかで独特な色合いもお花で見事に表現されています。

最後にメイン会場となるスローンスクエアのお花もご紹介。

Lrg  dsc2364

クジラやイルカ、クラゲ、カメなどダイナミックなお花が飾られています。まさにUnder
the Sea!な世界観でした。

短い春のお祭りを是非!

参加店が多く全てのストリートとお店をご紹介出来てませんが、Chelsea in Bloomは春の
訪れを感じる5月末限定のもので、期間は1週間と、とても短いですがロンドンの素敵な町
並みを眺めながら楽しめる春のイベントです!

その他にもイギリスのブログをたくさん書いています。特に私は紅茶が大好きなのでアフタヌーンティーやカフェ情報が充実!是非ご覧ください。

イギリス在住ライター志桜里のブログ一覧▼