パリで大人気のクレープ店!彼も大満足のボリューム

ハネムーンや旅行でパリに来て、おしゃれなフレンチを食べるのも素敵ですが、地元の方に愛されている「クレープ」でお腹を満たしてみるのはいかがですか?フランスクレープの醍醐味は、「スイーツ系」と「食事系」のどちらも美味しくいただけること。今回は、彼のお腹もしっかりと満たしてくれる「食事系クレープ」が大人気のクレープ店「AU P’TIT GREC(オ・プティ・グレック)」をご紹介します。

目次

はじめに スイーツの都パリで食べたいクレープ

パリには、色とりどりのマカロンやチョコレート、焼き菓子など目移りするほどの甘くて美味しい世界がたくさん広がっています。ただその中でも忘れてはならないのが、クレープ。言わずもがな、クレープはフランス発祥のスイーツです。甘いクレープをたっぷり頬張る時間はなんとも至福のひとときですが、パリのクレープは「食事系」も外せません。パリに来たのなら、ぜひ1つでお腹が満たさせるがっつりクレープも堪能してみましょう!

今回は、そんな「お食事系クレープ」でも大人気、地元パリっ子が行列に並んででも食べているクレープ店「AU P’TIT GREC(オ・プティ・グレック)」へ行って来ました。

カルチェラタンにあるクレープ店「AU P’TIT GREC」

Img 8188

パリの中で最もパリらしいと言われている5区のカルチェラタンにある、パリっ子に愛されているクレープ店「AU P’TIT GREC(オ・プティ・グレック)」。カルチェラタンはソルボンヌ大学を中心に栄えてきた学生街のようなところです。中でもこのお店があるムフタール通りは「パリの胃袋」とも言われている場所で、世界各国の多国籍な食事を手頃に楽しめます。きっと、世界中から集まった留学生たちの胃袋はここで満たされてきたんでしょうね。そのムフタール通りにあるのが、今回ご紹介するクレープ店「AU P’TIT GREC」です。

基本は行列覚悟!より空いている時間は?

Img 7919

これまでもここのクレープを何度も食べたいと思いつつも、足を運ぶたびに行列が出来ていました。

Img 7918

行くたびにこの光景が広がっています。ムフタール通りを歩いていても、ここだけひときわ混雑しているため、すぐにお店が発見できるほど。ただ、日曜日の14時頃に行ってみたところ、いつもよりも行列がぐーんと短くなっていました。

Img 8189

人気はやっぱり食事系

Img 8190

クレープといえば、甘いスイーツというイメージですが、ここではボリューム満点のお食事系クレープが大人気。

Img 8191

学生たちの胃袋を満たしてきただけあり、お値段はどれも7ユーロ以下とパリでは破格の値段でお腹いっぱいになれるのもこのお店の魅力です。種類もメニュー表をご覧いただければわかる通り、とっても豊富。

一番人気のクレープはこれ

Img 8195

こんなにメニューがあるなんて、何を食べればいいか迷っちゃうという方にオススメなのが、一番人気の「La Galette du Chef(6ユーロ)」。中にはハム、モッツァレアチーズ、サラダ、トマト、玉ねぎが入っているベーシックタイプで、初めて来た方の大半がこちらを注文するんだとか!

目の前で焼いてくれます

行列ができる要因の一つは、注文から一つ一つ丁寧に焼き上げてくれるから。目の前で焼きあがる様子を見ながら待つ時間もまた、食欲が増して来ますよね!

驚くのはそのボリューム

karina_mulatka

想像していた可愛らしいクレープ…とは少しかけ離れたボニュームに、きっと驚くはず!
もちろん「食事系」だけではなく、「スイーツ系」もチョコレートがあふれんばかりの量です。

焼きたてをいただく美味しさ

Img 8195

出来立てのカリッとした生地、そして時間が経つごとにふんわりしてくるその食感。さすがチーズ大国フランスなだけあって、少し塩みのきいたチーズの味わいがどんどん食欲をそそります。

ただなんせこのボリューム。少食の女性は一つ丸ごと食べられないことも考えられます。
もしムフタール通りで食べ歩きをするのなら、彼と二人で仲良くシェアして食べてもいいかもしれませんね。

広場で食べるのがおすすめ

Img 8192

お店の横にはこじんまりとしたイートインスペースが設置されていますが、行列を作るお客さんの数には到底見合わない数…(笑)ここで食べられるのは、運が良かったらと思うのがベストかもしれません。ただここはなんといってもパリ。パリっ子は外で食事をするのが本当に好きです。それは外食という意味ではなく、本当に「外」!「AU P’TIT GREC(オ・プティ・グレック)」から歩いて2分ほどのところには広場があります。

Img 8042

ここで腰をかけてこのクレープを食べている人もいますし、食べ歩きをしながらカルチェラタンを見て回るのもいいですね。

近くにはパンテオンも

Img 8182

カルチェラタンといえば、見逃せない観光地がパンテオンです。パンテオンとご紹介したクレープ店は歩いて7〜8分の距離ですから、ぜひこの辺りに来た際には立ち寄ってみることをおすすめします。

AU P’TIT GREC(オ・プティ・グレック)インフォメーション

■住所:68 Rue Mouffetard, 75005 Paris
■営業時間:11時00分~0時30分
■定休日:なし
■電話番号:+33 1 43 36 45 06

Menu – AuP'tit Grec
AuP'tit Grecの公式サイト「英語メニュー」