ファッションの街パリの「イブ・サンローラン美術館」

ファッション好きの男女におすすめ!「イヴ・サンローラン美術館」。小さいながらも見ごたえのある展示が楽しい美術館です。ファッションブランドのお店が多く立ち並ぶ、モンテーニュ通りからも近いので、観光やショッピングの合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

目次

Musée Yves Saint Laurent Paris(イヴ・サンローラン美術館)へ

1

メトロ9番線Alma-Marceau(アルマ・マルソー)駅近くにある「イヴ・サンローラン美術館」。以前は、メゾンの本社として使われていた素敵な邸宅が、その場所でエントランスの階段を上がると、シャンデリアのあるサロンが出迎えてくれます。

サンローラン直筆のスケッチやデッサンの展示

2

デザイン画やファッションショーの資料が展示されているスペースから見学スタート。有名なモンドリアンルックなど、デザインの裏側を知る事ができます。

3
4

有名なモンドリアンルックのワンピースや、生地見本が貼られた資料や、当時のショー会場の図面などから、デザインの裏側を知ることが出来ます。

華やかなドレスの部屋へ

5

特に女性が憧れる部屋ではないでしょうか。輝く美しいドレスにうっとりします。展示数は多くはないですが、そのぶんじっくりと鑑賞できます。

6
7

他の部屋に比べて、この部屋は明るいので、ドレスの生地や素材など細かいディティールまで間近ではっきりと見ることが出来て感動!

「ピエール・ベルジェ」と「イヴ・サンローラン」

8

ピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン財団によって設立された、こちらの美術館。ファッション、コスメなどで大変有名な「イヴ・サンローラン」。そんな彼をビジネス面で精神的に支えたのが「ピエール・ベルジェ」。「イヴ・サンローラン」の店舗があちこちのデパートで見られ、その名が後世も語り継がれているのは彼の支えのおかげでもありました。

9

長年のパートナーのピエール・ベルジェとイヴ・サンローラン、二人についてのビデオ上映があります。フランス語と英語字幕の両方がついています。

私の一番のお気に入り!「イブ・サンローラン」のアトリエ

10

中庭に面した窓があり、明るい雰囲気のアトリエは作業中の様子をそのままに、当時の雰囲気を感じられる嬉しい空間です。

11
12

机に置かれた小物や、壁に貼られた写真など、見ているだけでワクワクしました!

アーカイヴ&ビジューコレクション

13

半地下には、今までのコレクションを紹介するビデオ・アーカイヴスペース、そしてビジューコレクション、書籍などのブティックがあります。

14
15

小さな美術館なので、ゆっくり見ても1時間程あれば充分です。最初に案内されるサロンの奥に、コインロッカーも設置されているので便利。少ない時間でどこに行くか迷った時やショッピングの合間に訪れるのもいいかもしれません。

■名前:Musée Yves Saint Laurent Paris
■住所:5 Avenue Marceau, 75116 Paris