【漫画】第43話:スウェーデンの陶器街グスタフスベリ➂『HEJ!from SWEDEN』

スウェーデンの陶器街、グスタフスベリで買い物中のカップル。北欧雑貨が好きな方なら一度は聞いたことのあるブランドが登場します。北欧雑貨の中でもデザイナーさんによって様々な世界観があり、ひとつひとつが特徴をもっていてとっても可愛いんです。スウェーデンに行ったら是非チェックしてくださいね!

目次

はじめに

スウェーデンの陶器街、グスタフスベリには世界でも有名なスウェーデン出身の陶芸家・デザイナーがデザインした雑貨や陶器もたくさんあるんです!一口に北欧雑貨といってもデザイナーさんによってとても個性的で、ひとつひとつ特徴があります。かなり独特なものもありますが総じて「北欧雑貨らしい」となるのがとても不思議です。個人的に感じる一つの共通点はその作品を見るとホッコリする…という感じがします。前回も話したように、「太陽」の役割を果たす北欧デザイン。そんな北欧雑貨の魅力をどうぞ感じてください!

また、①、➁をまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ▼

「スウェーデンの陶器街グスタフスベリ①」はこちら▼
「スウェーデンの陶器街グスタフスベリ②」はこちら▼

本編

Resoco43 1

(※)リサ・ラーソン…スウェーデン出身の陶芸家。詳しくは下をご覧ください。


Resoco43 2


Resoco43 3

(※)リンドベリ…スウェーデン出身の陶芸家。詳しくは下をご覧ください。

Resoco43 4

「リサ・ラーソン」について

スウェーデンの陶芸家「リサ・ラーソン」。日本ではしましまの猫のデザインが有名です。グスタフスベリ社のデザイナーをしながら才能を開花させ、以後はフリーランスとして多くの会社とコラボレーション作品も作りました。独特の世界観の中作られる動物のデザインが有名で、デパートや個展などで頻繁に見かけるほど、日本でもポピュラーなデザインとなっています。

「リンドベリ」について

スウェーデンの陶芸家「スティグ・リンドベリ」。グスタフスベリ社の専属デザイナーとして北欧ブームに貢献してきました。可愛い見た目もさることながら、機能面も追及したデザインは世界中の方々から愛されています。世界的にも有名ですが、スウェーデン家庭においてもテーブルクロスやマグカップなど日常的に使用されています。

【お知らせ】Aikoさんが書籍を出版しました

Banner mannga

『HEJ!from SWEDEN』の作者Aikoさんが著書を出版しました。Aikoさんから見たスウェーデンがとってもシュールで面白いです。海外で暮らすのは大変だけれど、新しいお友達やくまさん(笑)との生活の中で、人間として筋肉質になっていくAikoさんの様子が分かり、とてもハッピーな気持ちになります。よかったら是非ご覧ください!

購入サイト▼