海外のお祝いカタチ【リスト・ド・マリアージュ】を結婚式に取り入れる方法!

式当日、結婚祝いとしてゲストが新郎新婦にご祝儀を贈るのが一般的ですが、欧米の結婚式では定番の「リスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)」に注目してみましょ!新郎新婦が作った“ウィッシュリスト“の中からプレゼントを選んで贈るというお祝いの方法♪どんなふうに行うのか、日本で取り入れるにはどのように進めていけばいいのか、魅力がたくさんのリスト・ド・マリアージュについてご紹介。

目次

リスト・ド・マリアージュとは?

Fotolia 134050922 xs

『リスト・ド・マリアージュ(List de Mariage)』とは、フランス語で“結婚のためのリスト“を意味し、結婚式でご祝儀をいただく代わりに、新郎新婦が結婚祝いとして欲しいものをリストアップしたウィッシュリスト(Wish List)を公開し、ゲストがその中から自分の予算に合ったものを選び、新郎新婦にプレゼントをすること。

日本の結婚式ではゲストが新郎新婦にご祝儀を贈るのが習慣ですが、ご祝儀を包む習慣がない欧米は、式当日に新郎新婦へプレゼントを贈ることが一般的なため、リストドマリアージュを活用されている。

国によって呼び方が違う!?

■フランス:リスト・ド・マリアージュ(List de Mariage)

■アメリカ:ウエディングレジストリ(Wedding Registry)

■イギリス:ウエディングリスト(Wedding List)

■イタリア:リスタ・ディ・ノッツェ(Lista di Nozze)

■ スペイン:リスト・デ・ボダ(Lista de Bodas)


“リスト・ド・マリアージュ“はフランス語ですが、このように各国によって呼び方が違い、各国に幅広く取り入れられている風習。

海外のリスト・ド・マリアージュはどのように進めている?

リストドマリアージュは、新郎新婦がインテリアやキッチンショップ、デパートなどにあらかじめウィッシュリストを渡して登録し、ゲストに送る結婚式の招待状にそのショップを記載。ゲストたちは友人たちはそのショップに出向き、リストの中から贈りたいものや自分の予算に合わせてお店の方にプレゼントを選んでもらうというのが一般的でした。

時代とともに変わっていき、現在はインターネットで行うのが一般的に。ウィッシュリスト作成機能のあるショッピングサイトに登録し、結婚式の招待状にそのURLアドレスを記載。ゲストは記載されたネット上で購入し、支払いもweb上で済ませて、証明書をプリントアウトして披露宴に持っていくという方法。贈る側もお店まで足を運ばなくてすむようにと便利になっている。

リスト・ド・マリアージュの魅力

Fotolia 133478470 xs

魅力①自分たちが欲しいものをプレゼントしてもらえる!

新生活を始めるにあたって自分たちが“今、欲しいもの・必要なもの“をプレゼントしてもらえるのは合理的で何よりも嬉しい。欲しいものはたくさんあるけれど、新郎新婦からプレゼントをリクエストするのはちょっと…。ですが、結婚祝いの品を贈る側は二人にとって本当に欲しいものを贈りたいもの。「これはもう持っているのかな」「好みに合わなかったらどうしよう」など、あちこちのお店を回ったりすることなく、プレゼントを悩まずに選ぶことができるので、ゲストにとっては安心◎

魅力②プレゼントが重ならず安心!

欲しいものをリストアップしたウィッシュリストを公開することで、贈る人同士が共有することができる。誰かとプレゼントが重なったりすることなく用意できるのでゲストにとって安心。

魅力③ゲスト側も予算に合わせて選びやすい!

日本の結婚式ではゲストが新郎新婦へご祝儀を贈るのが一般的ですが、ご祝儀だとおおよその相場が決められているため、ゲストにとっては出費が気になるところ。リストドマリアージュなら幅広い価格帯のアイテムのラインナップを用意することができるので、贈る側が自分の予算に合わせて選びやすい。高価なものを数人で一緒に購入したりと、友人や家族同士で出席するゲストによっても嬉しい。親しい人だからこそ気軽に来ていただきたいという方にははオススメ!

こんな結婚式にオススメ!

■海外ウェディング
■カジュアルなウェディング
■1.5次会・帰国後のお披露目
■少人数ウェディング

リストドマリアージュを取り入れるなら、格式高いウェディングよりも、カジュアル志向のウェディングや海外で行うウェディングなどがオススメ。結婚式のご祝儀や会費は無しで、ウィッシュリストの中から予算に合わせて選んでプレゼントしてほしいと、その旨を伝えておきましょう。

リスト・ド・マリアージュの進め方

Fotolia 131159081 xs

①【オンラインでウィッシュリストを作成&招待状に記載】
・以前までは直接お店に出向いてリストを作っていたが、今ではウィッシュリスト作成機能のあるショッピングサイトが便利。欲しいものを選んでリストアップして、結婚式の招待状にそのサイトのURLアドレスを載せて送りましょう。



②【結婚式前に、ゲストが新郎新婦に贈りたいものをリストから選んで購入】
・ネット上でアイテムの選択と購入が可能。すでに誰かが選んだアイテムは購入できなくなっているか、リストから削除されているので、プレゼントがかぶることなく購入できる。



③【後日、新郎新婦の元にゲストからのプレゼントが届く。】
・結婚式前後に届く。式当日荷物が多くならないというメリットも。

ウィッシュリストのプレゼントの選び方

■カップ&ソーサーセット
■コーヒーメーカー
■ワイングラスセット
■鍋
■電子レンジ
■冷蔵庫
■アイロン
■食洗機
■その他家電・食器類


ウィッシュリストに載せるものは、主に新生活に必要な日用品などが一般的。数千円〜数万円のものまで、アイテムと金額を幅広くリストアップしておきましょう。

少人数ウェディングだったらこんな方法も!

少人数の結婚式なら、オンラインのウィッシュリストを使わずに招待状にウィッシュリストも一緒に送るというのも1つのアイディア。プレゼントがかぶらないように、親族は家電・友人は食器など、わかりやすく分けておくのがGOOD。

まとめ

ちなみに欲しいものリストの“ウィッシュリスト“は、結婚祝いだけでなく、誕生日や出産祝いなどに幅広く取り入れられて、ちょっとしたお祝いや特別な日にもオススメ。

日本ではあまり馴染みのない習慣ですが、ご祝儀を包むとは違った“贈り物を選んで贈る楽しさ“があり、そして今本当に欲しいものを受け取れて合理的。新郎新婦もゲストもプレゼントを通じてみんなが幸せな気持ちになるリスト・ド・マリアージュを、結婚式で取り入れてみませんか**?