新婚旅行は金沢!気になる費用、おすすめホテル&観光スポットをご紹介♡

北陸新幹線が開通し、観光地としてさらに人気を集めている『石川・金沢市』は、国内の新婚旅行先としても人気!気になる金沢旅行に必要な費用や移動時間、ハネムーンや結婚記念日などにおすすめの宿やホテル、金沢の人気観光スポット、必ず食べておくべき金沢のご当地グルメ(名物料理)までたっぷりご紹介します。昔ながらの街並み、ゆったりできる温泉、新鮮で美味しい海の幸。1泊2日でも2泊3日でも十分満喫できる場所です♪

目次

金沢ってどんなところ?

Fotolia 144491676 xs

石川県のほぼ中央に位置する金沢市は、人口約46万人の都市。山も海も、有名な浅野川もあり、わき水も多く、美しい自然に恵まれています。

古くから伝わる能楽、加賀万歳などの伝統芸能、加賀友禅染めや金沢箔、九谷焼の工芸品など、金沢ならでは伝統を体験でき、地元の素材をたっぷり使った石川ならではの美味しいグルメなど、魅力あふれる金沢は、1年通して国内外問わず多くの観光客でにぎわいを見せています。

気候は?

湿度の高い金沢は、漆塗りや金箔製造の工芸品作りに適した街。春・夏は晴れて暖かくなりますが、冬は曇りか雨が多いです。日本海側に位置しているので雪もたくさん降ります。

金沢までの移動時間はどのくらい?

Fotolia 84761955 xs

■北海道から
新千歳空港:約1時間35分
新幹線:約4時間10分

■東京から
羽田空港:約1時間
新幹線:約2時間55分

■名古屋から
新幹線:約2時間30分

■大阪から
新幹線:約2時間44分

■福岡から
福岡空港:約1時間20分
新幹線のみ:約5時間16分

金沢旅行でかかる費用とは?

Fotolia 123614669 xs

金沢旅行の予算の大半を占めるのが「新幹線or飛行機チケット代」+「宿泊代」です。

それ以外に、
■現地でのレンタカー代
■食事代
■おみやげ代
■観光スポットの入場料金や体験料

などの費用がかかってきます。

大手旅行会社の宿泊プランを使って、お得に旅をするのも手!

旅行会社の「パッケージツアー」の内容例
■往復新幹線代 or バス代 or 飛行機代
■宿泊代
■食費
■レンタカー代
■アクテビティ代など

早めに予約をすると割引できるプランもあるので、各旅行会社のHPをチェックしてみると良いです♪

カップルにぴったり!おすすめのホテル・宿泊施設

Fotolia 74751136 xs

加賀屋

「泊まってみて良かった旅館」で堂々の1位を誇る加賀屋は、お出迎えから客室の案内、お見送りまですべてひとりの仲居が担当し、小さな気配り心配りを大事にしている老舗旅館です。

加賀屋

さかえや

自然が豊かな山あいにひっそりと横たわる湯涌温泉。「さかえや」は昔から“金沢の奥座敷“として人々に親しまれてきた上質な宿。人気の露天風呂付きのモダンなお部屋で、湯涌の山並みを眺めながらゆっくりと温泉に浸かることができます。

さかえや

ホテルパシフィック金沢

繁華街から好アクセスのカジュアルホテル。落ち着いた客室、おしゃれなカフェスペースなどの充実した設備でありながら、リーズナブルな価格で宿泊できます。宿泊代をお安く抑えたいふたりにオススメです♪

ホテルパシフィック金沢

由屋るる犀々(ゆうやるるさいさい)

金沢の数々の観光地にほど近い場所にありながら、静かでのんびりとした時間を過ごせるホテル。6階の展望風呂からは金沢市内の風景が望めて開放的です。お食事は能登の郷土料理をはじめ、加賀の美味い懐石料理を堪能できます。

由屋るる犀々

すみよしや

金沢ならではの外観が印象的な長い歴史を持つ「すみよしや」は、気軽に歩いて観光スポットを回ることができます。昔ながらを感じさせる館内には、和空間が広がる客室、疲労回復の効力のある湯が沸く内湯、四季折々彩る中庭を望む食堂などがあり、ゆったりと過ごせます。

すみよしや

必ず行くべき!おすすめの観光スポット

Fotolia 99308986 xs

ひがし茶屋街

浅野川の川岸に、江戸時代にタイムスリップしたかのような古い街並みがあります。古風な雰囲気が漂い、1つ1つの建物の造りが素敵なので、記念撮影をする観光客が多くいます。

兼六園(けんろくえん)

日本三名園(水戸の偕楽園、岡山の後楽園)のひとつで、金沢といえば兼六園という有名な庭園で、年間を通して多くの観光客が訪れます。四季によって様々な表情を見せ、見る人を楽しませてくれます。秋の紅葉はとても風情があり、冬の雪吊りは見応え十分です。

兼六園

妙立寺(みょうりゅうじ)

一見、普通のお寺さんのように見えますが、隠し部屋、隠し階段、落とし穴、物見台などのいろいろな仕掛けが施されていて、すべての部屋と階段が迷路のような複雑な建築構造となっています。見所も多く、和風なテーマパークのような感じでしょうか♪大人も子供も楽しめる「忍者寺」の名で親しまれています。

妙立寺

近江町市場

昔からあるこの市場は”金沢の台所”と人々から親しまれてきました。金沢近海で獲れた鮮魚や海産物、加賀野菜などが集まります。所狭しとお店が並び、人情あふれる市場の人々にほっこり気分に♪

近江町市場

金沢駅

金沢は雨や雪が多い場所。駅を降りた人々のために大きな雨傘をさしだすイメージで造られたガラスドームが、訪れる人々をもてなします。

目の前には「鼓門(つづみもん)」が立派にお出迎え。伝統芸能の”加賀宝生”の鼓をイメージした脚の柱に、緩やかな屋根をつけたものです。ここで記念撮影する定番スポットなので、ふたりのハネムーンの記念に1枚撮ってみてはいかがでしょうか♪

金沢駅

美食を堪能!おすすめのご当地グルメ

Fotolia 129340638 xs

■能登丼
食材はもちろん、器から箸まですべて能登産のものを使った丼ぶり飯。海鮮も丼からあふれるくらいボリューミーです!

■治部煮(じぶに)
鴨肉、鶏肉の切り身に片栗粉をまぶして、麩やセリなどの野菜をダシで煮込み、わさびを添えていただく。石川県では祝いの席には欠かせない郷土料理です!

■のどぐろ
本当は「赤むつ」ですがのどが黒いことから、石川県では「のどぐろ」と呼ばれています。水揚げ量が少なく、幻の高級魚なんだとか。身はやわらかく脂が乗っているので、トロと変わらない味わいを楽しめます。

■香箱カニ丼
メスのズワイガニを「香箱ガニ」といい、珍味で知られる外子や内子を使い、カニの身をあふれるばかりに使った人気ご当地グルメのひとつ。贅沢すぎるどんぶりをぜひ食べてみてほしいです。

■金沢カレー
金沢カレーとは、金沢市近郊で作られるご飯の上にドロっとカレールーをかけ、その上に千切りキャベツととんかつを乗せたカレーのことです。テレビでも紹介されたことで新しいご当地グルメとして知られるようになり、多くの観光客が金沢カレーを求めて来店しています。

まとめ

2015年に北陸新幹線が開通されてから気軽に行ける場所となり、一年中観光客でにぎわっています。
昔ながらの建物、伝統工芸品、能登半島のおいしい海の幸を堪能する贅沢旅。プランをしっかり立てて、金沢の魅力を思う存分楽しみ、のんびりと癒されるハネムーンを叶えましょう♪