女子旅だからこそ!リゾート地に持っていきたいおすすめの持ち物10選

旅行先で快適に過ごすために何をもっていくか悩みますよね。荷物がかさばることが気になるけれど、得に女子旅では、オシャレだってスキンケアだって手抜きしたくない!お友達がオシャレなのに、自分が地味なんて嫌!という方も多いのではないでしょうか。そんな方の為に、オススメのグッズをご紹介いたします。

目次

女子旅に持っていきたい!おすすめの持ち物10選

ここからは、女子旅に持っていきたいおすすめの持ち物を厳選してご紹介します。計画しているリゾート地に合わせて、必要な持ち物を検討してみてくださいね。とくに、国内と国外では気候や環境が異なるのはもちろんのこと、宿泊施設に常備されているアイテムが違います。

どのようなアイテムがあるのかチェックしながら、必要な持ち物をピックアップしてみてくださいね。

また、女子旅だからこそ、美容アイテムやリラックスアイテムも持参したいポイント。心身ともにリフレッシュできる旅となるよう、持ち物にも気を配ってみましょう。


リゾート地では欠かせない「紫外線対策アイテム」

リゾート地を楽しむ女子旅に欠かせない持ち物と言えば「紫外線対策アイテム」です。女子旅では、結構「日焼け止め貸して」と言われることも多いので多めに持っていくのがおすすめです。

海や山などのアウトドアを満喫したいときには、日焼け止めはもちろんのこと、帽子やサングラスも用意しましょう。顔回りや目を紫外線から保護するだけでも、疲労度が変わりますよ。

みんなで使える「スキンケアアイテム」で美容タイムを満喫

また、リゾート地でたっぷりと太陽を浴びたときは、念入りなスキンケアをして翌日に備えましょう。

ちなみに筆者は、1週間で化粧水を丸1本使います。ぺトぺトになるぐらいまでしっかり化粧水を浸透させると、翌日赤くならず、さらにモチモチのお肌になります。

また女子旅なら、小分けのパックをたくさん持っていくのもおすすめ。
最近はキャラクターの絵がかいてある面白いパックも多いので、みんなで貼って記念写真をとるのも面白いですね。

大人数で写真を撮るのに最適!「小型のスマホカメラレンズ 」

「スマホカメラレンズ」ってご存知ですか?
スマートフォンのカメラに取り付けるだけで、広い範囲の写真が取れたりと、スマホカメラのクオリティをあげてくれる優秀アイテムです。

女子旅だと大人数で、しかも背景までしっかりと入っている写真を取りたいですよね。

一眼レフや自撮り棒よりも軽くて簡単に持ち運びできるのでおすすめです。

気温の変化に対応できる「防寒アイテム」

急に雨が降ったり、店内や夜は急に寒くなったりと旅先では急な天候の変化や気温の変化がつきもの。今まで訪れたことのない土地や海外リゾート地の場合は、思ったよりも暑かった、寒かったと感じるケースがあります。

そこで、女子の大敵である冷え対策ができる「防寒アイテム」は女子旅行に持っていきたい持ち物です。

筆者が海外やリゾート地に行くときに必ず持っていくものはこちら。

・薄い羽織り
・パーカー
・大判のストール
・モコモコ部屋用靴下(※飛行機でもはいてます)



旅先で便利な「手提げバッグ」や「エコバッグ」

持ち物が多くバッグが大きくなってしまう女子は、旅行の持ち物として「手提げバッグ」や「エコバッグ」を準備しておくことをおすすめします。ホテルや旅館に到着した後は、必要最低限の荷物を持って身軽に行動することが可能に。

荷物が軽くなれば、その分快適にショッピングや観光を楽しめます。また、エコバッグを用意しておけば、お土産などを購入したときにとても便利。

とくに、海外リゾート地ではお土産用の袋を用意していない場所や有料の場所も多いので、エコバッグがあれば一度にたくさんのお土産を購入することができるようになりますよ。

季節や行き先に合わせて準備したい「加湿器」

乾燥した空気はお肌の大敵!そのため、普段から乾燥対策をしている女子も多いはず。旅行先でも乾燥に気を遣いたい場合には携帯できる「加湿器」を持っていきましょう。
ペットボトルに装着して使う商品やコップ程度の大きさの商品など、持ち歩きやすい商品も増えています。中でもコードレスで使える商品は、海外でもコンセントの形状や電圧に左右されることなく使用できます。
これをやっておくと、肌の調子が変わりますよ!

意外と重宝する!リラックスできる「部屋着」

ついつい旅先で着たい服の用意に夢中になり、見落としがちなのがリラックスできるパジャマなどの「部屋着」です。海外のホテルには部屋についていないことがあるので持っていくようにしましょう。

筆者は昔、部屋着(パジャマ)を忘れて海外旅行に行ってしまった事があるのですが、普通の服で寝ると首元が苦しくて疲れがとれませんでした。
旅の疲れを癒すためにも、宿泊施設ではできるだけリラックスムードで過ごしたいもの。

普段から慣れている部屋着を1着用意しておくと温度調整もしやすく、旅行先でも快適に過ごせるようになりますよ。

旅先でも可愛く!忘れたくない「ヘアアイロン」と「シェーバー」

旅先でも普段と変わらず、身だしなみを整えたい女子は「ヘアアイロン」と「シェーバー」を持ち物にプラスしてみて。ヘアアイロンもシェーバーもコードレスで、持ち歩きやすい小型サイズがおすすめです。

コードレスならどのような環境でも手軽に使用することができますよ。国内リゾート地ではこれらのアイテムが準備されている宿泊施設もありますが、海外リゾートではまだまだ少ないのが現状です。

そのため、女子旅のお供として用意しておくと、身だしなみをバッチリ整えて楽しい思い出を作ることができますよ。

旅行中は「足のむくみ対策アイテム」も必要

乗り物での移動時間が長かったり1日中アクティブに楽しんだりすると、足がむくんでしまうことが。旅先での足のむくみを気にする女子は、意外と多いのではないでしょうか。そこで重宝するのが、「足のむくみ対策アイテム」です。

むくみ取りのレッグウォーマーやむくみ解消シートなど、手軽に使えるむくみ解消アイテムを持ち物にプラスするといいでしょう。宿泊先で使用することで、足の疲れがスッキリ!次の日には、足のむくみが解消されて快適に過ごすことができます。

一緒に旅行をする女子の分も余分に準備できると、喜んでもらえること間違いなしです。

帰りの荷造りも楽にできる「圧縮袋」

旅行先のリゾート地でお土産などを買い込むと、帰りのほうが荷物が増えてしまうことも多いはず。そんなときに便利なのが「圧縮袋」です。使用済みのタオルや衣類をコンパクトにまとめることで、スーツケースに隙間を作ることができます。

買い込んだお土産をスーツケースに入れることができ、両手に荷物を抱えた状態で岐路につかなくてもすみますよ。また、荷物をスッキリとまとめることで忘れ物も少なくなるはず。

帰りの荷物の整理のためにも、バッグの隅に圧縮袋を準備しておくことをおすすめします。

女子旅には旅行を楽しめる便利な持ち物を

今回は、リゾート女子旅に持っていきたいおすすめの持ち物を厳選してご紹介しました。必要最低限の必需品以外にも旅行先に合わせて、紫外線対策アイテムや防寒アイテムがあると、肌や体をいたわりながら快適に過ごすことができます。

また、女子ならではの必須アイテムである美容アイテムやヘアケアアイテムは、役割分担をして持ち寄るのも一つの手段。荷物がかさばることを防ぐことができますよ。ぜひ、気になる持ち物をプラスして、思い出に残る楽しい女子旅にしてみてくださいね。