カップル旅行におすすめ!イギリス・ロンドンから近いリラックスできるリゾート地10選

リゾートというと「透明の海に白い砂浜」というイメージがありますが、イギリス・ロンドンには都心ながらも、かつて貴族が余暇を過ごしたリゾート地や、旅の疲れえを癒すスパやプール等の施設がたくさんあります。ロンドン観光プランの中に少し組み込んでみるとリゾート気分も楽しみながら大都市ロンドンを観光できるかもしれません。今回は大都市ロンドンのリラックスできるリゾート地&リラックスできる施設をご紹介します。

目次

はじめに

イギリスといえば、貴族社会が発展した国。かつてイギリスの貴族たちが余暇を過ごすために発展したリゾート地も、ロンドン近郊には多く残っています。貴族たちのラグジュアリーな雰囲気が楽しめるリゾート地は、ロンドンでしか体験できません。さらに、島国であるイギリスには、ロンドン市民が楽しむビーチリゾートもたくさんあるのです。ここでは、初めてイギリス・ロンドンを訪れる人から、リピートでロンドン旅行を検討している人も必見の、イギリス・ロンドンのおすすめリゾート地を厳選して10ヶ所ご紹介します。

黄金の砂のビーチで有名な「カンバー・サンズ・ビーチ」

ロンドンから車で約1時間で到着するケント州は、「英国のガーデン」の別名で呼ばれる田園風景が広がるリゾート地です。黄金の砂が広がるビーチは、海の家などもない自然そのままの姿を満喫できます。また、ロンドンからアクセス抜群のため、ロンドン市民の憩いの場としてもよく利用されている場所です。日本と同じく四季のあるイギリスは、カンバー・サンズ・ビーチで、夏の間は海水浴も楽しめます。ロンドンから、車で行けるリゾート地のため、ロンドン観光と一緒にリゾート気分も味わえるスポットです。

ロンドンの真ん中でリゾート気分が楽しめる「グラナリー・スクエア」

ロンドンの地下鉄で主要なターミナル駅であり、2番目に多い利用者数を誇る「クロス・セント・パンクラス駅」。この駅からすぐの「グラナリー・スクエア」は、ロンドンの中心にありながらリゾート気分が楽しめるスペースです。1,800もの噴出口をもつ大きな噴水は、晴れた日はロンドン市民のアーバンリゾートに変身、子供たちは水着姿で噴水を楽しみます。毎日オープンカフェやパブが出店しているため、昼間からお酒を楽しむことも可能。水曜日から金曜日のランチタイムにはフードマーケットも開催されるため、よりバラエティに富んだ食事も楽しめます。

ロンドンからすぐの広大な敷地「ザ・グローヴ」

ロンドンから地下鉄で約20分ながら、300エーカーの広大な敷地を誇るリゾートホテルが「ザ・グローヴ」です。18世紀、貴族が週末の旅行を楽しむ際に出かけたのが、このザ・グローヴで、多くの貴族がパーティを開いた場所でもあります。現在は広大な敷地を生かしたアクティビティが楽しめるほか、汗を流した後、スパも利用できる大人のアーバンリゾートになりました。ゴルフコースは2006年にワールドチャンピオンシップ会場として選ばれた、タイガー・ウッズのお墨付き。敷地内をサイクリングやウォーキングするにもおすすめです。

極上のスパとプールが楽しめるリゾート「セコイア」

ロンドンからすぐのリゾートホテル「ザ・グローヴ」の中にあるリゾート施設が「セコイア」です。リフレクソロジーやインディアン・ヘッド・マッサージなど、最高のリラクゼーションが得られるトリートメント室は、全部で12室。シングルルームのほかにバスとスチームシャワーもついた、ダブルトリートメントスウィートルームもあります。至極のトリートメントを、大切な人や友人同士で受けるのも可能。22mのブラック・モザイクで彩られた開放感抜群のプールも人気。ラウンジではランチやフレッシュジュースも楽しめます。

貴族の屋敷を改装したリゾート「ストーク・パーク・クラブ」

ロンドンから地下鉄なら1時間以内でアクセスできるリゾートが「ストーク・パーク・クラブ」です。ヒースロー空港からも10kmでアクセスできる、バッキンガムシャー州にあります。1066年に建設された貴族のお屋敷を改装したリゾート施設で、かつてはヨーロッパのロイヤルファミリー御用達のゴルフ場でもありました。あの007シリーズのロケ地としても選ばれ、ジェームス・ボンドとオーリック・ゴールドフィンガーがゲームを繰り広げる場面でも使用されています。現在もゴルフクラブは会員制で、イギリスやロンドンの上流階級の人々に利用されていますよ。

イギリススパのトップ10常連の「スパSPC」

「ストーン・パーク・クラブ」の中にある「スパSPC」は、イギリスのスパトップ10に常連入りしているスパ施設。豪華なインテリアに囲まれた室内で、ハイドロ・セラピー・バスを始めとしたラグジュアリーなスパメニューを受けられます。イギリスの社交界でも愛用者の多い、オリジナルブランドの化粧品「SPC」の販売や、高級アロマセラピー・スキンケアの「アロマセラピー・アソシエイツ」を用いた高級トリートメントの施術も提供。ロンドンのセレブの間でも人気の高いスパは、ロンドン市内にも支店を持っています。

ロンドンの中心でホテルにいながらリゾート気分「ブルガリ・ホテル・ロンドン」

ジュエリーのハイブランドとして知られている「ブルガリ」は、世界各国でホテルを展開する「ブルガリホテル&リゾート」の事業も行っています。ロンドンにも「ブルガリ・ホテル・ロンドン」があり、ラグジュアリーな客室やサービスに加えて、スパやプール、ジムまで揃ったホテルリゾートです。25mのプールはラウンジとキャビンも完備、ヴィチェンツァ石や金箔を施したゴージャスさ。スパでは美容と健康のための各種トリートメントメニューを用意。プライベートトリートメントルーム11室、専用のスチームルーム、ジャグジーバスなどを備えています。

ロンドンから地下鉄でアクセスできるビーチリゾート「イーストボーン」

ロンドンのヴィクトリア駅から地下鉄に乗り、約1時間半で到着できる、イギリス南部のビーチリゾート地が「イーストボーン」です。イーストボーン駅を降りてプロムナードを降りると、クレアモント・ホテルを始めとした高級ホテルが立ち並びます。イーストボーン埠頭にはカフェやレストラン、ゲームセンターやお土産屋さんも揃っているため、買い物にも便利。夏になれば海水浴も楽しめます。ビーチに沿って遊歩道が長く続いているため、海水浴シーズン以外にも浜辺を散策したり、近隣のイングリッシュガーデンの眺めを楽しんだりできます。

イギリス唯一の天然温泉リゾート「サーメ・バース・スパ」

ローマ帝国時代の温泉施設であるバースのあるイギリス。イギリス唯一の天然温泉リゾートが「サーメ・バース・スパ」で、ロンドンからもアクセス可能です。古代ローマ時代の歴史的建造物を眺めながら、天然温泉にゆっくり浸かることができますよ。ガラスと石、光が融合した「ニューロイヤルバース」は、自然のミネラル成分豊かな源泉で楽しめる2つの浴場を設置。スパセッションとトリートメントを組み合わせたメニューが受けられるスパや、レトロとモダンを組み合わせた雰囲気と料理が楽しめるスプリングカフェレストランも併設されています。

海水浴からバーベキューまで楽しめる「ブライトン・ビーチ」

ロンドンから鉄道を使って約1時間半でアクセスできる、イギリス最古の海水浴場としても知られている「ブライトン・ビーチ」は、イギリスの中でも著名なビーチリゾートのひとつ。ゴージャスなレストランやホテルが立ち並ぶ街並みも、リゾート気分を満喫させてくれます。夏にはビーチで日光浴や海水浴ができますが、オフシーズンでもビーチでバーベキューが可能。レストランやカフェで食事を楽しめるほか、フィッシュアンドチップスも堪能できるパブや、ナイトクラブなどの夜遊びスポットも充実しています。

ロンドンからすぐにアクセスできるリゾートもたくさん

イギリス・ロンドン市内にあるリゾートまたはアクセスしやすい近隣のリゾート施設を10ヶ所厳選してご紹介しました。アーバンな雰囲気を楽しめるホテルリゾートやゴルフクラブ、美容とリラクゼーションにも嬉しいトリートメントが受けられるスパ、シーズンオフでも楽しめるビーチリゾートと、多種多様なリゾートがあります。一日リゾートでのんびり過ごしたり、観光巡りの疲れをスパやプールでリフレッシュしたりと、色々な過ごし方ができますよ。