海外リゾートならイタリア!フィレンツェのおすすめスポット10選

グルメやファッションなどで日本人にも馴染みの深いイタリアですが、今回は観光地としても大人気のイタリアのリゾート地、フィレンツェをご紹介します。ルネッサンス文化が生まれたフィレンツェは、その美しさから町全体が世界遺産となっていて、歴史の息吹を感じる事ができます。

目次

はじめに

イタリアには世界的な観光地がたくさんありますが、その中でも人気なのが花の都・フィレンツェです。ローマ、ミラノ、ヴェネツィアと並ぶイタリアの4大都市の1つといわれ、多くの観光スポットがあります。最近は海外リゾートとしてフィレンツェを選ぶ人も多く、カップルでリゾート気分を楽しむ日本人も多く訪れています。フィレンツェは他の都市に比べると小さな街ですが、見逃せないスポットがたくさんあります。初めてフィレンツェを訪れる方に、ここだけは見逃せないおすすめスポットを10選ご紹介しましょう。

花の大聖堂として有名な「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a7 pixta 36959720 m

初めてフィレンツェを訪れる方にまずおすすめしたいスポットが「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」です。「花の大聖堂」という意味が込められており、直径55メートルの石造ドームは世界最大級を誇ります。1296年に着工し、完成したのが1436年。何と122年もの長い年月をかけて造られたルネッサンスの最高傑作です。外壁は赤・白・緑の3色の大理石で飾られ、幾何学的なデザインは一見の価値があります。特に正面から見た美しさは感動ものです。フィレンツェのシンボルともいえる大聖堂は見逃せません。

フィレンツェの歴史に思いを馳せる「ヴェッキオ橋」

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2 %e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%ad%e3%82%aa%e6%a9%8bpixta 10227927 m

ヴェッキオとはイタリア語で古いという意味です。その名前のとおりフィレンツェで最も古い歴史の橋が「ヴェッキオ橋」。第2次世界大戦では多くの建物が被害を受けましたが、この橋だけは被害を免れた唯一の橋なんです。中世から架かっている橋で、その周辺には金細工のお店がたくさん並んでおり、ショッピングも楽しめますよ。特に橋の中央から眺めるアルノ川の景色は絶品です。橋の上にはヴェッキオ宮殿からピッティ宮殿へとつながるヴァザーリの回廊があり、フィレンツェでも特におすすめのスポット。

フィレンツェの街並みを見下ろせる「ミケランジェロ広場」

フィレンツェは街全体が世界遺産に登録されています。その素晴らしい街並みを見下ろせるのが「ミケランジェロ広場」。小高い丘の上にあり、カフェテラスでエスプレッソを味わいながらフィレンツェの絶景を楽しめます。特にカップルにはおすすめのスポットで、2人の一生の思い出になるでしょう。広場の中央にはミケランジェロの傑作「ダヴィデ像」のレプリカがあり、ルネッサンスの芸術的な香りに触れることもできますよ。天気の良い日にも、雨の日にも、この広場から見るフィレンツェの街の美しさにはため息がでるばかりです。

ミケランジェロの傑作と出会える「アカデミア美術館」

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2 %e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%82%a2%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8 pixta 25532935 m

19世紀に開館したフィレンツェで見逃せないスポットの1つです。世界で知らぬ者のいない大芸術家ミケランジェロ。彼の最高傑作といわれる「ダヴィデ像」の実物を見ることができます。芸術家を支援したことで有名なメディチ家が設立した美術館で、ダヴィデ像のほかにもミケランジェロ未完の奴隷像が4体展示されています。また13世紀から16世紀にかけて活躍したフィレンツェ派の絵画や、メディチ家の貴重なコレクションなども見ることができますよ。初めてフィレンツェを訪れる方には外せないスポットです。

13世紀ゴシック様式の美しい「サンタ・クローチェ聖堂」

この聖堂にはミケランジェロをはじめ、ガリレオ・ガリレイやジョアキーノ・ロッシーニなど数多くの偉人が眠っています。それらの偉人に興味ある方には訪ねてみたい聖堂。この聖堂の大部分は13世紀のゴシック様式で建てられており、建物の美しさには圧倒されます。また鐘楼と建物の正面は19世紀に新たに造られたものです。聖堂内には13世紀から17世紀にフィレンツェで活躍していた画家たちの作品がたくさん展示されており、ルネッサンス美術に触れることができますよ。1人でゆっくりと鑑賞するには最適のスポットでしょう。

フィレンツェの憩いの場所「ボーボリ庭園」

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2 %e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%aa%e5%ba%ad%e5%9c%92 pixta 41521027 m

この庭園は「ピッティ宮殿」にあります。フィレンツェの休日をゆったりと過ごすには最適のスポットで、有名な彫刻家による彫像がたくさん飾られており、1つ1つ見て歩くだけでも心が豊かになりますよ。庭園は約4万5千平方㎞の広さがあり、木々の間を散策するのもフィレンツェの楽しみ方の1つでしょう。観光スポットに疲れたカップルは、1日をこの公園で過ごすのもおすすめです。緑豊かなボーボリ庭園で過ごす時間もまたフィレンツェならではの大きな魅力。隣接するピッティ宮殿には美術館や博物館などがあり、一緒に楽しむことができます。

フィレンツェ芸術に触れられる「シニョーリア広場」

紀元前のローマ時代から政治の中心だった場所が「シニョーリア広場」です。周囲をヴェッキオ宮殿など歴史的に重要な建築物が取り囲み、広場にはたくさんの彫刻や彫像が設置されています。広場なので無料で鑑賞することができ、周辺のお店を巡りながら一日中飽きずに楽しめますよ。特におすすめなのが「ネプチューンの噴水」です。フィレンツェの「白の巨人」と呼ばれている彫像は一見の価値あり。本物は国立美術館に展示されていますが、広場にあるレプリカの方が周囲の景観とマッチして迫力十分です。

フィレンツェのシンボル「ジョットの鐘楼」

414段の階段で有名な「ジョットの鐘楼」はフィレンツェでぜひ上ってみたいスポットです。エレベーターがないので階段を上りますが、てっぺんからの眺望は圧巻です。花の都・フィレンツェの街を眼下に見下ろせるんです。とても人気のあるスポットなので長い行列ができますが、順番を待つだけの甲斐がありますよ。てっぺんまでには3つの踊り場があるので、休憩しながら上ることができます。てっぺんからの眺望はカメラの被写体としては最高で、フィレンツェの記念撮影スポットとしておすすめ。白やピンクや緑などの大理石で造られた鐘楼の美しさは必見です。

美術品の鑑賞ならイタリア国内最大の「ウフィツィ美術館」

この美術館はイタリア国内最大で、メディチ家歴代の美術品が展示されています。レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、サンドロ・ボッティチェッリ、ラファエロ・サンティなどルネッサンスを代表する芸術家たちの作品を数多く鑑賞できます。展示品は全部で2500点といわれており、すべてを鑑賞するには1日では足りないでしょう。特に見逃せないのがボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」、ミケランジェロの「聖家族」、ラファエロの「自画像」など。美術に関心のない方でも十分に楽しめるスポットです。

フィレンツェの新しい名所「オルティクルトゥーラ庭園」

フィレンツェは街全体が歴史的遺産のようですが、比較的新しい名所として人気なのが「オルティクルトゥーラ庭園」です。市内の歴史地区から少し離れていますが、ガラス張りの温室がシンボル。現在は温室ではなくイベント会場として使用されています。温室のすぐ近くにある巨大なヘビの噴水は子どもも大喜びでしょう。ヘビの横の階段を上がっていくと、ヘビの背中の溝を流れる水がキラキラと美しく輝くのを見物できます。ヘビのしっぽは公園の頂上まで続いており、そこから見るフィレンツェの街並はロマンチックそのものですよ。

街全体が世界遺産のフィレンツェはとにかく素敵

街全体が世界遺産になっている都市・フィレンツェ。イタリアへ行くなら1度は
訪れたい歴史遺産の街です。また芸術の都でもあり、世界的に有名な彫刻や美術品なども鑑賞できます。初めてフィレンツェを訪れる方におすすめのスポットを10選ご紹介しましたが、これ以外にも見どころはたくさんあります。有名な観光スポットだけでなく、街中を散策するだけで中世に逆戻りしたような楽しさが体験できます。フィレンツェは目的もなくぶらぶらと街歩きするだけで、ロマンチックな雰囲気に浸れますよ。