イタリアはシチリア島がおすすめ!思い出づくりの観光スポット9選

シチリア島はイタリア本土とは異なる独自の文化が栄えた島で、イタリア観光では見逃せないおすすめ観光スポットの1つ。新鮮な魚介類のグルメは島国育ちの日本人にもぴったりで、イタリア最大級のワイン産地でもあります。グルメ好きには欠かせないのがシチリア島。イタリアは日本人に人気の観光国ですが、シチリア島の土を踏まずしてイタリア観光の魅力は語れないでしょう。

目次

パレルモのおすすめスポット「パラティーナ礼拝堂」

Italy oarateli noreihaidou pixta 20635764 m

パレルモでぜひ行きたい観光スポットが「パラティーナ礼拝堂」。

イタリア本土の教会とは違って、アラブ・ノルマン建築(イスラム風の装い)の礼拝堂です。
これは建築当時にイスラム教徒の人々が携わっていたからという事です。

Parerupixta 41718901 m

壁一面に装飾された金箔は、まるで黄金の玉手箱のよう。
近くでみると圧巻です。

映画の舞台となった「マッシモ劇場」

Itary maddimogekizyou pixta 12939303 m

有名な映画「ゴッドファーザー」の撮影場所に選ばれたのが「マッシモ劇場」。
映画ファンなら訪ねてみたいパレルモのおすすめ観光スポットです。

オペラ発祥のイタリアで3番目に大きな劇場です。
「マッシモ」というのは「最大」という意味で、文字どおり巨大なオペラハウスですね。

周辺にはお店がたくさんあるので飲食やショッピングのついでに見学できます。運がよければ本場のオペラを鑑賞できるかもしれません。

カターニア観光では「エトナ山」は見逃せない

Itary etonayama pixta 41217647 m

カターニアをはじめとした8つの街並みが世界遺産に登録されており、シチリア島観光では人気のスポット。

その中でも「エトナ山」は、世界で一番活発な火山といわれています。

カターニアの象徴的な山で、火山ならではの独特な景色が見ものです。
周辺のエトナ公園では溶岩やクレーターなどがあり、火山の噴火口近くまで登れます。

現地にはエトナ山へのツアーがあり、バスやロープウェーに乗って観光ができて便利ですね。

エトナ山の一部はワイン用の葡萄畑になっているので、ワイナリーで美味しいワインもいただけます。

ローマ時代の浴場跡が残る「カターニア大聖堂」

Itary kata niadaiseidou pixta 34325147 m

カターニアを代表する観光スポットが「カターニア大聖堂」です。
パレルモの「パラティーナ礼拝堂」とは違って、こちらはバロック様式の重厚な大聖堂。
両方を見比べるのも旅の楽しみ方でしょう。

大聖堂の中には作曲家ベッリーニの墓や、多くのフレスコ画が飾られており、美術ファンにはおすすめ。

この大聖堂の地下にはローマ時代の大浴場の遺跡が残されています。
映画でおなじみのローマ時代の大浴場跡を見学できるチャンスです。


大聖堂前には広場があり、像の噴水や観光列車の発着地となっています。
ライトアップされた夜景は必見です。

火山岩でできた中世の城「アーチ・カステッロ」

Itary a tikyassuru pixta 25208689 m

火山岩でできている珍しいお城。

このお城、海からの眺めがとても美しく、地元には海からお城を眺めるクルージングツアーもあり、観光客の人気となっています。

海に夕陽が傾く頃に見ると、息を飲むような美しさに感動するでしょう。
カターニアではぜひとも訪れたい隠れた観光スポットですね。

世界遺産に登録された町「ラグーザ」

Itary ragu za pixta 43832769 m

「ラグーザ」の町はシチリア島南部にあり、美しいバロック建築の教会やお屋敷がたくさん残されています。

17世紀の大地震後新しく生まれた「スペリオーレ」と元のままの町並みが「イブラ」という主に2つのエリアがあります。

スペリオーレは道路が直角に交わる計画された町並、イブラは中世以前の古い迷宮のような道が続きます。

両方の町並を見比べながら楽しめそうですね。

特等席から眺めるイブラの「サン・ジョルジョ大聖堂」

Itary sannsaru zyodaiseidou pixta 25047797 m

ラグーザの旧市街イブラにある「サン・ジョルジョ大聖堂」は町の象徴的な建物で、バロック様式の教会です。

大聖堂の内部には美しいステンドグラスが七色の光を放っています。

この大聖堂は正面から見ると左の方を向いている変わった配置になっており、不思議な建て方です。

「サン・ジョルジョ大聖堂」を眺める特等席が近くのカフェ「AL BORGO」。
このカフェのテラス席から眺める大聖堂がベストです。ラグーザ観光の休憩場所としても最適ですね。

アルキメデスの故郷「シラクサ」のおすすめスポット

Itary shirakusa pixta 37218578 m

シチリア島観光で見逃せないのが東部にある街「シラクサ」。
アルキメデスの故郷として知られ、紀元前8世紀にギリシアの植民都市として栄えた歴史のある街です。

市内には至る所にギリシアの遺跡が残っており、おすすめは巨大な「ギリシア劇場」。
半円形の劇場で直径が130mもあり、15,000人を収容できたといわれます。

ギリシア神話の舞台となった「アトレゥーザの泉」や「石切場」など古代の歴史を感じさせる観光スポットばかりです。

特にシラクサの「大聖堂」はクリーム色の美しい建物で、古代ギリシアのアテネ神殿跡を利用して作られており、内部には古代ギリシアの円柱が残されています。

シチリア島で最も美しい古代都市「オルティージャ島」

Itary oruteli zyatou pixta 41030788 m

シラクサの南に「オルティージャ島」があります。
シラクサの街とは橋でつながっており、島に入ってすぐのところに「アポロ神殿」の跡が。
シチリア最古のギリシア神殿ともいわれており、朽ちた柱などは当時を忍ばせます。

島の中を歩けば青い海と青い空が広がり、古い町並みとマッチした美しい風景に感嘆の声をもらすでしょう。

「オルティージャ島」はシラクサ発祥の地ともいわれ、橋を渡りきったところにある「パンカリ広場」にはおいしいレストランやパブなどがたくさん集まっています。

シチリア島へ行ったら「シラクサ」へ、そして「オルティージャ島」の旧市街をぜひ訪ねてみてください。

ちょこっとだけ:イタリア シチリア島のお役立ち情報

天気

Tennki pixta 30379227 m

イタリアは日本のように四季があるので、季節ごとに楽しめます。

地中海気候で1年中温暖で過ごしやすいですが、特に過ごしやすい時期は4月、5月、10月。
※有名なリゾート地なので、夏は混雑するかも。

服装は日本と同じように季節に合わせた衣類で問題ないでしょう。シチリア島の夏は短パンと帽子があると便利です。

アクセスと時差

Hikouki pakutaso

日本からシチリア島への直行便はないので、イタリアの都市で乗り継ぐ必要があります。

ローマ、ミラノをはじめヨーロッパ各地からフライトできます。
シチリア島の空港はパレルモとカターニャの2つ。
ローマ経由で入ると、到着が夜22時以降の深夜になることが多いです。

イタリア本土の観光と合わせてシチリア島観光をする場合は、鉄道を利用するのもおすすめ。日本との時差は約7時間です。

・変圧器とプラグ

Puraguc pixta 24939856 m

プラグは丸型のCタイプ。

電圧は220ボルト、周波数は50ヘルツ。まれに125ボルトもあります。
日本の電化製品を持ち込む場合は変圧器が必要です。

・通貨と物価

通貨はイタリア本土と同じくユーロとセント。
1ユーロ=100セント、1ユーロ=135.76円(2017年11月20日現在)

物価は各都市によって違いますが、高いのはイタリア本土のローマ、ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェなど。

シチリア島は本土より安いです。

イタリア観光にシチリア島は外せない

日本人に人気のイタリアですが、今注目されているシチリア島の観光スポットを10選ご紹介しました。イスラム教の影響が強いパレルモ、古代ギリシアの遺跡が残るシラクサ、バロック建築のラグーザなど、街そのものが独特の文化と香りを漂わせています。四国より少し大きいこの島には、歴史的な見どころがたくさんあります。イタリア半島のついでに観光するにはもったいない。シチリア島を目的とした観光旅行をしてみてはいかがですか。