今年のクリスマスはこれで決まり!フランスの幻想的なクリスマスマーケット10選!

クリスマスシーズンのフランスは、街中がオーナメントとイルミネーションで美しく飾られ、楽しいムードたっぷり。温かいヴァンショー(ホットワイン)を飲みながら、マーケットを散策するクリスマスはきっと素敵な思い出になるでしょう。寒さなんて吹っ飛んでしまうような、フォトジェニックな素敵なクリスマスマーケットがフランス各地で開催されます。この時期にぜひフランスを訪れたいですね。

目次

おとぎの国のクリスマスに行こう!ストラスブール

France strasbourg christmas market adobestock 170951808

ストラスブールのクリスマスマーケットは、1577年に始まり、最も長い歴史を持っています。


そして今では毎年200万人もの観光客が訪れ、何万というルミネーションに包まれます。


クリスマスの装飾で飾られた街を散歩するだけで楽しく過ごせます。

アクセス

パリからストラスブールへはフランス-ドイツ高速列車(TGVまたはICE)に乗って2時間20分前後です。

南欧のリゾート地で華麗なクリスマスマーケット!ニース

France masenahiroba adobestock 38425100

ニース市の中心ともいえるマセナ広場で12月1日から31日までクリスマスマーケットが開かれます。

50個以上の屋台が並び、アイススケートができるコーナーもあり、人々が楽しんでいます。

クリスマスシーズンに屋台で飲むおすすめドリンクはヴァン・ショーです。

ヴァン・ショーは暖かいスパイスの入ったワインで、日本ではホットワインと呼ばれています。

ニースのクリスマスマーケットはフランスで一番規模が大きいと言われて、ショッピングもグルメも楽しめます。

アクセス

パリからニースへ飛行機がでています。

ニースと南仏のみの観光をお考えなら、日本からKLMオランダ航空のニース行きが一番お得です。

南欧の美しい街のクリスマスマーケット!モンペリエ

France monnperie adobestock 28783415

モンペリエはフランス南部にある都市で、冬でも比較的温暖です。

シャルル・ド・ゴール広場などに160以上のお店が並ぶクリスマスマーケットが立ちます。

お菓子や牡蠣、ワイン、ホットチョコレートなど地元の特産品がたくさん。
見所は妖精のパレードです。

たくさんのイルミネーションとイベントでまるで歩いているだけで楽しめます。開催時期は11月29日から12月27日まで毎日午前10時から午後9時まで営業。

アクセス

東京・大阪からエアフランスで直行便で12時間。
パリからモンペリエはTGVで約3時間。

やはり首都の華麗なるクリスマスマーケット!パリ

France pari chiristmas pixta 1607012 m

パリにはたくさんクリスマスマーケットが立ちます。
・シャンゼリゼ
・サン・ジェルマン・デ・プレ、
・ホテル・ド・ヴィル
・トロカデロ
・ラ・ディフェンス
・ノートルダムなど。

パリを代表するクリスマスマーケットはシャンゼリゼ。

シャンゼリゼ通りの両サイドに木製のかわいらしいスタンドに、アート、アクセサリー、工芸品、ハンドメイドのおもちゃ、チョコレートボンボンなどのお菓子などが並びます。

開催時期は11月22日から12月30日まで、午前11時から午後8時まで。
(ノートルダムは11月12日から12月23日まで、場所によって開催時期がずれます)

アクセス

日本からパリへは直行便が出ています。フライト時間は約12時間

アルプス山脈近くのスキーが盛んなグルノーブル

France gruno buru adobestock 17591046

グルノーブルは車で30分も行くとアルプス山脈に行けるシチュエーション。

冬季オリンピックが開催されたこともある街です。
そのようなグルノーブルで、盛大なクリスマスマーケットが開催されています。
4ヶ所にクリスマスマーケットが設置され、特にビクトルユーゴー広場は特に賑やかです。

アフリカの工芸品や地元の工芸品、チーズやワイン、ビール、ホットワインなどのマーケットと毎晩開催されるコンサートなどイベントがたくさん。

11月24日から12月24日まで開催されています。営業時間は午前10時から午後10時まで。

アクセス

リヨン空港経由でフランス入り。
リヨンからはバスで1時間でグルノーブルへ。
パリからTGVでグルノーブルまで約4時間。

妖精が出てきそうな街のクリスマス!コルマール

France koruma ru adobestock 175218836

フランスとドイツ国境近くのコルマールは、周辺のかわいい村へのアクセスも良く、ドイツの小さな村にも行けます。

2017年のクリスマスマーケットは、フランスで1番、ヨーロッパで2番目に選ばれました。
コルマールの旧市街に6つのクリスマスマーケットが設置され、妖精の街のようなイルミネーションに溢れます。

ワインの産地、コルマールでワインテイスティングやグルメを楽しみましょう。

11月23日〜12月30日、月曜日から木曜日は午前10時から午後7時、金・土・日曜日は午前10時から午後8時まで

12月24日は午前10時から午後5時まで、12月25日は午後午後2時から午後7時まで。


アクセス

パリ東駅からTGVで2時間20分。
ストラスブールから普通電車で30分。

スペイン文化も楽しめる!ペルピニャン

France perupinyann adobestock 200089119

ペルピニャンは、フランス南部にあるカタルーニャ文化圏で、かつてダリが世界の中心と呼んだ場所です。

ペルピニャンはクリスマス時期になると街全体にクリスマスの飾りが施され、とても幻想的な風景が見られます。

特にクリスマスマーケットは川岸にウッドキャビンが設置され、おとぎ話の世界のように綺麗です。

ペルピニャンのクリスマスマーケットでは、ジュエリー、インテリア雑貨などハンドメイドの製品、地元産のチーズやソーセージ、お菓子などを購入できます。


そして大きな観覧車、温かいワインやチューロスをいただける屋台など楽しさがいっぱいです。

アクセス

ペルピニャンはヨーロッパ各都市から空路を利用できます。
エアフランス、エアリンガス、ライアンエアなど。
スペインとの国境近くの都市ですから旅行プランはバルセロナなどと組み合わせても良いでしょう。

パリからは列車で約5時間。

もしもワインが大好きだったらここ!ボルドー

France borudo  adobestock 192697737

ワインの生産地として有名なボルドーは、かつてアキテーヌ公国の首府でした。

旧市街地は、世界遺産にも指定され、古い町並みの中を散策できます。観光だけではなく、高級ブティックが並び、ショッピングも楽しめる街です。

そのようなボルドーのクリスマスイベントはフランスでも屈指の賑わいがあります。

フランス版クリスマスキャロルのコンサートもおすすめです。トゥルニー通りにたくさんの市が並び、午前10時半から午後8時(店によっては9時)までオープンします。期間は11月30日から12月30日まで。

アクセス

パリからTGVと呼ばれる高速列車で約2時間です。

ノルマンディー地方の盛大なクリスマス!ルーアン

France ru ann adobestock 131381202

クロード・モネの連作「ルーアン大聖堂」で有名なルーアンには、そのほかにもたくさん歴史的モニュメントがあります。

ノルマンディー地方のセーヌ川沿いにある古い街ではクリスマスのイベントは盛大です。
クリスマスマーケットは11月28日から12月30日まで、12月25日をのぞいて開かれています。

コンサートや観覧車、街中の飾り付け、カテドラル広場でのアイススケートなど催しもたくさん。

アクセス

パリからルーアンへは列車が1日6本出ています。
乗車時間は平均2時間です。

フランスでクリスマスマーケットに行こう!

フランスの幻想的なクリスマスマーケットを開催する都市を10都市選んで紹介しました。

どのクリスマスマーケットもそれぞれの土地の文化が見え隠れして素敵です。
ここではアクセスが良く行きやすい都市部のクリスマスマーケットを選んで紹介しましたが、小さな村のクリスマスマーケットも趣があります。

クリスマスの時期にフランスを訪れると、きっと楽しく過ごせるでしょう。
温かいスパイス入りワインを飲みながら、クリスマスマーケットを散策してくださいね。