歴史と海の魅力があふれる街!下田(静岡県)のおすすめスポット10選

下田は首都圏などからのアクセスも良く、気軽に行ける観光地として人気です。「日本最初の開港場」として有名なことから興味深い開国の歴史施設や史跡などもたくさん!また、国内とは思えないほどに美しいコバルトブルーの海と白い砂浜が楽しめます。今回はそんな下田のおすすめスポットを10選でご紹介していきましょう。

目次

ペリーも歩いた風情ある道!ペリーロード

Shizuoka shimoda peri ro do pixta 36292130 m

「ペリーロード」は黒船に乗って下田へやって来たペリーが下田条約締結のために歩いたとされる道です。

ペリー上陸記念公園から了仙寺まで、江戸時代ながらの風情ある街並みを感じることができますよ。

全長は約400メートルで道沿いにはレストランやカフェをはじめ、個性的なお店もたくさん見られます。

それらのお店を楽しみながら、ゆっくりと散策をしてみるのもおすすめの過ごし方です。

また、夕暮れの頃に街路灯のガス灯がついてレトロ感がさらにアップ!カップルで歩くのに良い雰囲気になりますよ。

アクセス

伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩10分。

海の上に浮かぶ水族館!下田海中水族館

Shizuoka izu shimodakaityuusuizokukann pixta 43933377 m

天然の入り江を利用することで、海の上に浮かぶ構造になっている「下田海中水族館」。

イルカやアシカのショーをはじめ、イルカと一緒に泳いだり触れ合ったりすることもできます。

また、その他にも深海魚や波にただようクラゲが展示される「クラリウム」などもあり、海の生きものたちが暮らす様子をすぐ近くで見られますよ。

その他にもコツメカワウソのフィーディング体験や水族館を代表するイベントのイルカのショーが有名なので、ぜひ見ておきたいところ。

イルカのいるプールに船を浮かべて乗り、イルカたちが頭の上をジャンプしていくという試みは他の水族館にはないものです。

旅行の思い出つくりをするにもぴったりですよ。

アクセス

伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩約25分。定期バス7分。タクシー5分。 

下田の魅力を知れるスポット!道の駅 開国下田みなと

「道の駅 開国下田みなと」は下田市の国道135号にあります。
開国のまちとして知られる下田の歴史を学べる資料や、下田で毎年開催されるカジキ釣り大会の歴史などを実物大のカジキのレプリカと一緒に展示。

その他にも下田で水揚げされた海の幸を購入できる直売所もあります。

また、地元魚介類が味わえるレストランも営業していて、回転寿司やここでしかいただけない下田バーガーが人気。

ただし、土日祝日のランチタイムは混雑が見られるので、早めに訪れるなどしてみると良いでしょう。

食事の後はデッキを歩いてみるのがおすすめ。まるで船の上にいるような気分で過ごせますよ。

アクセス

東京から東名高速道路~小田原厚木道路を経由して約3時間。

四季折々の花が美しい公園!下田公園

Shizuoka shimoda shimodakouenn pixta 41545179 m

春は桜に初夏の紫陽花、冬は椿の花が咲き誇る「下田公園」。

もともとは北条氏が持つ水軍の本拠地「鵜嶋城」があった場所で、それらの背景から「城山公園」という別名もあります。

特に有名なのが紫陽花で満開の時期は多くの方が足を運んでにぎわいますよ。

また、下田港の一望できる高台に位置し、須崎半島や下田海中水族館方面を見ることができます。その景色も素晴らしく、時間を忘れて見入ってしまうかもしれませんね。

その他にも開国記念碑や下岡蓮杖の碑なども見られるので、ゆっくりと散策をしながら過ごしてみるのもおすすめです。

アクセス

伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩で約15分 。

24時間無料の足湯に癒されよう!まどが浜海遊公園

Shizuoka michinoeki kaikokusimodaminato pixta 40016065 m

「まどが浜海遊公園」は国道135号にある海遊公園です。

駐車場も100台以上は停められるほどに広いので、ドライブの途中の休憩にも最適ですよ。
また、芝生の広がるスペースや遊歩道などもあるので、天気の良い日は散策を楽しんでみるのも良いでしょう。

その他にも魅力となるポイントが色々とある公園で、足湯は24時間無料で利用できます。
雄大な下田の景色を眺めながら開放的な気分で足を温めれば、きっと癒されるはずですよ。

そして、干潮時は潮溜まりに生息する海の生きものに触れられるので、タイミングが合えばこちらもチェックしてみてくださいね。

アクセス

伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩で約10分。

下田を代表する景勝地!爪木崎

Shizuoka shimoda tsumekizaki pixta 43379979 m

「爪木崎」は下田半島にある岬で、須崎半島と呼ばれることもあります。

白亜の灯台があって、天気の良い日は伊豆七島を見渡せる絶景スポットです。
青い海とのコントラスト、岬に打ちつけるダイナミックな波しぶきに水平線まで続いている海などが存分に楽しめますよ。

水仙の群生地としても知られていて、その数はなんと300万本!
例年12月20日から2月10日に「水仙まつり」が開催され、満開の水仙を楽しむことができますよ。

また、皇室の別荘地の須崎御用邸があることで有名な場所で、皇室一家がご静養に利用することも。

アクセス

伊豆急行線伊豆急下田駅よりバスで約10分。

下田屈指の美しさを誇るビーチ!白浜大浜海岸

Shizuoka shirahamaoohamakaigann pixta 39786595 m

透明度の抜群な海に白い砂が一面に広がるビーチが美しい「白浜大浜海岸」は多くの人たちを魅了する、下田に来たら外せないスポットです。

オンシーズンは夏ですが、四季折々のさまざまな表情を見られることから年間を通して観光客が足を運んでいます。

春や秋などの過ごしやすい時期はビーチヨガや愛犬を連れて浜辺の散策を楽しむ方の姿も。
また、冬になると真っ赤なアロエの花が咲いて、白い砂浜が華やかに彩られますよ。

その他にも海岸からすぐのところにあるのが縁結びや見目の神様といわれる「白浜神社」です。

実はこちらの神社は伊豆の中では最も古く、格式も高い神社なのだそう。
綺麗な砂浜や海を楽しんだ後は、ぜひお参りしてみてくださいね。
樹齢2,000年とされる御神木も必見ですよ。

アクセス

東名高速道路厚木インターから小田原・熱海経由で約2時間30分。

下田の隠れ家的ビーチ!須崎・九十浜海水浴場

Kuzyuppama shimoda kuzyuppamakaisuiyokuzyou pixta 42661297 m

「須崎・九十浜海水浴場」はプライベート感覚で楽しめる隠れ家的なビーチです。「くじゅうはま」ではなく「くじゅっぱま」と読みます。ビーチもそれほど広くありませんから子どもを連れたファミリーにも安心ですよ。

波も穏やかなので、まるで海外のリゾートにいるような気分で過ごせることも魅力の一つ。エメラルドグリーンの海でシュノーケリングを楽しんだり、浜辺の魚と触れ合ったりして過ごせますよ。

また、ビーチの前には1日1,000円で停められる駐車場もあります。車で訪れることもできるので、下田旅行のプランの中に追加してみてはいかがですか。

アクセス

伊豆急行線伊豆急下田駅からバスで約15分、グリーンエリアバス停から徒歩で約7分。

海から下田の景色を満喫できる!伊豆クルーズ

Shizuoka shimoda izukuru zu pixta 42510788 m

「伊豆クルーズ」は遊覧船に乗って、下田の海を体感できます。

コースは2つあり、下田港内を黒船に模した遊覧船「サスケハナ」で一周する「下田港内めぐり」です。

吉田松陰が密航をくわだてていたとされる「弁天島」や南伊豆の景色を見たり、春から秋には人慣れしたカモメに餌をあげたりすることも可能。

四季折々の伊豆半島の良さを感じながら、をのんびりと楽しめるコースです。

もう一つの「石廊崎岬めぐりコース」は下田の絶景が楽しめる内容になっています。

「石廊崎」や「みのかけ岩」「ヒリゾ海岸」などの景勝地を海側から鑑賞できますよ。

9:30~15:30の時間帯で就航されていますが、カップルには夕方の便がおすすめ。

夕焼けを背景に見る石廊崎灯台は、とてもロマンチックですよ。

アクセス

下田港内めぐり…伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩15分。
石廊崎岬めぐり…伊豆急行線伊豆急下田駅より東海バス・石廊崎灯台行きで約40分、石廊崎港口下車徒歩3分。

ちょこっとだけ:下田にぴったりの服装とは?

豪雪地帯でもなく、雨も多くない地域の下田は比較的過ごしやすいと考えて良いでしょう。

最高気温は都心と比較するとほぼ同じ、もしくは1度程度下田が高いくらいで大きな違いはありません。

しかし最低気温になると下田が3~4度前後高い日もあるため、都心の最低気温に合わせて来ると少し暑いと感じるかもしれません。

また、海沿いにあるので風や紫外線が強いので、前もって対策をしておくことは必須。日焼け止めをはじめ、半袖の季節はサラっと羽織れるパーカーやカーディガンなどを1枚持っているだけで調節がしやすいでしょう。

歴史と海を端のする旅に出かけてみませんか?

下田のおすすめスポットを10選でご紹介しました。幕末の動乱期を物語る歴史的資料もたくさん残っているので、歴史が好き!という方には史跡めぐりの旅をするのもおすすめですよ。

そして史跡めぐりの後は新鮮な海の幸をいただいてみたり、下田半島の絶景を見に行ってみたりと、さまざまな楽しみ方を見つけてみてください。

日帰りでも良いですし、宿泊してゆっくりと過ごすのも良いでしょう。
ぜひ、アクティブな休日を過ごしに出かけてみてはいかがでしょうか?