人気急上昇のクロアチア!おすすめ観光スポット10選

クロアチアのおすすめ観光スポット、グルメ、ホテル情報をご紹介。また、お天気やおすすめの服装、通貨、プラグなど、滞在に必要な情報も入れましたので、ぜひ参考にしてください。2018年FIFAワールドカップで準優勝も果たし、今年はよく名前を耳にしたかたも多いのではないでしょうか。アドリア海に面し、観光客が二度三度と訪れたくなる街と言われ、日本でも徐々に人気の観光地となっているクロアチアをご紹介します。

目次

クロアチア お役立ち情報

日本でも徐々に人気が出てきましたが、まだまだ知らないこともたくさんあるはず。
是非参考にしてください!

クロアチアとは?

写真の赤いところ。
とてもカッコイイ形ですね。

ジブリ映画『紅の豚』の舞台になっているといわれるアドリア海に面しており、夏の時期はリゾート地として大人気です。

2018年FIFAワールドカップで準優勝したことが記憶に新しいかと思います。

Croatia pixta 36046465 m

首都

ザグレブ

通貨と物価

通貨はクロアチア・クーナで、Knと表記されます。

補助通貨はリーパで、1クーナ=100リーパ。

1Kn=約16円、1ユーロ=約7,41Kn(2017年2月現在)。

物価は西ヨーロッパに比べると安いですが、セルビアなどの周辺諸国よりは高いです。
観光客に人気のある海岸部は料金設定が高め。

天気とおすすめの服装

クロアチアは沿岸部と内陸部では気候が大きく異なります。

■沿岸部
年間を通して温暖な地中海気候です。

■内陸部
冬になると気温がかなり下がる大陸性気候。
季節と旅行地によって服装を変える必要があります。
日本と比較すると年間の平均気温は低めなので、季節を問わず長袖を1着用意する必要があります。

アクセス

日本からクロアチアへの直行便はないので、ヨーロッパの大都市を経由します。
飛行時間は約14時間。

時差

時差は夏が7時間、冬は8時間です。
イタリアのヴェネチアなどから船の便があります。
旧ユーゴスラビアの国からはバス路線を使えます。

主な観光地

・ザグレブ(首都)
・ドブロニク(世界遺産)

首都ザグレブの中心「イェラチッチ広場」

Croatia ileratelittelihiroba pixta 7075828 m

ザグレブ市民の待ち合わせ場所ともなっており、日本でいう「渋谷 ハチ公前待ち合わせ」のような存在。

この真ん中の像の人が「イェラチッチ」。
昔、革命などを収束させたりとかなり活躍した人らしいです。

広場はかなり広く、とても開放感があります。
ショッピングやレストラン、カフェなど多くのお店が並び、楽しむことができます。

ザグレブのランドマーク「聖母被昇天大聖堂」

Croatia seibosyoutenndaiseidou pixta 3033260 m

「聖母被昇天大聖堂」はザクレブの丘の上に聳え立っており、街のランドマークとして市民に親しまれています。

高さが100mを越えている大聖堂はとても見応えのある建築物。
「クロアチアに来た!」という感じがします。

歴史ある大聖堂は今から140年近く前に修復されたネオゴチック様式とよばれる、12世紀後半ごろ栄えたたフランスを発祥とする建築様式

確かに、どことなくフランスっぽい気がしなくもないですね。

教会の中へ入ると圧倒される高い天井に、色鮮やかなステンドグラス、きらびやかな祭壇が荘厳が見どころです。

女性におすすめザクレブの「失恋博物館」

女性の観光客に人気なのが「失恋博物館」。
何とも珍しい名前の博物館ですが、ここには1つの恋の終わりに関する色々な展示品が飾られています。

それぞれの展示品にエピソードがついているので、見学者は興味津々。

これらの展示品はクロアチア国内だけでなく、世界中から寄付された実物です。それだけでも興味をそそられますね。

受付には日本語で書かれた案内書が用意されているので、それを見ながら展示物を見て歩けます。悲しい恋のエピソード、思わず笑ってしまうエピソードなど興味深い展示品ばかり。

女性だけでなくカップルで見学すると色々と参考になるかもしれません。

世界遺産の街・ドブロニクの「城壁」

Croatia doburonikunokabe pixta 10034996 m

ドブロニクはクロアチアの港町で、アドリア海に面した風光明媚な観光スポットです。

クロアチアでは見逃せない街の1つ。

このドブロニクでぜひとも訪れたいのが「城壁」ですね。
ドブロニクの旧市街は城壁に囲まれており、上に登って一周することができます。

城壁の外側は青いアドリア海が広がっており、内側は旧市街の赤い屋根の街並みが。

一度クロアチアを訪れた人は、この城壁を散策したくてもう一度訪れるといわれるほど、美しい景観です。

青いアドリア海と赤い屋根の取り合わせはクロアチアを象徴する美しさで、
シャッタースポットとしても最高でしょう。

ドブロニクの街を見下ろせる「ケーブルカー」

Croatia ke buruka  pixta 26701675 m

ドブロニクの旧市街の北側には標高412mのスルジ山が控えています。

ドブロニクの旧市街の美しさを目に焼き付けるには絶好の観光スポット。

麓から山頂まではケーブルカー(ロープウェイ)を利用できます。
旧市街から山頂まで全長778.2mあり、海抜38mから405mまで3分30秒かかり、移動する車内から見下ろす旧市街の美しさには思わずため息が。

ケーブルカーは料金が高いので、時間のある人は徒歩で山頂まで登るのもおすすめです。

1時間ちょっとでたどり着けますが、眼下の旧市街と青い海の絵画のような美しさをたっぷりと楽しむことができますよ。

ドブロニクのメインストリート「プラツァ通り」

Croatia puratuladooti pixta 9982799 m

ドブロニクを訪れた人が必ず立ち寄るのが「プラツァ通り」。

街のメインストリートで、通りの両側にはカフェやお土産屋さんがずらりと軒を並べています。ぶらぶらと散策するだけでドブロニクの街の空気を感じられて、人々と触れ合うチャンスも。

約200m続く「プラツァ通り」を歩けば地元の生活音が聞こえます。
観光に疲れた時など、目抜き通りをウィンドショッピングするだけでも楽しいです。

カフェでのんびりとお茶しながら、通りを行き交う人々を眺めるのも素敵ですね。クロアチア観光のお土産を1日かけて探すのも、観光旅行の楽しみの1つです。

旧市街のおすすめ「ピレ門」と「オノフリオの大噴水」

Croatia onohurionodaihunnsui pixta 17734326 m

旧市街はアドリア海を背景にして街全体を眺めるのも最高ですが、古い路地を歩き回るのもおすすめです。

その中で見逃せない観光スポットが「ピレ門」と「オノフリオの大噴水」。
「ピレ門」は旧市街へ入るためのメインゲートです。観光客が必ず訪れる名所でいつも混雑してますが、一見の価値あり。

石造りの頑丈な門には街の守護神・聖ブラホ像が安置されています。

「ピレ門」をくぐってすぐのところにあるのが「オノフリオの大噴水」。

人々の憩いの場で、天然水が今も湧き出ています。大噴水には16種類の異なる顔が彫刻されており、そこから噴き出す水は飲料水です。

冷たい湧き水で喉を潤してひと休みしてみましょう。

歴史の街スプリットの「ディオクレティアヌス宮殿」

Croatia deliokuretelianusukyuudenn pixta 10833324 m

スプリットもアドリア海に面した古い港街。

この街には世界遺産が多く、大聖堂や宮殿が立ち並んでいます。その中でもおすすめなのが「ディオクレティアヌス宮殿」です。

3世紀にローマ皇帝のディオクレティアヌスが宮殿を建て、そこに人々が住み着いたのが街の始まりで、スプリットはとても古い歴史があります。


古代ローマ時代に建てられたこの宮殿は、人々が住み着くにつれて増築されていき、地下は古代ローマ、地上は中世の建築物が見られる珍しい構造の宮殿です。


特にディオクレティアヌス皇帝が私邸として使っていた地下空間は、とてもユニークで見逃せません。

世界文化遺産の古都「トロギール」

Croatia torogi ru pixta 40741066 m

スプリットに隣接している島が「トロギール」。

スプリット観光のついでにぜひ立ち寄りたい観光スポットです。島全体が古都「トロギール」として世界遺産に登録されており、街を散策するだけで楽しめます。


アドリア海の対岸に位置する古代ギリシャ、古代ローマ、ヴェネツィア共和国の影響を受けており、ユニークな街並みが見どころです。

特におすすめなのが市庁舎。街の中心部にあり、14世紀のルネサンス様式とゴシック様式が混在している珍しい建物になってます。


13世紀に建て始め、17世紀に完成した「聖ロブロ大聖堂鐘楼」から眺めるトロギールの街並みはまるで絵画のようです。

クロアチアでマストの観光地「プリトヴィツェ湖群国立公園」

Croatia  puritovitule pixta 42744640 m

クロアチア観光では必ず訪れるといわれる有名な観光地が「プリトヴィツェ湖群国立公園」。

広大な森林が広がり、大小16の湖と92の滝がつながった世界的にも珍しい公園。

エメラルドグリーンの湖と滝の美しさは、クロアチアの豊かな自然を彷彿とさせます。

首都ザグレブの南にあるので、ザグレブ観光のコースにはぜひ加えたい名勝地ですね。

1年を通じて四季折々の景色を楽しめますが、春の新緑と花々、秋の紅葉は日本人でも息をのむ美しさ。

園内は電動バスや遊覧船で移動ができ、透明度抜群の湖面からは生息する魚を見ることができます。

クロアチアで味わいたいグルメ

チェヴァピ

ケバブのような肉料理。
ひき肉を棒状に丸めて、ケバブの用にグリルする。
肉汁が閉じ込められてとても美味しくなる焼き方。
クロアチアの伝統料理にして、B級グルメ的存在。

ブレク

クロアチアのパイ。
ひき肉やチーズを入れたり、リンゴを入れたりとバリエーション豊富。

パン屋さんとかで簡単に手に入るらしい。

ホテル情報

PALACE HOTEL ZAGREB/ザグレブ

ザグレブで老舗のホテル。駅からも近く、立地が良い。
クラシカルで落ち着いたホテルがお好きな方はおすすめ。

PALACE HOTEL ZAGREBのホームページはこちら▶

Esplanade Zagreb Hotel/ザグレブ

ザグレブの中心地にある5つ星ホテル。
受賞歴のあるカクテルバーテンダーのドリンクや美味しいお料理、マッサージサービス(有料)など、とてもラグジュアリーなひと時を過ごすことができます。

Esplanade Zagreb Hotelのホームページはこちら▶

リピーター覚悟でクロアチアを観光しよう

日本でも観光客が増加しているクロアチアですが、初めての人におすすめの観光スポット10選をご紹介しました。

クロアチア観光の特徴は、それぞれの街自体が素晴らしい観光スポットになっていること。

特にアドリア海に面した古い港町は、青い海と赤い屋根の絵画のようなたたずまいが印象的です。クロアチア観光は郷愁の旅でもあります。

一度足を踏み入れたら、また戻ってきたいと思うことでしょう。リピーターになる覚悟で行ってみてください。

こんな記事もおすすめ!

クロアチアのおすすめスポット

人気急上昇のクロアチア!おすすめ観光スポット10選|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
クロアチアのおすすめ観光スポット、グルメ、ホテル情報をご紹介。また、お天気やおすすめの服装、通貨、プラグなど、滞在に必要な情報も入れましたので、ぜひ参考にしてください。2018年FIFAワールドカップで準優勝も果たし、今年はよく名前を耳にしたかたも多いのではないでしょうか。アドリア海に面し、観光客が二度三度と訪れたくなる街と言われ、日本でも徐々に人気の観光地となっているクロアチアをご紹介します。

クロアチアのクリスマス

3年連続1位に輝く!クロアチア・ザグレブのクリスマスマーケットはヨーロッパで1番|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
クロアチアの首都ザグレブのクリスマスマーケットがヨーロッパで最高に素敵なクリスマスマーケットに選ばれたことをご存知ですか?ザグレブがどこにあるのかさえ知らない人が多いようです。ザグレブのクリスマスマーケットは、手作り感いっぱいで温かみのあります。そしておとぎ話の世界のような幻想的なイルミネーション。ザグレブのクリスマスマーケットとクリスマスの様子を紹介します。