花より団子⁉10万円代でイタリアバスツアー&浮いたお金でグルメを堪能

彼とイタリア旅行に行った際のブログです。バスツアーで旅費をかなり安く抑えたので、現地で美味しいものをたくさん食べる事ができました。勿論イタリアの美しい景色も写真に残しましたが気が付いたら「花より団子」。グルメの写真が多かったので、グルメ記事にしました。その他、どうやって格安のイタリア旅行に行ったのかも記載したので、イタリア旅行の際はぜひ参考にしてください!

目次

ヨーロッパ旅行!10万円台のツアーがゴロゴロある!

%e2%9e%80

彼と憧れのイタリアに行きたいけど、関門はやっぱりお値段。きっと1人30万くらいかかるんだろう…と思って諦めていました。

しかし「大手旅行会社のツアーでも、意外と安いツアーがある」と友人から助言を受け、探してみると10万円台でイタリアツアーがゴロゴロ!

結果、1人総額18万円、なんと2人で30万円代におさまるという奇跡が起こりました。
※出発時期にもよりますので、あくまで参考程度に。

折角彼とイタリアに行くので、のんびりできるように7泊8日の添乗員付きバスツアーを予約しました。

イタリア旅行前の方はこちらもどうぞ!

通貨・税金・プラグ有無などが書いてあるので旅行準備にお役立てください!

ハネムーンで巡りたい世界遺産大国*イタリアの基本情報について|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
いつの時代も訪れる人を魅了してやまない永遠の都「ローマ」、ルネッサンスの栄光を今に伝える花の都「フィレンツェ」、アートとファッションの都「ミラノ」、一生に一度は訪れたい水の都「ヴェネツィア」、自然に彩られた芸術の都「ナポリ」など、このまとめでは、イタリアについての基本的な情報や日本からのフライト時間、時差、通貨・レート、ビジネスアワー、年齢制限などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

特にカップルには!バスツアーがオススメ

今回安く済ませる為にバスツアーを選びましたが、これが大正解でした!

大正解な理由➀快適に観光ができる

「(日本人だらけのバス内なので)スリに合わない」



「寝ながら移動できる」



「疲れない」

つまり、非常に快適なんです。

海外に行くと時差の関係で頭がボーっとする事もありますが、バスの中で寝ていればいいので観光地につくころにはスッキリ起きれます。


大正解な理由➁彼との喧嘩要素が無くなる

「疲れない」



「イライラしない」

というバスツアー最大の恩恵のおかげで、そもそも喧嘩までいかなくなるというのがあるのですが・・・。

凄くありがたいのが、添乗員さんが要所要所で渡してくれた「手作りの地図」や「見どころ・おすすめグルメなどの情報」でした。


下調べをしていなくても大丈夫だし「次どこいく?」「どこでもいいよ」「私ばっかり聞かないでよ!私も分からないのよ」みたいなくだりで喧嘩する事が無いんです。

大正解な理由➂同じツアー参加者との情報共有

ツアー参加者との情報共有も貴重でした!

「〇〇がおすすめ」や「〇〇が有名みたい」など、口コミ情報が満載。

添乗員さんのプロの情報もそうですが、こういった情報も意外と役立ちました。

イタリアは初めてでしたが、バスに乗っているだけでかなり詳しくなれます。

バスツアーというと、大勢で動きにくい…というイメージがあるかもしれませんが、観光会社によってだいぶ客層が違うみたいです。

私が参加したツアーでは全部で14名ほどで、年齢層は20~30代が半数、50~60代が半数という感じでした。

みんな程よく距離感を保っていた印象で、心地の良いメンバーでした。


どうしても行きたい場所が!そんな時は相談してみる

観光スポットは行きたいところばかりだったので、そのまま楽しみましたが、グルメは別。

どうしても行きたいレストランがあったので、ツアーに含まれるいくつかの食事はキャンセルしました。

添乗員さんに「次の食事は別で食べるのでキャンセルできますか?」と聞くと「グルメ大事ですよね!私もよくそうしてます」と言われました。

結果的に安いツアーで好きなものを食べ歩く事ができました。

それではいよいよ!グルメをご紹介

ミラノのグルメ

ミラノコレクションでお馴染みのファッションの街、ミラノ。
ここには有名な大聖堂のドゥオモがあります。

ドゥオモはチケットを買うと屋根まで登ることができ、そこからミラノの街が一望できます。

%e2%9e%81

ドゥオモを登ってお腹が空いたところで向かったのは徒歩10分程の場所にあるレストラン「トラットリア・ミラネーゼ」。こちらではミラノの名物を提供しています。

生ハムメロン

%e2%9e%82

意外な組み合わせですが、イタリアではごく当たり前なんだそう。

ハムもメロンもとっても美味しい!しかし

我々カップルは「別々に食べた方が美味しいかも…。」という感じでした。

牛骨肉のリゾットミラネーゼ

%e2%9e%83

「Che cosa consiglia? (ケ コーザ コンスィリア?)“オススメは何ですか?”」と勇気を出してウェイターさんに聞いたところ「牛骨肉のリゾットミラネーゼ」をおすすめされました。

ミラノはお金持ちが住む街で、その住人は黄金色が大好きなため、料理をサフランなどで黄色く着色しているんだそうです。

牛のダシが効いていて塩気は薄めでマイルドな味わいでした。

ミラノの大本命・ミラノ風カツレツ

%e2%9e%84

そしてミラノの大本命・ミラノ風カツレツ!

このカツレツもサフランで黄金色に着色され、骨つきの牛肉を叩いて薄く伸ばしたものを揚げ焼きしています。

お肉には味付けがされていないようで、レモンやバルサミコ酢をかけて食べます。

ザクザクでさっぱりしていていくらでも食べられちゃう、少しジャンキーな食感でした!

水の街・ヴェネツィアのグルメ

水の街・ヴェネツィアは、まるで"美しい街々の迷路"。一日中歩いても飽きません。



%e2%91%a5

特にヴェネツィアの中心部にある「サンマルコ広場」は宮殿や寺院などが立ち並び、とても美しい景色が広がっています。

Italy sannmarukohiroba pixta 43419540 m

このサンマルコ広場に面したカフェ「カフェ・フローリアン」に行きました。

カフェ・フローリアン

%e2%91%a6

は世界最古の現存するカフェと言われ、カフェラテの発祥の店としても有名です。

店内は所狭しと絵画が飾られ、さながら美術館のよう。

この建物の中に入るだけでも価値があるというものです。

また、チョコレートも有名なようで、お土産用のお菓子やグッズなども販売していました。

カフェラテを注文すると、ポットでたっぷりと入ってきますので、旅の疲れを癒しつつ、ゆっくりと楽しむことができます。

旅の合間に2人でホッとできる瞬間となりました。


おまけで小さなコーヒー豆の入ったチョコレートも付いてくるのが嬉しいです。

%e2%91%a7

今回は店内でいただきましたが、サンマルコ広場にテラス席が用意されていますので、そちらで景色を存分に楽しみながらカフェラテをいただくのも素敵ですね。

フィレンツェのグルメ

%e2%91%a8

フィレンツェはルネサンス時代の芸術の街です。
アカデミア美術館でかの有名なボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を見て改めてイタリアの歴史の深さや芸術の素晴らしさに触れました。

%e2%91%a9

そんな素晴らしい街でも、やはり私のお目当てはご当地グルメ。
テレビ番組「にじいろジーン」で紹介されていたビステッカのお店「IL LATINI」に向かいました。

骨付き肉が食べられる IL LATINI

%e2%91%aa

開店時間前に並んだのですぐに入店できましたが、その後お客さんが続々と来て、あっという間に店内は満席!

地元でも大変人気のお店のようでした。

ビステッカとは骨つきのビーフステーキのことで、1kg~のオーダーなのでとってもボリューミー!


外側はカリカリに焼かれていますが、中はレアでジューシーでいくらでも食べられちゃう美味しさでした!


ワインも一緒に…と思い値段の安いものを注文すると、グラス1杯だと思っていたらボトル1本で驚きました。
折角なので2人で全て飲み切ったのも良い思い出です。

ローマにてジェラートを食す

私が行った6月はとても暑く、歩いていると日射病になりそうな程だったので、湧き水の他に毎日ジェラートを食べていました。

%e2%91%ab

ちなみにローマはあちこちに湧き水が出る場所があり、飲み物を持ち歩かなくても湧き水を飲んで喉を潤すことができます。

これがとても冷たくて美味しいのです。

Gelato Fatamorgana

%e2%91%ac

こちらはNHKのイタリア語講座の番組で紹介されていて知ったのですが、昨今イタリアのジェラートは工場で大量生産されているのが主流の中、こちらではオーナーがこだわって仕入れた材料で自家製で作っているそうです。

イタリア旅行をもっと身近に!値段が高いと諦めないで

海外旅行で行きたい国といえばイタリアという方も多いのではないでしょうか。

お金がないから無理だと思うのは早いです!
プランによってはとってもリーズナブルに旅行ができちゃいます。


イタリア人はとても親切なので、カタコトの英語でも頑張ってコミュニケーションを取ってくれます。

また、イタリア語は日本語の発音に近いため、意外とカタカナ発音で通じるので、簡単なイタリア語でのコミュニケーションも楽しみの一つと言えます。

美味しくて美しいイタリア、ぜひあなたも行ってみてください!

カップル旅行の次は!!

イタリア新婚旅行のブログ

新婚旅行で念願イタリア旅行!ロマンチックな4つの街をお散歩しました♪|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ラブラブな2人にぴったりのスポットであるローマ、フィレンツェ、ピサ、ヴェネチア(ゴンドラも!!)に新婚旅行しました。ハネムーンをお考えの方、また彼と旅行予定の方はルートや移動手段などもぜひ参考にしてください。

イタリアは新婚旅行も大人気です!

カップル旅行と新婚旅行の違い?

両方求められるのはロマンチックさでしょうが「思い出を作りたい」カップル旅行と違い、「これからよろしくね」という意味合いがこもる新婚旅行。

だからそう・・・もうちょっとのんびりした旅になっている人が多いような。