【在住者おすすめ】大英博物館から徒歩1分!イギリス本格アフタヌーンティーを満喫!

イギリスに来たら、本格的なアフタヌーンティーを楽しんでみたいとお考えの方も多いですよね。高級ホテルでのひとときも素敵ですが、ロンドンには気軽に立ち寄れるティーハウスもたくさんあります。今回は人気の観光スポット大英博物館のすぐ側にある、おすすめの「カメリアズティーハウス」でのアフタヌーンティーをご紹介します。

目次

イギリスで本場のアフタヌーンティー

イギリスから、こんにちは!
ロンドン在住ライターの志桜里です。

イギリス旅行中、彼や友達とのんびり過ごしたい時におすすめなのが、アフタヌーンティー。
紅茶を片手に3段のケーキスタンドを囲めば、話も弾むこと間違いなし。

P2102895

ロンドン市内には、アフタヌーンティーを楽しめるお店がたくさんあり、豪華な内装が美しい高級ホテルから、アットホームな雰囲気の小さなティールームまで、価格帯やメニューも様々。

ドレスコードでビシッと決めて、ラグジュアリーな空間を楽しむのもいいですが、観光のついでに気軽に立ち寄ることのできるお店も嬉しいですよね。

今回は、人気観光スポットの一つである大英博物館から徒歩1分の紅茶専門店「カメリアズティーハウス」をご紹介します。

大英博物館近くのカフェ(ティーハウス)

P1031401

「カメリアズティーハウス」があるのは、大英博物館の向かい側。大英博物館の入り口が面しているグレート・ラッセル・ストリートです。

お洒落な黄緑色の外観と深緑のオーニングが目印で、店外に可愛らしい立て看板が出ていることも。

P1031389


こちらのお店を目がけてやってくるお客さんはもちろん、大英博物館の帰りに偶然見つけて立ち寄る方も多いのだそう。

店内の様子

1階はショップも併設となっているため、壁一面にはずらりと紅茶のパッケージが並んでいます。

このカメリアズティーハウスのお茶は、薬草学やハーブを学んだお姉さんのブレンドを、ティーソムリエである弟さんがプロデュースした高品質なプロダクト。

P1031418

日本人の口に合うブレンドも多いため、お土産にもぴったりです。

地階もテーブル席がたくさんあるカフェスペースとなっているため、都会の喧騒を忘れてゆっくりと過ごしたい方におすすめです。

メニュー

サンドイッチやスコーンなど、軽食を楽しむこともできるのですが、やはり一番の人気は「アフタヌーンティー」。

ポットティーも好きなブレンドを選ぶことができ、今回は、女性の方に大人気というお茶「スージングローズ」を選びました。

P1031448

バラのつぼみをベースに、ほんのり生姜が効いていて、あっさりゴクゴクと飲むことができます。

ドレスコードがいらないカジュアルさと、£25という高すぎない価格帯も魅力です。

しばらくすると、待ちに待ったケーキスタンドが到着しました。

P2102895

思わず写真を撮る手が止まらなくなってしまう、とても華やかなティータイムの始まりです!

Beauty 1549814357623

もちろん、お待ちかねのティータイムを始める前に、記念撮影も忘れずに…!

注目してもらいたいのが、一番下段に載せられたサンドイッチ。

一見普通のサンドイッチに見えますが、実はサンドイッチの味付けに”お茶”が使用されているんです。

P2102900

奥から

・マスタードマヨ&ラプサンスーチョン紅茶のローストハムサンド
・玉ねぎペースト&アプリコットティーのチーズサンド
・クリームチーズ&抹茶のスモークサーモンサンド
・クリームチーズ&モロカンミントティーのキュウリサンド
・きのこ&雲南紅茶の卵クレソンサンド

となっていて、他のティールームでは味わえないフィリングばかり。

このサンドイッチだけでもまた食べに来たい!と思えるほど、美味しいサンドイッチでした。

中段は、クロテッドクリームとストロベリージャムが添えられたスコーン。

P2102907

ふわふわというよりも、食感がしっかりと感じられるビスケットタイプで、何もつけなくてもバターの甘さがちょうどいい味わい。

通称「オオカミの口」と呼ばれる、スコーンの割れ目から手で半分に割り、一口ずつクリームとジャムを塗って食べるのが主流です。

また、カフェメニューには、スコーンと紅茶のセット「クリームティー」もあるので、アフタヌーンティーは少し重たいかもという方は、そちらもおすすめですよ。

そして上段に載っていた3つのスイーツにも、それぞれ紅茶が隠し味に使われているそう。

P2102904


ランチを抜いてアフタヌーンティーに臨みましたが、スイーツを食べる頃にはお腹もそろそろいっぱいに…!

食べきれなかったらどうしようと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、余ってしまったフードはボックスに入れてお持ち帰りすることもできます。

1日観光で疲れた後、ホテルでのおやつとしていただくのもいいですね。

今回ご紹介したカメリアズティーハウスのアフタヌーンティーは、公式サイトから事前に予約しておくこともできますが、オープンから閉店まで(ラストオーダーは閉店1時間前)いつでも注文することが可能です。

P1031408

ドレスコードなどの指定もないため、観光のついでに立ち寄ってみるのも◎。

もちろんカフェを利用しなくても、紅茶のお買い物だけに訪れることもできますよ。

大英博物館に観光に行かれた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方は こちらの記事も読んでいます

【イギリス ブログ】イギリス料理はまずくない!日曜ランチは英国料理サンデーローストをどうぞ♪|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
イギリス ロンドン在住ライターの私がおすすめするお肉料理のお店「Lamb & Flag(ラム・アンド・フラッグ)」をご紹介します。ここはランチにおすすめのお店です。ここに行けば「イギリス料理はマズい!」という印象が180度変わります。イギリスでは美味しいお店は予約がいっぱいになる事が多いので、旅行前に是非チェックしてくださいね。
【在住者おすすめ!】イギリスで人気の老舗カフェでスイーツを堪能♪世界遺産帰りにティータイムはいかが?|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
イギリス ロンドン在住ライターの私がおすすめするイギリス老舗カフェ(ティールーム)である「ニューエンズ」の人気スイーツ、”メイズ・オブ・オナー”というパイをご紹介します。イギリスの世界遺産「キューガーデン」の近くにあるカフェなので、観光ついでに寄る事もできます。人気のカフェなので、イギリス旅行の際はぜひよってみてくださいね。
カリカリがたまらない!在住者も虜にするロンドンでおすすめのスコーン!|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
カフェ(ティールーム)によってスコーンの食感や味も様々ですが、ロンドンのケンジントンエリアにある「Muffin Man(マフィンマン)」では、珍しいトーストスコーンをいただくことができます。日本では「アフタヌーンティー」が有名ですが、今回ご紹介するのは、紅茶とスコーンのセット「クリームティー」。マフィンマンで「クリームティー」を楽しんできました!
【お土産調達にも最適!】美味しいロンドンを満喫♪人気観光地「バラ・マーケット」を散策|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ロンドンには、アンティーク品やファッションなど様々なジャンルのマーケットがたくさん。その中でも美味しい食べ物や生鮮食品が販売されている「バラ・マーケット」は、世界中の観光客から大人気。お店の種類も豊富で、お食事はもちろん、お土産探しにもおすすめです。
【イギリス ロンドン】知る人ぞ知るフードマーケット「Mercato Metropolitano」で美味しいディナータイム|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
近頃開発が進み急発展している、テムズ川の南にあるエレファント&キャッスルエリア。最近多くのロンドナー達で賑わう、食事やお酒を楽しめるフードマーケット「Mercato Metropolitano」に行ってきました。ガイドブックには載っていない、ローカルらしい雰囲気と美味しいお料理が楽しめるとっておきのスポット。ぜひ足を運んでみてくださいね。
【在英ライターが惚れた!】甘党必見!ロンドンの濃厚ホットチョコレートに舌鼓♪|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ロンドン市内での観光やショッピングの合間、ちょっと一息つきたい時におすすめなのが濃厚ホットチョコレート!ピカデリーサーカスや百貨店リバティから徒歩すぐのところにある、イタリア発のチョコレート専門店で、チョコ好きにはたまらない商品ばかり。ぜひ甘い甘い至福のひとときをお過ごしください。
【イギリス ロンドン】紅茶といえばここ!300年以上続く老舗店フォートナム&メイソン本店へ|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
1707年創業の老舗百貨店「フォートナム&メイソン」。高級紅茶ブランドとして世界的にも有名で、お土産にぴったりのプロダクトがたくさん揃います。今回はロンドン・ピカデリーにある「フォートナム&メイソン」の本店に行ってきました。紅茶が販売されている1階の様子をレポートします。