【イギリス ロンドン】知る人ぞ知るフードマーケット「Mercato Metropolitano」で美味しいディナータイム

近頃開発が進み急発展している、テムズ川の南にあるエレファント&キャッスルエリア。最近多くのロンドナー達で賑わう、食事やお酒を楽しめるフードマーケット「Mercato Metropolitano」に行ってきました。ガイドブックには載っていない、ローカルらしい雰囲気と美味しいお料理が楽しめるとっておきのスポット。ぜひ足を運んでみてくださいね。

イギリスから、こんにちは!
ロンドン在住ライターの志桜里です。

旅行ガイドなどで情報をたくさん仕入れることができるロンドンですが、まだまだ日本人にあまり知られていないスポットもたくさん。

今回は、そんなとっておきのスポットの中から、ローカルな雰囲気に包まれて美味しいお食事を楽しめるマーケット「Mercato Metroporitano(メルカート・メトロポリターノ)」をご紹介します。

P1081599

メルカート・メトロポリターノがあるのは、テムズ川の南にあるエレファント&キャッスルというエリア。

昔はロンドンの中でも治安が悪く危険なエリアと言われていて、現地の人でもあまり近づかない場所だったのですが、どんどんと開発が進み、おしゃれなお店も数多くオープンしています。

マーケットの入り口までは、エレファント&キャッスル駅から歩いて約5分ほどで到着です。

P1081601

入り口には警備員の方が立っていて、バッグの中身をチェックされることも。

このマーケットは何度か訪れているのですが、チェックは警備員さんの気分なのか、日によってチェックがある日とない日がありました(こういうとこもイギリスらしいです笑)。

P1081602

豆電球でデコレーションされているマーケット内に足を踏み入れれば、ちょっとしたお祭り気分♪

屋根がある屋内エリアも広いのですが、晴れて暖かい日は、外の空気を感じられる屋外エリアもおすすめ。

この日は19時頃の到着でしたが、既に多くの方で賑わっていました。

P1081605

マーケット内は、目移りしてしまいそうなほどお店がたくさん!

パスタやピザなどのイタリア料理に、リーズナブルに楽しめるフレンチ、トルコ料理、インド料理、ラーメンやどんぶりなどの日本料理、レバノン料理やベトナム料理など、本当に様々なジャンルのお店が集結しています。

旅行中、同行している彼や友人と食べたいものが違っても、それぞれ食べたいものを食べることができるの魅力ですよね。

P1081612

また、ドイツやイタリアのクラフトビール、見た目華やかなカクテル専門店など、ヨーロッパでしか味わえないお酒も豊富!

お食事の利用でなく、お酒を飲みに訪れている方も多くいらっしゃいました。

曜日によって異なりますが、日付が変わる頃まで空いているので、レストランで食事を済ませた後の一杯として立ち寄るのもいいですね。

今回は、お食事の利用だったので「お肉が美味しいからぜひ試して!」と現地の友人におすすめされた、LOS PIBES ARGENTINE GRILLというお店でお肉のプレート(2人分)注文。

日本のフードコートと同じようなシステムで、着席するテーブルは自由。

こちらのお店は出来上がったらブザーがなるベルを渡してくれたので、席でゆっくり出来上がりを待ちます。

P1081609

くれぐれも荷物をテーブルに置いてお食事を買いに行く…なんてことはないように気をつけてくださいね。

注文したお肉のプレートがこちら!

P1081617

ポークリブやラム、ビーフなど数種類のお肉に付け合わせのチップス(ポテト)。

お酒のおつまみにもお食事にもぴったり、とってもボリューミーな一皿です。

結局女子2人では食べきれず余ってしまったのですが、お店の方がお持ち帰り用のボックスをくれたので、翌日温め直して美味しくいただきました。

「メルカート・メトロポリターノ」という名前からご想像できた方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもはイタリアンフードマーケット。

イタリアの食材店も併設になっていて、チーズやワイン、オリーブやパスタ麺
など質の高いイタリア食材のお買い物もできます。

お土産に良さそうなものもあるので、お料理が好きな方は立ち寄ってみるのもいいですね。

P1081628

しばしマーケットを散策して、少しお腹が落ち着いてきたところで、食後のデザートにジェラートをいただくことにしました。

P1081622

イタリアンフードマーケットということもあって、ジェラートも好評。

種類が多すぎてしばらく悩んでしまいましたが、ピスタチオのジェラートを選びました。

P1081632

想像以上にクリーミーで本物のピスタチオを舌で溶かしているような濃厚な味わい…!

イタリアで本場のジェラートを食べたことのない私にとっては、これまでの人生で一番美味しかったジェラートとの出会いだったかもしれません。笑

今回は一番小さいサイズ(1種類のみ)にしたのですが、2〜3種類を同時に楽しめる少し大きめのタイプも販売されていました。

P1081611

様々なジャンルの絶品料理、ヨーロッパならではのお酒、そして本場のジェラートまで楽しむことができるフードマーケット「Mercato Metropolitano(メルカート・メトロポリターノ)」。

フードコート形式で気軽に立ち寄ることができるのも嬉しいポイント。

ぜひ、ロンドナーに混じって、素敵なディナータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?