ロンドン紅茶専門店「マリアージュフレール」へ!ジュエリーショップのような豪華な店内

人気観光スポットでもあるロンドンのコヴェントガーデンエリアにオープンした紅茶専門店「マリアージュフレール(Mariage Freres)」。まるでお城に迷い込んだかのような豪華な内装と紅茶商品、2階のティールームをご紹介します。

目次

はじめに

イギリスから、こんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。

ロンドンに旅行に来たら、ティールームで紅茶を楽しんだり、お土産に紅茶を購入しようと考えられている方も多いのではないでしょうか?「フォートナム&メイソン」や「ハロッズ」などイギリス発の紅茶ブランドは数え切れないほどたくさんありますが、今回ご紹介するのはイギリスにあるフランスの老舗紅茶ブランド「マリアージュフレール(Mariage Freres)」。2018年9月に、コヴェントガーデンにオープンしたロンドン初の路面店「マリアージュフレール ティー エンポリウム」に足を運んでみました。

「フォートナム&メイソン」や「ハロッズ」のブログもあるのでよろしければ合わせてご覧ください。

イギリス老舗百貨店「ハロッズ」のブログ
イギリス「フォートナム&メイソン」のブログ

紅茶専門店「マリアージュフレール(Mariage Freres)」について

Jpeg image 62bfdd429e33 9

マリアージュフレールがあるのは、コヴェントガーデン駅からは徒歩2分ほどのキングスストリート。ジョージアン様式の5階建ての建物です。2月ということもあり、ショーウィンドウにはバレンタインのお茶「Blue Valentine」がディスプレイされていて、道ゆく人たちの視線を集めていました。建物は1階がショップ、2階がティールームとなっていて、ウィンドウショッピングのみでも気軽に立ち寄ることができます。

「マリアージュフレール」の豪華な店内

Jpeg image 62bfdd429e33 11

早速ドアを開けると、想像を遥かに超える豪華さに感動!マリアージュフレールの顔でもある、高級感あふれるティーキャディーが出迎えてくれました。ここにある缶は全て自由に開けることができ、購入前に茶葉の香りを確かめることができます。

紅茶やティーポットも!店内に並ぶ商品(1F)

Jpeg image 62bfdd429e33 10

茶葉の香りを楽しんでいると、フレンドリーな店員さんが話しかけてくださり、どんなお茶を探しているのか、どんなフレーバーのものが好きかを伝えると、様々な種類の茶葉を紹介してくれました。お店を代表する商品としては、フルーティーな甘い香りが特徴的な「マルコポーロ」が有名ですが、最近は水色がブルーになる青いお茶「ブルーティー」が流行っているのだそう。ブルーティーは十数種類以上販売されていて、「マルコポーロブルー」という、マルコポーロの青いお茶もあるんだとか。珍しい紅茶をお探しの方におすすめです。

Jpeg image 62bfdd429e33 7

また、珍しい商品といえばこちらの「ティーパフューム」。紅茶の香りがするお香だそうで、9種類ほどの香りがありました。どれも素敵な香りで贈り物にも喜ばれそう。上品で落ち着く香りが多く、自宅に買って帰りたいほどでした。

Jpeg image 62bfdd429e33 12

店内には他にも、茶葉とポットのセットや、人気のブレンドの詰め合わせなど、ギフトやお土産にぴったりのギフトボックスが揃っています。

Jpeg image 62bfdd429e33 4

高級感ある廊下を通り、奥の部屋へと進むと、紅茶が壁一面に並ぶ量り売りスペースが!

Jpeg image 62bfdd429e33 6

この日はお天気が良い日だったので、天井の窓から陽の光が燦々と差し込み、とても居心地の良い空間。紅茶のお供にぴったりのビスケットやチョコレート、ティースプーンやポットなどの茶器など、様々なティーグッズを購入することもできます。1階は、廊下で繋がったこの2部屋のみなのですが、せっかくなので2階のティールームも見学させていただくことに。

「マリアージュフレール」のティールーム(2F)

Jpeg image 62bfdd429e33 2

平日のお昼時でしたが、行列などはなく比較的ゆったりとお茶を楽しめる雰囲気。テーブル席が充実していて、家族連れはもちろん、カップルでティータイムを楽しまれている方もたくさんいらっしゃいました。「マリアージュフレール」で販売されている紅茶をはじめ、クロワッサンやケーキなどのスイーツ、サラダやランチセットなどのフードメニューも充実しています。ちょっと小腹が空いた時や甘いものが食べたい時、お食事をがっつり楽しみたい時、どんなシーンにもぴったりのティールームです。

Jpeg image 62bfdd429e33 3

また、2階の吹き抜け部分から1階を見下ろすと、量り売りの紅茶缶が並ぶ壁がとても圧巻でした…!

おわりに テイクアウトも可能

Jpeg image 62bfdd429e33 1

ちなみに、クロワッサンやスイーツは、1階のレジスペースでテイクアウトすることも可能です。クロワッサン、パンオショコラはとてもフォトジェニックで、インスタ映えも抜群。食べ歩きしながら、コヴェントガーデンを散策してみるのもおすすめですよ。毎日開催されるマーケットや、ロイヤルバレエの本拠地であるロイヤルオペラハウス、人気ブランドのショップなどがあり、お洒落で賑やかなコヴェントガーデン。まだまだ素敵なお店にたくさん出会えそうです。

この記事を読んだ方におすすめ イギリスのカフェや紅茶関連の記事

イギリスの紅茶ブログ

イギリスといったら紅茶が有名。何か一つはお土産にしたいですね。有名な「F&M」などの紅茶専門店(紅茶で有名なお店)ブログがありますので是非チェックしてみてくださいね。

イギリス 紅茶のブログ一覧

イギリス アフタヌーンティーのブログ

イギリスの紅茶を名いっぱい楽しむならアフタヌーンティーがおすすめ。イギリスでアフタヌーンティーが楽しめるお店のブログ一覧です。

イギリス アフタヌーンティーのブログ一覧