ロンドン ノッティングヒルの「ポートベロー・マーケット」でアンティーク品探し!お土産探しにもおすすめ!

毎週土曜日にノッティングヒルで開催されているアンティークマーケット「ポートベロー・マーケット」。イギリスらしい様々なアンティーク商品に出会うことができ、映画「ノッティングヒルの恋人」や「パディントン」の舞台としても有名です。今回は、ポートベロー・マーケットのアンティークエリアをのんびり散策してみました。

目次

はじめに

イギリスから、こんにちは!
ロンドン在住ライターの志桜里です。

毎日市内各地でマーケットが開催されているロンドン。
特に古いものを大切にする文化のあるイギリスでは、アンティークマーケットもたくさん開催されています。

本日は、アンティークマーケットの中でも特に有名な「ポートベロー・マーケット」を散策してみました。

ポートベロー・マーケット

開催日・開催場所

P5091914

ポートベロー・マーケット、毎週土曜日にノッティングヒルにあるポートベロー・ロードで開催されています。

ノッティングヒルは、映画「ノッティングヒルの恋人」や「パディントン」の舞台としても知られている高級住宅街。周辺の街並みがとても美しいエリアです。

アクセス

P5081850

ポートベロー・ロードまでは、Ladbroke Grove駅、Notting Hill Gate駅から徒歩数分。駅を出るとあちこちに道案内の看板が立っているので、土地勘がない方でも比較的簡単に到着できます。

特にマーケットが開催されている土曜日は、観光客の方で賑わっているので、人が歩いていく方へと身を任せていても到着できそうです。

可愛いお店がたくさん!ポートベロー・マーケット入口

Pa290309

入口の様子

ポートベロー・マーケットの入り口までの道沿いにも、可愛らしいお店がたくさん。

P5081861

マグネットやキーホルダー、ポストカードなどロンドンらしいお土産を扱っているお店や、

P1012699

華やかなお花のデコレーションが目を引くアイスクリーム屋さん、

P1012761

ロンドン柄をあしらったTシャツやジャンパー、ベビー服などを販売しているお店などがありました。

しばらく歩くと、ポートベロー・マーケットの入り口に到着です!

P5161931

通り沿いの建物はカラフル。特に晴れている日は、青空とのコントラストが非常に美しく、思わず写真に収めたくなるような景色を楽しめます。

P1012706

ポートベロー・マーケットが開催されている通りには、このような看板があちこちに立っています。

Notting Hill Gate駅から訪れた場合、この看板の下部分から上(北)に向かって歩いていくルートになり、アンティークマーケット → フードマーケット →ヴィンテージファッション → 蚤の市という風にマーケットのジャンルが変わっていきます。

今回は、アンティークマーケットをゆっくり散策してみました。

いよいよ!ポートベロー・マーケット内へ突入

P5071823

まず見逃せないのが、ポートベロー・マーケットの入り口側にある、アンティークショップ「ALICE」。

こちらは映画「パディントン」で登場した骨董品店「GRUBER’S」のモデルとなったお店。外観が全く一緒なので、映画を見た人はピン!とくるはず。

グルーバーさんはいませんが、可愛らしい茶器やアンティーク品が販売されています。お手頃価格のものもあり、お土産探しにもおすすめです。

P5071824

他にも、古書やセカンドハンドブックを扱うお店や、

P5071828

お皿やティーセットなどの食器を販売しているお店、

P5081876

古いカメラを販売しているお店など、様々なジャンルのお店が。

P5091889

ハンドメイドのレースのお店もあり、珍しい柄のものを数種類購入しました。

こちらのレースのキーホルダーは、1つ£2(約300円)。もちろん高級なアンティーク品も数多く販売されていますが、気軽に購入できる掘り出し物もたくさん見つかります。

P5071830

こちらの可愛い花飾りのお店でも、へアドレスを1つ購入。店員さんがその場で髪をアレンジしてくれました。

また、店員さんのお友達が近くでケーキスタンドを販売しているということで、早速そのお店に行ってみることに。

こうやってお店の方と会話をゆっくり楽しめるのも、マーケットならではの魅力です。

P5071827

こちらのケーキスタンドのお店では、大・中・小の3種類、好きなお皿を選びオリジナルのケーキスタンドを作ることができました。

軸となる棒は簡単に取り外しができるので、持ち運びも楽々。お気に入りのお皿だけを集めた、世界に一つだけのケーキスタンドは旅の記念にも◎。

自宅でのアフタヌーンティーに使用するのはもちろん、アクセサリーなどを置く雑貨として使うのもいいですね。

おすすめのお店のご紹介

「The Notthing Hill Book Shop」

また、ポートベロー・ストリート沿いから一、二本通りを入ったところにも、素敵なお店がたくさんあります。

おすすめ1件目は「The Notthing Hill Book Shop」。

P1012725

映画「ノッティングヒルの恋人」で、ウィリアムが働いていた本屋さんのモデルになった場所です。

映画が撮影されてから随分と時が経っているものの、当時の面影が残っているため、映画ファンならワクワクしてしまうこと間違いなし。

本だけでなく、書店オリジナルのエコバッグなどのグッズも販売されています。


「Biscuiteers」

P1012732

まるで絵本から飛び出してきたような外観が目を引くBiscuiteersは、ロンドンでも有名なアイシングクッキーのお店。

衛兵や赤い電話ボックスなど、ロンドンをモチーフにしたクッキーもあり、お土産探しにもおすすめ。

1階にはカフェもあり実際にアイシングを体験することもできます。旅行の記念にオリジナルのアイシングクッキーを作ってみるのもいいですね。

日本でもおなじみ!有名店

P1012737
P1012738

その他、女性に人気の「キャスキッドソン(Cath Kidson)」や「Neal’s Yard Remedies
(ニールズヤード レメディーズ)」などの有名ブランドもあり、ゆっくり回ればあっという間に1日が経ってしまいそう。

Pa290322

今回はアンティークマーケットのみの散策でしたが、次はフードマーケットにも足を運んでみたいです。

ぜひロンドンで過ごす土曜日は、ノッティングヒルの散策に出かけられてみてはいかがでしょうか?