【漫画】特別編:スウェーデンの伝統菓子「セムラ」『HEJ!from SWEDEN』

スウェーデンの春の訪れを告げる伝統菓子「セムラ(semla)」。毎年1月~3月と期間限定で食べる事ができます。シュークリームのような見た目をした(味は違いますが)食べごたえのあるパンで、スイーツ感覚で楽しむ事ができます。

目次

はじめに

スウェーデンの伝統菓子「セムラ」。コーヒー文化FIKAがあるスウェーデンはとにかくコーヒーの”お供”がおいしいと評判です。前回ご紹介したシナモン同様「セムラ」もちょうどいい甘さのようで、大人のスイーツとして大人気です。今回はその「セムラ」についてご紹介します。

本編

Semla1


Semla2


Semla3


Semla4


Semla5
「HEJ!from SWEDEN」の漫画作品一覧▼

スウェーデンの伝統菓子「セムラ」について

スウェーデンの伝統菓子「セムラ(Semla)」。チャイやコーヒーにも使われるスパイス、カルダモンの入ったパン生地に生クリームとアーモンドペーストがはさまっています。「セムラ」の歴史は意外にも古く15世紀頃かが続いている習慣です。当時はキリストの復活を祝う行事イースター(スウェーデンでは”ポスク”という)の46日前から断食を行っていたのですが、断食を行う前、栄養を取るために食べられえていたと言われています。(ということはカロリーが…)その後断食の習慣はなくなりましたが「セムラ」だけは、春を告げるお菓子として受け継がれていきました。

ポスクについては『特別編:スウェーデンのイースター「ポスク」』でも紹介しています。私たち日本人がイメージするイースターと少し異なる雰囲気の様子。こちらも是非、合わせてお楽しみください。

スウェーデンのイースター「ポスク」のぺージ▼

今では1月~3月までの期間限定のスイーツとして親しまれており時期が来るとカフェでもみかけるようになったり、ストックホルムで一番美味しいセムラを決める「セムラコンテスト」を行ったりと、まるでお祭りのようですね。この時期にスウェーデン旅行をされる方は是非食べてみてくだささい。

【お知らせ】Aikoさん著書出版

Banner mannga

『HEJ!from SWEDEN~スウェーデンからこんにちは!~』の作者Aikoさんが書籍を出版しました。今回のテーマセムラについても触れていますよ!Aikoさんによるとスウェーデンのスイーツはとても美味しくてクオリティが高い。流石カフェ文化FIKAをもつ国ですね。

購入サイトはこちら▼