ロンドン「バラ・マーケット」で食べ歩き!お買い物ついでにブランチを楽しもう

タワーブリッジなどの観光地に近い「バラ・マーケット」。イギリスの料理は美味しくないというイメージをすぐに覆してしまうほどの、絶品フードが集結しています。美味しい料理にカクテル、そしてお土産など、彼との食べ歩きデートにもぴったりの場所です。

目次

観光するなら絶対おすすめ!「バラ・マーケット」

イギリスから、こんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。

ロンドンに遊びに来てくれた友達に必ず案内する「Borough Market(バラ・マーケット)」。イギリス名物をはじめ、他にもたくさんの美味しいグルメを楽しめるマーケットです。以前一度バラ・マーケットの記事は執筆しましたが、また別のお店に行ってきました。彼氏と来ていたら食べ歩きデートをぜひお楽しみください!

▼前回の「バラ・マーケット」の記事はこちら。前回はパスタやドーナッツを堪能!どれも美味ですよ。

美味しいロンドンを満喫♪人気観光地「バラ・マーケット」を散策|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
ロンドンには、アンティーク品やファッションなど様々なジャンルのマーケットがたくさん。その中でも美味しい食べ物や生鮮食品が販売されている「バラ・マーケット」は、世界中の観光客から大人気。お店の種類も豊富で、お食事はもちろん、お土産探しにもおすすめです。

ロンドン最古の青果市場「バラ・マーケット」

P1012988

バラ・マーケットとは、ロンドン最古の青果市場。現在は、新鮮な野菜などの食材はもちろん、フードメニューを販売する屋台も立ち並び、現地の人にも観光客にも大人気のグルメマーケットとなっています。

インフォメーション

最寄り駅:
ロンドンブリッジ(London Bridge)駅。駅から徒歩すぐでマーケットの入り口に到着です。

定休日など:
水〜土曜は全てのお店がオープン。月・火は一部のお店のみ、日曜日はお休みとなっているので、訪れるなら水〜土曜がおすすめです。

朝10時!マーケットの開店時間は比較的すいている!

Img 4526

本日は、マーケットの開店時間(朝10時)にやってきたので、日中に比べるとまだ人も少なめ。それでも観光客の人をちらほら見かけました。

マーケット内のお店一部をご紹介!

まずは、スコッチエッグを!と思いお店に向かったのですが、まだ準備中でした。「あと15分くらい待って〜」と言われたので、マーケット内をぶらぶらすることに。今回は、お腹も空いていたので別のお店を探しに出かけます。

「oliveology」豊富なフレーバーが自慢のオリーブオイル店

Img 4538

オーガニックオリーブオイルのお店「oliveology」を発見!

Img 4537

オリーブオイルは、細かくカットされたバケットと合わせて試食することができます。

友達は記念に一番右端の「Lemongrass&Tarragon」をチョイス。タラゴン(Tarragon)はハーブビネガーに使われる定番のハーブです。

私も試食したのですが、レモン風味が効いた爽やかなフレーバーで、朝食のパンに付けて食べると、すっきりした1日が迎えられそう。

「インド料理屋」ジューシーなお肉ラップが楽しめる

次に訪れたのが、スコッチエッグのお店の近くにあったインド料理屋さん!

Img 4547

友達は、この美味しそうなラップのディスプレイに惹かれて購入を決めた様子。

このように事前にお目当のお店がなくても、ふらふらと歩くだけで美味しいご飯に出会えるのもマーケットの魅力。どのお店も美味しそうに見えるので(そして実際に美味しいです!)、お店選びが大変になるほど。

Img 4549

チキンやラムなどお肉ベースのものや、お魚やえびを入れたシーフードのものなど、味の種類も豊富。友達が頼んだのは、ステーキ肉とエビのCOMBO(10ポンド)でした。

Img 4551

このラップを片手に「お酒が欲しくなる」と呟いていた友達。

イギリスのカクテルといえば「ピムズ」だよと教えたところ、マーケット内のピムズ売り場へ直行することに!

「ピムズ」カクテルを楽しもう

「ピムズ」とは柑橘系のリキュール。ソーダなどで割って飲むと美味しいとの事。

Img 4534

ユニオンジャックも描かれていて、イギリス感満載!

Img 5014

私はアルコールを飲まないので、一度もピムズを試したことはなかったのですが、友達曰く「アルコールは強くないし、ジュース感覚でごくごくと飲めて美味しい!」とのこと。お酒を楽しみながらの食べ歩きも、お酒好きな人にはおすすめです♪

試飲もある!?”一口どうぞ”の楽しみ

P4308090

マーケットを周遊していると、いろんな屋台から「一口どうぞー!」と試食を勧めてくれる声が。チーズやパエリア、ムール貝などの試食をもらいながら、マーケットを物色していきます。

「DUCK CONFIT」鴨のコンフィ

私の大好きなダックのお店「DUCK CONFIT」を発見!ラップやサンドウィッチ、サラダなどのメニューがありましたが、本日はサンドウィッチをシェアすることに。

コンフィとはオイルで煮る調理法。お肉がほろほろとほどけ、口の中にジューシーな肉汁が滴ります。もともとはフランス料理ですが、イギリスの鴨のコンフィも絶品です。是非食べていただきたい一品です。

P4308095

お店のお兄さんが気を利かせてくれ「2人でシェアするの?」と確認してくれました。シェアすることを伝えたところ、1つ分の値段で一回り小さいサイズのバーガーを2つ用意してくれました。バーガーをシェアするのはなかなか大変なので、これは嬉しいサービスですよね。

Img 4580

あふれんばかりのダックに大満足♪味付けも濃すぎず、ふかふかのブリオッシュパンとの相性も抜群でした。

「ご飯マズイ」印象を払拭!大満足の友人

P1012988

今回は、開店の10:00から1時間半ほど、バラ・マーケットでお食事や買い物を楽しみました。マーケット内には、まだまだイギリス名物を始め、美味しくて有名なお店がたくさんあります。「イギリスってご飯が美味しくないんじゃない?」と心配な方は、ぜひバラ・マーケットに行ってみてください!同じように言っていた私の友人も「美味しい!」といってたくさん食べていました!

タワーブリッジなどの観光地も近く、マーケットの雰囲気&美味しいお料理を楽しめるバラ・マーケット。ぜひロンドンにきたら、訪れてみてくださいね♪