Diorコラボのスイーツが可愛い!ロンドン「The Berkeleyホテル」での高級アフタヌーンティー

The Berkeleyホテルで「Dior」コラボのアフタヌーンティーをいただいてきました。「Dior」コラボケーキやお食事(セイボリー)メニュー、定番スコーンをご紹介します。豪華ホテルでの素敵なアフタヌーンティーをお楽しみください。

目次

ドレスアップして高級アフタヌーンティーを体験

イギリスからこんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。

女の子の憧れ、高級ホテルでのアフタヌーンティー。ふと立ち寄ったティールームでいただくカジュアルなアフタヌーンティーももちろん素敵ですが、ドレスアップして高級ホテルでいただく本格的なアフタヌーンティーはやっぱり格別。今回は、女性に人気の高い「The Berkeley」ホテルのアフタヌーンティー(「Dior」コラボ)をご紹介します。

「The Berkeley(ザ・バークレイ)」について

Img 5563

「The Berkeley(ザ・バークレイ)」は老舗デパートのハロッズからも徒歩圏内、高級住宅街でもあるベルグラヴィアエリアにある5つ星ホテル。ホテルの1階にあるCollins Room(コリンズルーム)では、ファッションをテーマにしたアフタヌーンティーが提供されており、現地の方から観光客にまで大人気!約6ヶ月でメニューが更新されるのですが、現在V&A博物館でDior展が開催されていることもあり、今回はDiorとのコラボメニューとなっていました。

「The Berkeley(ザ・バークレイ)」のドレスコード

P5028231

事前の予約は必須で、ドレスコードはスマートカジュアル。いつもよりちょっぴりドレッシーな格好でのお出かけです。テーブルには予約した名前がプリントされたネームプレートがおかれていて、なんだか嬉しい気分に。

アルコールもあり!メニュー紹介

Img 5566

シャンパン付き、モクテル(ノンアルコールカクテル)付きのアフタヌーンティーもありましたが、今回は紅茶をたくさん楽しみたかったので、通常のものをチョイス。カップルで来た際はカクテルを注文するのもいいですね!私が頼んだセットには、下記が含まれていて、お値段は£60。最初のドリンクを注文して、メニューが届くのを待ちます。

■セイボリー(お食事)メニュー
■スイーツメニュー
■ドリンク飲み放題

気分もアガる!オシャレなカップで紅茶を楽しむ

P5028238

おしゃれなポットとカップで、紅茶が到着!

P5028236

一杯目は、紅茶のシャンパン「ダージリン」の2ndフラッシュをいただきました。

セイボリー(軽食)メニュー

P5028243

そして待ちに待ったセイボリーメニューが到着。6種のサンドイッチと、小鉢に入ったフード3種です。

P5028245

サンドイッチは全てパンまで異なるこだわりっぷり。具沢山で食べ応えも満点です。

■玉葱パンのローストチキンサンド
■ブラウンパンのパストラミ(お肉の燻製)サンド
■ライ麦パンのスモークサーモンサンド
■ブリオッシュパンのトマト&クレスサンド
■トマトパンのチーズ&ビートルートサンド
■七穀パンのチーズサンド

P5028246

こちらのお皿に乗っているのは以下の3品。

■野菜のマリネとマグロ
■パースニップクリームのトリュフピューレ添え
■プラムジャム入りブリオッシュのカマンベール乗せ

アフタヌーンティーなので、主にスイーツをメインに考えていたものの、このセイボリーメニューを食べに来たいと思えるほどの美味しさ。どれも上品な味わいで大満足でした。

Img 5642

テーブルにはお花も飾られていて、店内もホテルのレストランらしく優雅な雰囲気。時間制限などもなく、ゆっくりお茶やおしゃべりを楽しむことができます。別の茶葉でポットティーのおかわりをもらいながら、セイボリーを完食。

Diorイメージのスイーツスタンドが登場

Beauty 1556801887343

いよいよ待ちに待ったスイーツスタンドがやってきました…!Diorのプロダクトをイメージした、7種類のスイーツが綺麗に飾られています。

Diorコラボケーキ①レッドベルベットケーキ&パブロバ

Img 5684

下段は、Lady Diorの赤いハンドバッグをイメージした「レッドベルベットケーキ」と、DiorのドレスThe Mugetをイメージした「パブロバ」。

Img 5638

スイーツのインスピレーションとなったDiorのプロダクトは、テーブルのプレートで確認できます。

Diorコラボケーキ②ムースケーキ&フロマージュケーキ

P5028261

真ん中のお皿に乗っているのは、Miss Diorのドレスを表現した「ムースケーキ」と、イブニングガウンをイメージした「フロマージュケーキ」。ムースケーキには紫のお花が乗っており、フロマージュケーキにはキラキラのラメがトッピングされています。

P5028273

見た目はシンプルな2つですが、中はしっかり層になっていて、ピューレの酸味やクリームの甘味、ビスケット生地のサクサク食感やフロマージュのしっとり感など、飽きることなく美味しくいただけました。

Diorコラボケーキ③ライチ&ラズベリーケーキ

P5028277

上段には、Miss Diorの香水をイメージした「ライチ&ラズベリーケーキ」、Diorのハイヒール J'Adior slingbackと白いバージャケットのアイシングクッキーが。

Img 5685

Miss Diorの香水はしっかりロゴまで再現されていて、食べるのがもったいないと思ってしまうほど。一緒にアフタヌーンティーを楽しんだ友人は、アフタヌーンティーの思い出にとこちらの香水を免税店で購入して帰ったそうです。

アフタヌーンティー定番のスコーンもあり

Img 5680

アフタヌーンティーは、サンドイッチ・スコーン・スイーツがそれぞれ1段ずつ、3段のケーキスタンドに載せられてくるのがスタンダード。お店の方に「ここのアフタヌーンティーはモダンな感じですね」と話していたところ「美味しいスコーンもあるのよ」とスコーンをサービスしてくださいました。

スコーンにつけるジャムも充実

P5028283

ジャムは、ラズベリージャムとストロベリージャムの2種類。クロテッドクリームとジャムをたっぷりつけたスコーンは絶品です。この頃には、それぞれ3種類めのポットティーをいただいていました。友人とシェアしながら飲んでいたので、約6種類の美味しい紅茶を堪能できました。

おわりに ロンドンでしか体験できない特別な時間を是非2人で

Img 5667

13時にテーブルにつき、帰路についたのは夕方17時ごろ。約4時間のゆったりとしたひと時を、美いしい紅茶とお食事で彩ることができました。心もお腹も満たされるアフタヌーンティー。新婚旅行や誕生日など、記念日での利用もおすすめですよ。ロンドン旅行の旅程に、高級ホテルでのアフタヌーンティーも組み込まれてみてはいかがでしょうか?

他にもイギリス話題のお店やカフェ、観光スポットをご紹介しています。是非ご覧ください。

イギリス在住ライター志桜里のブログ一覧▼

この記事を読んだ方におすすめ アフタヌーンティー関連ブログ

イギリスにはこの他にもアフタヌーンティーを楽しめるカフェやティールームがたくさんあります。カジュアルからフォーマルまで様々ですので、是非お気に入りのティールームを見つけてくださいね。

イギリス アフタヌーンティーブログ一覧▼

2~3段のケーキスタンドでケーキやスコーン、サンドイッチを楽しむアフタヌーンティーとは異なり、スコーンと紅茶を楽しむ簡単な軽食「クリームティー」をご存じですか。アフタヌーンティーよりお値段もお手頃でカジュアルなので行きやすく、お店によってスコーンの味や焼き加減も異なり食べ比べが楽しいです。こちらのブログも是非ご覧ください。

イギリス クリームティーのブログ一覧