ロンドンのカフェ「Butter Believe it」お花に囲まれたティータイム!

お花に囲まれた可愛いロンドンのカフェ「Butter Believe it」。パステルカラーの可愛い店内や注文したピーナッツバターケーキ、ティー、クッキーをご紹介。可愛い店内の写真もたくさんあります。「オールドスピタルフィールズマーケット」近くなので買い物帰りに是非行ってみて!

目次

はじめに お花に囲まれたカフェで素敵なティータイム

イギリスから、こんにちは!ロンドン在住ライターの志桜里です。

東ロンドンには観光客に人気の「オールドスピタルフィールズマーケット」があります。そのマーケットのすぐ側にあるのが、お花に囲まれた外観が特徴のカフェ「Butter Believe it」!ケーキ&クッキーのバラエティの豊かさが魅力で、居心地の良い素敵なティータイムを過ごすことができますよ。

「オールドスピタルフィールドマーケット」について

Photo1  butter

オールドスピタルフィールドマーケットは、ロンドンのシンボルであるロンドン塔やタワー
ブリッジから歩いて20分ほどにあるマーケット。曜日ごとに違ったお店が並んでいるため、何度行っても楽しめるマーケットです。

ご夫婦で営むカフェ「Butter Believe it」

Photo2 b

そんなオールドスピタルフィールドマーケットの目の前にある、Brushfield Street沿いを歩いていると、お花の飾りが目を引くお店が!ご夫婦で経営している「Butter Believe it」というカフェです。

Photo6 b

お店の中に入ると、ディズニー映画の曲が流れてました。しかし、今回はたまたま店長さんの気分だったようで、普段は基本的にジャズなのだそう。ジャズもディズニーも、お店の雰囲気に合います。パステルカラーで統一された店内には、お花とケーキが飾られていて、とても気分が上がります。

ズラリと並ぶケーキ

Photo3 b

カウンターには、様々な種類のケーキとクッキーがずらりと並んでいます。ケーキには、カラフルなアイシングが外側に施されていて、見ているだけでも楽しいです。さらに、ケーキにはそれぞれチャーミングで可愛らしい名前が付けられていました。

私がクスッとしたネーミングは「carrot live without cake」。「cannot live without cake(ケーキなしでは生きていけない)」からきているダジャレのような名前なのです!

Photo4 b

ケーキにはそれぞれ、スポンジやクリームについて詳しく説明書きがされているため、味を想像しながら選ぶことができます。ケーキ選びに迷ったら、スプーンでひと口ずつ試しに食べさせてもらうこともできますよ。

ティーメニューも豊富

Photo5 b

壁にはティーメニューもあり、スイーツメニューと同じく、ミルクやエスプレッソなど何が入っているドリンクなのか詳しく説明が書いてあります。今回は、甘さ控えめの「PB and Joy」という名前のケーキと、店員さんオススメの「Dirty Chai」を注文しました。

今回オーダーしたケーキとカフェ

チャイラテにエスプレッソショットを加えた「Dirty Chai」

Photo7 b

こちらが「Dirty Chai」、チャイラテにエスプレッソショットを加えたドリンクです。苦味を感じるかと思いきや、口の中にほんのりと優しい甘さが広がり、疲れたときにふぅーとのんびり飲みたくなるような味でした。

ピーナッツ香る「PB and Joy」

Photo8 b

「PB and Joy」は、メープルシロップに漬け込んだピーナッツバターのスポンジのケーキに、ピーナッツバターとマスカルポーネのラベンダー色のアイシング。マスカルポーネの風味はあまり強くなく、口に入れた途端にピーナッツの香りがふわっと広がりました。

Photo9 b

ケーキの層にもナッツがしっかり入っています。

焼き立てクッキーも!

Photo10 b

お茶とケーキを楽しんでいると、ごろっと大きなチョコの入った焼きたてのクッキーを持
ってきてくださいました。人気の商品だそうで、焼きたての甘い香りがお店中に漂っていました♪

終わりに まるで絵本のようなケーキ

Photo11 b

誕生日ケーキやウェディングケーキなど、特別なシーンで利用するケーキのオーダーも受け付けているそう。まるで絵本の中から飛び出してきたような、可愛らしいデザインのケーキですね。店員さんもオーナーさんもとてもフレンドリーで、とても居心地の良いティータイムを過ごすことができました。ぜひスピタルフィールズマーケットでのお買い物のついでに、美味しいスイーツでホッと一息ついてみるのはいかがでしょうか?

イギリスにはまだまあ写真映えする芸術レベルのケーキ屋がたくさん!ブログで紹介しているので合わせて是非チェックしてみてください。

イギリス ケーキ屋のブログ一覧