イタリアのジェラートの頼み方と豊富なフレーバーをご紹介!

イタリアでジェラートを頼む時に使うイタリア語とオーダーの流れをご紹介。また種類豊富なフレーバーとイタリア発のスイーツ「ブリオッシュサンド」の名店も!ここでマスターすれば当日あたふたしなくて大丈夫。

目次

イタリアでジェラートを食べよう

Itaria zyera to adobestock 204649652

イタリアにきたら本場のジェラートが食べたいですよね。一番小さいサイズでも2種類選べるようになっておりなかなかボリュームがあります。

コーンに大きさ、味など慣れないイタリア語で大変だと思うので、ここでご紹介します。

ちなみにイタリア人はジェラートに関しては結構こだわりがあるようで、人によっては「下にバニラをおいて上にコーヒーにして」など、注文していたりもします。

ジェラートの頼み方 イタリア語に挑戦!

①カップorコーンを選ぶ

Img 20190509 120159

まずはじめに、カップorコーン、そして大きさを指定します。それによって選べる種類が変わります。

イタリア語ではカップとコーンはそれぞれ下記のようになります。

・コーン:cono(コーノ)
・カップ:coppa(コッパ)

※カップはcoppetta(コペッタ)という事もあります。

②サイズを選ぶ

Itaria saizu adobestock 256312017

イタリア語でサイズを表す文字はこれ。

・フレーバーが2種類:piccola(ピッコロ)

・フレーバーが3種類:media(メーディヨ)

・フレーバーが4種類:grande(グランデ)

③注文する

「①→②→お願いします(ペルファボーレ)」の順番で組み立てればイタリア語が完成します。

例を挙げるとこんな感じです。

■2種類のコーン
Un ①cono ②piccolo,per favore.(ウン・コーノ・ピッコロ ・ペルファヴォーレ)


■3種類のカップ
una coppa media,per favore.(ウナ・コッパ・メーディア・ペルファボーレ)!

フレーバーを選ぶ

Itaria zyera to adobestock 120338644

①②まで注文できたら、あとは指差しでも大丈夫!(笑)でもせっかくなのでフレーバーもご紹介。イタリアジェラートの種類は驚くほど豊富なので、ここで事前にチェックしておくとスムーズかもしれません。

ピスタチオ(Pistacchio/ピスタッキオ) 

Pisutathio adobestock 169211146

主にブロンディ地方のフレッシュなピスタチオをたっぷりと使った濃厚な味です。色も優しい緑、ピスタチオそのものが感じられます。チョコレートやバニラ、コーヒーなどと合います。

くるみ(noce/ノーチェ,ノッチョラ)

Kurumi adobestock 96372842

こちらもかなり濃厚です。ピスタチオと組み合わせる人も少なくありません。

ダークチェリー(amarena/アマレーナ)

Amarena adobestock 169220641

チェリーをリキュールにつけた赤紫色のジェラートです、香り高く大人の味です。

チョコレート(cioccolato/チョコラータ)

Tyokore to adobestock 140972380

とにかくチョコレートだけでも5種類くらいある店が少なくありません。最近ではビーガンのためのチョコレート味も出ていて、さっぱりして食べやすいです。

レモン(limone/リモーネ)

Shitiriaremonn adobestock 110691803

シチリアレモン、有名ですよね。甘味も調度良くスッキリした味わいです。

サボテンの実(Fico d'india/フィーコ・ディ・インディア)

Sabotennnomi adobestock 25601455

季節が限定されますが春から夏まで見かけることができます。どこの店でもおいているわけではありませんが試してみてください。

スイカ(Anglia/アングリア)

Itaria suika adobestock 139311013

スイカの種のように中にチョコチップが入っていて美味しいです。日本のあの有名なアイスに似た感じですね。

ミルク(fior di latte/フィオーレ・ディ・ラッテ)

Itaria fiordilatte adobestock 41615177

ミルクと生クリームフレーバーのジェラート。シチリアでは定番の味です。

イタリアジェラート 豆知識

フルーツ系とチョコレート系で別れている

Itaria zyera to adobestock 241030097

お店によりますが大体、クリーム系のこってりタイプとフルーツベースのものとが左右に分かれています。なのでチョコレートが食べたい時は左側を、さっぱりフルーツ系がいい時は右側を覗くと良いです。

気になるアイスは「 posso assaggiare?(ポッソ アッサッジャーレ?)」と言って、試させてもらいましょう。味見したいものを指でさせば、小さなスプーンにサクッと取って、渡してくれます。

種類豊富なチョコレートフレーバー

Img 20190610 164229

ちなみに写真は、パレルモにあるモディカチョコレートを使ったジェラートを出すお店『Il Signor Di Carbognano』。一口にチョコレートアイスと言っても様々。チップ状のチョコオレンジやシナモンがき効いたもの、さらにはペペロンチーノなど、その種類が豊富で選ぶのも楽しい。

フルーツはフルーツ!チョコはチョコ!がシチリア流

Itariazyera to adobestock 241030132

シチリアではフルーツ系とチョコレート系を一緒に組み合わせたりすることが少ないので「イチゴにチョコレート」など言うと、びっくりされることもありますが、ここは自分の好きを通して良いと思います。

イタリアのスイーツ!ブリオッシュサンド

夏のお昼ご飯代わりに、お腹が空いたおやつに食べる定番デザート

Img 20190610 164206

イタリア シチリアの定番デザート。ブリオッシュというパンにジェラートを挟んだタイプです。豪快にたっぷりと好きなジエラートを塗り込んでくれます。最後に生クリームをオンしたら完成!

最初はスプーンで食べながら、最後はアイスが溶け込んだブリオッシュをいただきます。それではボナペティート!

イタリア シチリアおすすめジェラートのお店

シチリアに住む私がおすすめするジェラート屋さんをご紹介!

Gelateria Al Cassaro(ジェラッテリア アル カッサロ)

Img 20190509 1201524

・Gelateria Al Cassaro(ジェラッテリア アル カッサロ)

・住所:via 90133, Via Vittorio Emanuele, 214, Palermo

・連絡先:+39 380 155 2968

・営業時間:通常 11:00〜23:00頃 冬季休暇あり

Il Signor di Carbognano(イル シニョーレ カルボニャーノ)

Img 20190610 165528

・Il Signor di Carbognano(イル シニョーレ カルボニャーノ)

・住所:Via Emanuele Notarbartolo 2C Incrocio Via Libertà

・連絡先:+39 091 730 2545

・営業時間:12:00 - 23:30