絶対に抑えたいフィレンツェの美術館とおすすめ名画6点!

イタリアには400を超える美術館が存在しますが、その中でもトップクラスの美術館がフィレンツェにあることはご存知ですか?『屋根のない美術館』と言われるほど、街全体が芸術作品のように美しい世界遺産の街 フィレンツェ。今回は、芸術の街フィレンツェに来たら、絶対に見逃せない有名美術館『ウフィツィ美術館』『アカデミア美術館』と、実際に見て感動した名作6点をご紹介します!

目次

ウフィツィ美術館

%e3%82%a6%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%84%e3%82%a3%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8

ヨーロッパの美術館の中でも歴史深い美術館である『ウフィツィ美術館』。

元々はイタリア貴族メディチ家が美術コレクションを収蔵するために使用していた建物で、のちにメディチ家の相続人が建物と美術品をトスカーナ政府に寄贈したと言われています。

Uffizi gallery adobestock 138670967

館内には、ボッティチェッリやレオナルド・ダ・ヴィンチなど、イタリア芸術有名画家の名画が数多く展示されていて、400あるイタリアの美術館でも入場者数は一番を誇っています!

それではまずは、『ウフィツィ美術館』で、絶対に見るべき名画をご紹介します。

ウフィツィ美術館の名画①ヴィーナスの誕生

Img 6807

誰もが一度は目にしたことのある傑作絵画ではないでしょうか?イタリア・ルネサンス期最高の名画の一つとも言われている、ボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生』です。この絵画を前にすると、貝の上に立つヴィーナスの美しさに目を奪われます!優しく淡い色使いに心をほっとさせられる人もきっと多いはず。

この時期の絵は、止まっているもの、いわゆる『静』をイメージしたものが多い中、風になびかれた髪に躍動感があり、とても面白いと思いました。

ウフィツィ美術館の名画②プリマヴェーラ

Img 6804


こちらもボッティチェッリの作品『プリマヴェーラ』。日本語では『春』という意味です。『ヴィーナスの誕生』と並ぶ彼の代表作。木々にはオレンジの果実が実り、ルネサンスの春を象徴しているような華やいだ一枚ですね。

実はこの絵画の隠れテーマは『恋』。絵の中心にいるのは愛と美の女神ヴィーナス。そしてヴィーナスの上にいる天使は「恋のキューピット」なんです。よく見ると、天使が目隠ししているのですが、これは『恋は盲目』を表しているんだとか。いつの時代も、恋をすると夢中になるのは一緒なんですね!

この他にも、絵の中ではさりげなく恋模様が描かれています。誰が誰に惚れているのか、彼と探しながら見てみるのも楽しいですよ。

ウフィツィ美術館の名画③受胎告知

Img 6820


もしかしたらこちらの絵は見たことがないという人もいるかもしれませんが、これはモナリザを描いた芸術の巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品『受胎告知』。マリアが天使からキリストを授かったことを告知されるシーンが描かれています。

今や世界で知らない人がいないほど有名なダヴィンチですが、この作品は彼がまだ無名な20歳の頃に制作されたもの。なんと画家デビュー作なんです。ダヴィンチの画家としての出発作品をぜひその目で見てみてくださいね!

ウフィツィ美術館の名画④メドゥーサ

Img 6832

髪の毛が蛇、首からは血…と、なんとも恐ろしいこの名作はカラヴァッジオの『メドゥーサ』。『メドゥーサの首』とも言われています。見たものを石に変える能力を持つメドゥーサが英雄ペルセウスに退治されたという神話を元に描かれたものです。この絵はこれまでの作品と違って、盾に描かれているのが特徴。

実際の戦いでこの盾は使われてはいませんが、こんな盾で相手が向かって来たら怖気付きそうですよね。カラヴァッジオは下書きを一切しない画家としても知られていますが、この作品を前にすると彼の並外れた才能を感じずにはいられません。

ウフィツィ美術館の名画⑤ガリレオ・ガリレイの肖像画

Img 6833

理科の教科書で見たことある!という方も多いのではないでしょうか?『それでも地球は動いている』の名言で有名な天文学の父、ガリレオ・ガリレイの有名な肖像画もフィレンツェにあります。学校で一度は習うガリレオ・ガリレイですが、そのとき一緒に載っている彼の顔がこの作品なんです。決して多くの人が足を止めている作品ではありませんが、誰もが聞いたことのあるガリレオ・ガリレイをぜひ一目みてみてくださいね。

アカデミア美術館

Accademia adobestock 191875408

『ウフィツィ美術館』と共に人気のある『アカデミア美術館』。ここには『世界一有名な彫刻』が展示されていて、今にも動き出しそうな迫力に圧倒されてしまいます!

アカデミア美術館の名作「ダビデ像」

Img 7041

世界で最も有名な彫刻とは、ミケランジェロの『ダビデ像』。近くで見たときの迫力と、手の血管や肉付きの精巧な作りには目を見張るものがありました!写真だと正面からしか見られないダビデ像ですが、360度、後ろ姿もしっかり見ることが出来るのが、美術館で見る醍醐味の一つ。

「ダビデ像」の後ろ姿

Img 7133

なかなか見る事のできないダビデ像の後ろ姿。ちなみにダビデ像のお尻は、イタリア人女性の理想の形なんだとか。彼がやきもちを焼かない程度に、じっくりとご覧あれ!

美術館の基本情報

ウフィツィ美術館


■入場料:
3月〜10月:20ユーロ
11月〜2月:12ユーロ
■住所:Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI, イタリア
■開館時間:8時15分~18時50分
■定休日:月曜日

アカデミア美術館

■入場料:8ユーロ
※特別展開催時は12ユーロ
■住所:Via Ricasoli, 58, 50122 Firenze FI, イタリア
■開館時間:8時15分~18時50分
■定休日:月曜日

どちらも事前予約をして行きましょう!

どちらの美術館もフィレンツェでは大変人気の観光スポットです。特にハイシーズン(3月〜10月)に予約なしで来場した場合、かなりの時間待たされることになりますので、オンラインで事前予約をしていくことをおすすめします。(ただし、その際には入場料金に4ユーロの手数料が加わります。)

フィレンツェの美術館 公式予約サイト


ぜひ彼と二人で、世界の名画をじっくりと堪能してみてくださいね。