【漫画】第36話:スウェーデン女子の結婚観①『HEJ!from SWEDEN』

「HEJ(ヘイ)!from SWEDEN」スウェーデンからこんにちは!日本カップルに向けてスウェーデン現地の観光ガイドを務めるサヤですが、今日はスウェーデンのカップル事情について。事実婚制度「サンボ」があるスウェーデンでは「結婚」に関してそこまで固執していない様子。

目次

はじめに

日本のカップルは何かと「結婚」という概念が強いと感じますが、スウェーデンではカップルについて様々な概念を持っているようです。その背景にあるスウェーデンの事実婚制度「サンボ」。結婚したカップルと同じようなメリットが受けられるため、スウェーデンでは多くの方が採用している様子。そんなスウェーデンの方の結婚観を見てみましょう!

本編

Resoco36 1


Resoco36 2


Resoco36 3


Resoco36 4


『HEJ!from SWEDEN』のその他のお話をもっと読みたい方は下のボタンをクリック。スウェーデンの有名な観光地やカフェスポットなど旅行時に便利な情報を漫画仕立てでお楽しみいただけます。

HEJ!from SWEDENの他のお話はこちら▼

スウェーデンの事実婚制度「サンボ」について

約30年前ほどからスウェーデンでは事実婚制度「サンボ」を取り入れています。結婚しているカップルとほとんど同じ社会的保証を受ける事ができるため、その生活は「結婚」とほとんど変わらなようです。スウェーデンでは「サンボ」のまま出産・子育てをする事も多く、子供の戸籍や社会保障も結婚したカップルと同じなので、なんの心配もありません。例え両親がサンボのまま別れたとしても子供の養育費や権利関係は父・母ともに平等にあるので2人で責任をもって子育てをしていく事になります。

「不幸な結婚を続けない」「両親が不仲で不幸な思いを子供にさせない」「遺産問題をクリアに」といったメリットがあるんですね。

関連記事 この記事を読んだ方におすすめ

スウェーデンの観光スポット特集

景観美しいストックホルムの街や世界遺産、大自然を満喫できる場所など幅広くご紹介しています。旅行前どこにいくかお悩みの方は是非合わせてご確認ください。

スウェーデンの観光スポット記事はこちら▼

【お知らせ】Aikoさんが書籍を出版しました

Banner mannga

スウェーデン在住の漫画家であり、このお話『HEJ!from SWEDEN』の作者でもあるAikoさんが書籍を出版しました。

【本を読んだ感想】
暑くなってしまうと外に行くのも億劫になってしまいますよね。ところがこの本を読んで「夏の太陽をもっと満喫しなくては!」という気持ちになりました。もともと夏が短く、日照時間の少ない北欧スウェーデンはバカンスにでかけたり日向ぼっこをしたりと夏の太陽を思いっきり堪能する様子。夏の過ごし方は彼らの方が一歩上手な気がしました。これにならって今年の夏こそ充実させねば、と火がついたところです。

購入サイトはこちら▼