新婚旅行でイタリアとドイツの2か国を巡る!おすすめモデルコース

中世の街並みが残るヨーロッパはロマンチックでハネムーンにピッタリ。普段は遠くてなかなか計画できないけれど、新婚旅行なら!と考えているカップルも多いのではないでしょうか。そこで、新婚旅行の旅先に特に人気のイタリアとドイツ2か国を巡るおすすめモデルコースを紹介したいと思います。新婚旅行に人気の都市、必見観光スポット、グルメ情報などもチェックしましょう!

目次

イタリア・ドイツ2か国周遊のモデルコース

Vatican view

新婚旅行でイタリア・ドイツの2か国周遊する場合、ドイツで何をするのかが重要です。イタリア1か国であれば1~2週間ほどで人気都市すべてを回ることは可能ですが、ドイツはかなり広いため目的により北ドイツ・南ドイツなど回る地域を限定する必要があります。

一般的に、イタリア新婚旅行の目安は人気都市4つをまわる場合、7日間で60万円~100万円程度(2人分)といわれています。また、ドイツ新婚旅行の目安は8日間以上で60~100万円程度(2人分)といわれています。

ただし、イタリアとドイツの2か国をまわる場合は、どちらの国をメインに観光するかにより必要な日数・予算も異なります。この後それぞれの国をメインに観光する場合の2か国周遊モデルコースを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

イタリアがメインの2か国周遊モデルコース

イタリアがメインの場合、イタリアは2~3都市をまわるのが定番です。しかし、イタリアで人気の各都市はそれぞれ見どころが多く、一つの都市に2~3泊してのんびり過ごすのもオススメです。たくさん都市を回りたいか、1都市をじっくり観光したいか好みに合わせてアレンジしてみてください。

■モデルコース1
①ローマ(1日)
②ナポリ(1日)
③フィレンツェ(1日)
④ミュンヘン(2日)

■モデルコース2
①ローマ(2日)
②ナポリ(1日)
③ローテンブルク(1日)
④ニュルンベルク(1日)

ドイツがメインの2か国周遊モデルコース

ドイツはヨーロッパの中でも特に広く、旅行の目的によりベストな都市も様々です。目的によりアレンジするのがオススメですが、初めてのドイツ旅行の場合、ミュンヘン、フュッセン、ローテンブルクの3都市を回る人が多いです。そのため、ドイツメインの2か国周遊で中日が5日間の場合、ドイツに4日、他国に1日と振り分けるのが一番ドイツを満喫できると思います。

■モデルコース1
①ローマ(1日)
②ミュンヘン(2日)
③フュッセン(1日)
④ローテンブルク(1日)

■モデルコース2
①ローマ(1日)
②ミュンヘン(1日)
③フュッセン(1日)
④ローテンブルク(1日)
⑤ニュルンベルク(1日)

新婚旅行に人気のイタリア5都市

イタリアのみの場合は今回ご紹介する都市を全部回ることも可能ですが、2か国周遊の場合、今回ご紹介する5都市のうち1~3都市ほど気になる都市をピックアップするのがオススメです。

また、ミラノ・ヴェネチア・ナポリは1日でも比較的満足できますが、ローマやフィレンツェは特に見どころがたくさんあるため、2日以上時間をかけてじっくり観光した方が満足度が高くなります。お二人でよく話し合ってベストな日程を探してみてくださいね。

■人気のイタリア5都市
①ナポリ
②ローマ
③フィレンツェ
④ヴェネチア
⑤ミラノ

ナポリ

Napori

イタリア南部にあるナポリは、ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市です。ナポリの観光のハイライトは「ナポリ歴史地区」として世界遺産にも登録されている旧市街一帯です。また、青の洞窟で有名なカプリ島もナポリからフェリーで1時間~1時間半ほどでアクセスが可能となっています。夏季にイタリアへ行く場合はぜひナポリやカプリ島も検討してみてくださいね。

ローマ

Roma torevi

イタリアの政治、経済、文化の中心地であるイタリアの首都ローマ。ローマは都市自体がかなり広く、日帰りで観光したい近郊都市も多いため1週間滞在してもまだまだ足りないと感じられる観光地のひとつです。短期滞在の場合は観光の定番である「コロッセオ」「真実の口」「トレヴィの泉」「スペイン広場」をメインに観光ルートを作ってみましょう。

Sant angelo

また、ローマにある世界最小の国であり、国全体が世界遺産に登録されているバチカン市国もローマ観光では欠かせません。バチカン市国の観光の定番は「バチカン宮殿」「サン・ピエトロ大聖堂」そしてバチカン市国の入口にある「サンタンジェロ城」です。バチカン宮殿は合計20ほどの美術館・博物館・絵画館・図書館が入っているため、まともに見学しようとするとバチカン宮殿だけで1週間は必要になってきます。1日バチカン市国とその周辺の観光に充てられる場合は、入場して宮殿の一番裏にある「システィーナ礼拝堂」だけでも見てみてください。

フィレンツェ

Firenze view

ルネサンス時代の栄光を肌で感じることのできる「花の都」フィレンツェには、「ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)」「洗礼堂」「ヴェッキオ橋」「ウフィツィ美術館」などたくさんの見どころがあります。なかでも、ドゥオモのクーポラから望むフィレンツェの街並みは絶景です。ぜひ新婚旅行の思い出にクーポラに上ってみてください。

イタリア フィレンツェのドゥオーモの「クーポラ」体験記|アクセス方法も詳しく解説|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
昨年夏に夫婦でイタリア周遊旅行に行ってきました。イタリアの中でも、「フィレンツェ歴史地区」として世界遺産に登録されているフィレンツェの街並みはとても美しく、絶景スポットもたくさんあります。今回は、そんな絶景スポットの一つであるドゥオモ(大聖堂)のクーポラにのぼった様子を紹介していきます。アクセス方法も紹介していますので、ぜひ旅の参考にしてください!

また、フィレンツェにはドゥオモのクーポラを含む絶景スポットがたくさんあります。街歩きもいいですが、やっぱり美しい景色を一緒に見ると2人の仲もぐっと深まるような気がしますよね。美しいフィレンツェの街並みを眺めながらぜひロマンチックな思い出を作ってみてください。

カップルで巡りたい!フィレンツェのおすすめ絶景スポット|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
イタリア周遊といえば日程に組み込まれることが多いフィレンツェ。恋人同士の旅行やハネムーンで訪れる人も多いと思います。そこで、私が実際に見て感動した「カップルで巡りたい絶景スポット」をまとめてみました。

ヴェネチア

Ponte di rialto

「水の都」といわれるイタリアの水上都市ヴェネチア。一生に一度は行ってみたいと憧れている人も多いのではないでしょうか。ヴェネチアの定番観光スポットは「サン・マルコ寺院」「ドゥカーレ宮殿」「リアルト橋」「アカデミア美術館」など様々ですが、新婚旅行ではカナル・グランデの大運河巡りがオススメです。ゴンドラやヴァポレット(水上バス)の上から眺めるヴェネチアの街並みに感動すること間違いありません。

以下の記事でヴァポレットでの大運河巡りの様子を紹介しているので参考にしてみてください。

ヴェネチアの水上バス(ヴァポレット)でカナル・グランデ大運河巡り!夫婦でのんびり水上旅|リゾコ~リゾートをもっと楽しむ!ふたりで、みんなと。~
昨年夏、夫婦で訪れたイタリアのヴェネチア。「水の都」といわれてるヴェネチアで特にカップルにオススメなのが、水上バス(ヴァポレット)から大運河を一望するカナル・グランデ大運河巡りです!大運河巡りの様子から、ヴァポレットのチケット料金・チケット購入方法まで詳しく解説していきます♪

ミラノ

Milano model

ミラノはファッションの街として有名ですが、歴史的建築物や芸術作品の宝庫でもあります。その代表格がゴシック建築の最高傑作ドゥオーモであり、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」です。また、ドゥオーモからガッレリアを通り抜けた先には世界三大劇場のひとつと言われる「スカラ座」があります。なお、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にある「最後の晩餐」見学は、事前予約が必須となっています。ハイシーズン中はすぐに売り切れてしまうため、ミラノ行きが決まったらまず先に「最後の晩餐」の入場予約をするようにしましょう!

「最後の晩餐」の見学予約方法は私が運営するブログで詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

「最後の晩餐」の見学方法&予約方法を見てみる
Risotto alla milanese

また、ミラノでぜひ食べてほしいのが「Risotto alla Milanese(リゾットアッラミラネーゼ)」というリゾットです。日本では”ミラノ風ドリア”が有名ですが、本場ミラノにはドリアは存在せず、リゾットが有名です。とっても美味しかったのでメニューにあったらぜひ頼んでみてください。

新婚旅行に人気のドイツ4都市

ドイツはヨーロッパの中でも特に国自体が広く、旅の目的によっておすすめの都市は変わってきます。今回は、その中でも特にドイツ旅行者に人気の高い4都市(ミュンヘン、フュッセン、ローテンブルク、ケルン)を詳しく紹介していきます。

今回詳しくは触れないけれどドイツ旅行に人気の都市をいくつかピックアップしてみたので、旅の目的に合わせてアレンジしてみてください!

※日本⇔ドイツで直行便があるのはフランクフルト、デュッセルドルフ、ミュンヘンです。

■北ドイツを巡るコース
フランクフルト→ハンブルク→ハノーファー→ベルリン→ポツダム

■クリスマスマーケットを巡るコース
フランクフルト→ローテンブルク→ニュルンベルク→ドレスデン→ケルン

ミュンヘン

Munchen

ドイツ南部バイエルン州の州都ミュンヘンは、ドイツ3大都市のひとつです。特に有名なのが毎年9月下旬から開催される世界最大のビール祭り、オクトーバーフェスト。イベントがない時期でも、ミュンヘンは観光スポットがたくさんあるためぜひ立ち寄ってみてくださいね。すべてをまわりきろうとすると3~4泊必要です。1日しか時間がない!という場合は、「新市庁舎」「レジデンツ(博物館)」「バイエルン州立歌劇場」をメインに観光してみてください。

フュッセン

Neuschwanstein

ドイツのロマンチック街道の終点に位置するのが、ミュンヘンから電車で2時間程に位置するフュッセンです。フュッセンの郊外には、シンデレラ城のモデルとなったことで有名なノイシュバンシュタイン城があります。また、フュッセンの観光では「ホーエンシュヴァンガウ城」や世界遺産である「ヴィ-ス教会」も欠かせません。ぜひフュッセンの観光には丸一日時間をとるようにしてください。

ローテンブルク

Rothenburg

ヴュルツブルクとフュッセンを結ぶロマンチック街道にある小さな街「ローテンブルク」は中世のヨーロッパの雰囲気がそのまま残るとても可愛らしい街です。観光の定番スポットは「プレーンライン」市庁舎前に広がる「マルクト広場」「聖ヤコプ教会」旧市街をぐるりと囲む「城壁」など。1年中クリスマスグッズが売られている「ケーテ・ウォルファルト」も見逃せません。

また、クリスマスマーケットの時期は街全体がクリスマスの装飾で飾られます。クリスマスシーズンに旅行を予定している場合は、ぜひニュルンベルクとセットで回ってみてください。

ケルン

Cologne christmas

ケルンはこれまで紹介した3都市と少し離れた西ドイツに位置します。ケルンはベルリンやミュンヘンなどと比べると小さな街ですが、ここにはローマ時代からの古い歴史を誇る文化遺産が溢れています。その代表格であるケルン大聖堂はドイツで最も訪問者数の多い大聖堂となっています。いつ見ても圧倒されるケルン大聖堂ですが、時期を選べる場合はぜひクリスマスシーズンに訪れてみてください。

ケルン大聖堂周辺で開催されるクリスマスマーケットはドイツのクリスマスマーケットの中でも絶大な人気を誇っています。

Aachen wine

また、クリスマスシーズンにケルンを訪れる場合は、ぜひデュッセルドルフやアーヘンのクリスマスマーケットもセットで巡ってみてください。こちらの写真はアーヘンのクリスマスマーケットで売られているグリューワインです。長靴型のカップがとっても可愛いくてお土産にもピッタリです!

イタリア~ドイツ間の移動方法

イタリア~ドイツ間の移動方法は、飛行機と鉄道の2つがあります。しかし、電車での移動の場合、イタリア人気観光都市のうちドイツに一番近いミラノからミュンヘンまでは7時間ほど時間がかかります。仮に南イタリアに位置するローマからミュンヘンまで電車で移動しようとした場合、移動だけで丸一日かかることも・・・

折角の新婚旅行、移動で観光時間がなくなってしまうのはもったいないですよね。そのため、イタリア~ドイツ間の異動は飛行機がオススメです。飛行機の場合はミラノからミュンヘンへ行く場合直行便で1時間、ローマからミュンヘンの場合も直行便で1時間半ほどで移動が可能です。

イタリア都市間の移動やドイツ都市間の移動は電車が便利ですが、国をまたぐ場合の移動は飛行機の利用を念頭に計画をたてるようにしましょう!