軽井沢に彼女と日帰り旅行!週3日だけオープンする幻のカフェ アルスのオーガニック料理と北欧雑貨に癒される1日

職業柄毎日が多忙な僕ら。食事もコンビニや外食ばかりで、夜勤からあけるともうヘトヘト。なかなか休みが合わないが、日々の生活で疲れを感じている彼女に「癒やし」をプレゼントすべく、軽井沢日帰り旅行を計画。日帰りなので予定は詰めすぎず、今回の目的はただ一つ、1週間で3日間しかオープンしないカフェアルスへの訪問。オーガニック料理が絶品と噂のカフェで心と身体を癒す、贅沢な日帰り旅行をご紹介します。

目次

軽井沢の大自然を感じながら、五感を研ぎ澄ます感覚…久しぶりだなぁ

S  19693575

東京から1時間。軽井沢駅に到着。
新幹線を降りてまず彼女が一言。「生き返るねー!空気が美味しい!」

人でごったがえした駅や、会社での軋轢、縛られているもの全てから解放されるかのような自然がそこには待っていた。

真夏なのになぜか涼しい。これが避暑地といわれる所以か…そんなことを考えながら大きく深呼吸してみた。


S  19693577

駅前でレンタカーを借りて、車で走る事20分。駅前の景色とはまたちがう大自然。

車内から外をずっと眺めている彼女。

自然がキレイ!
と景色が少し変わるごとに僕に話しかけてくる。最近「疲れた」という言葉しか聞いていなかったから、その言葉だけでなんだか嬉しくなった。

S  19693583

ほどなくして、今回の旅の目的であるカフェアルスに到着。

ここは木・金・土しか開かない幻のカフェ。だからこそ、平日休みを使ってやってきたのだ。

S  19693586

森の中にひっそりと佇むこのカフェは、おしゃれなのになぜかアットホーム。なんだか落ち着くカフェだった。店内からでも緑の中にいるような感覚になる僕たち…

素敵だね。そうお互い言ったか言っていないか忘れてしまったけれど、なんだか優しい気持ちになって、カフェに入った。

S  19693587
S  19693597

静かな店内と良質な雰囲気。

「癒されるね、こういうところ最近来ていなかったな…」
とつぶやく彼女に
「お疲れさま、頑張ってるね」
と彼女の言葉に重ねるように言い放ってみた。

彼女をここに連れてきて良かった、そう思えた。

S  19693592

丁寧に作られたオーガニック料理は、身体の中から優しく日頃の疲れを癒してくれる

S  19693599

運ばれてくる料理は、その日庭で採れたオーガニック野菜を使ったキッシュ、サラダ、ビーツのスープ…ドリンクまで無添加・無農薬のオーガニック。

使われている食器やカトラリーもスウェーデン製。隅々までこだわり抜かれていて素敵だ。

S  19693601

料理は、とても優しい味で、体の中から癒されていく感覚になった。
普段から忙しくコンビニ弁当ばかりの彼女も野菜の味に感動している。


S  19693613

どれも作り手の優しい想いや、こだわりを感じる料理だった。

人の手を通して作られる丁寧な味に「美味しいね」と、お互いの顔を見ながらこの幸せを確かめ合う。これが僕の求めていた癒しだ…そんな気持ちになれた。

時間をかけていただく丁寧な料理は、こんなにも身体にエネルギーをくれるのだと気づいた。

S  19693609

北欧の上質な雑貨や食器がそろうセレクトショップで気持ちが豊かになる体験を

S  19693585

食事を終えると、隣のセレクトショップを見ていきませんか?と声をかけてもらい、一旦外に出て、隣の建物へ。


【NATUR home & RATTA RATTARR】と名付けられたこのショップは、スウェーデンを拠点にデザイナーとして活動してきたカフェアルスのオーナーが営むショップで、ひとつひとつからこだわりが伝わってくるセンス抜群のお店だった。

S  19800081

軽井沢らしい?といったらおかしいかもしれないが、ここでの暮らしに溶け込むような、北欧の上質な雑貨や食器、家具などがずらり。

S  19800082

中でも、店名にも入っている「RATTA RATTARR(ラッタラッタル)」というブランドは、福祉施設を運営するチャレンジドジャパンとともに立ち上げたデザインブランドで、クリエイターとしての障がい者と、アトリエリスタと呼ばれる支援者が手を携えて作品づくりを行なって作っているそう。

S  19800084

商品をご案内いただきながら、「障がい者が作った物だから選ぶ」ではなく、このプロダクトを「本当に良いもの」と感じてもらわなければ、彼ら独自の力を活かしていることにはならない。

というオーナーの言葉が心に響き、なんだか感動が止まらない僕たち…

S  19800075

人と人とが尊重し合う世の中。久しぶりに心に響く物事の考え方に触れて考えさせる僕ら…そういえばこんな時間いつぶりだっけ。

自分がいかに意思なく日々を過ごしていたかに気付き、ドキッとさせられた。

日々の忙しさから抜け出して、彼女と過ごす時間の大切さに気づく

S  19693598

新幹線に乗る前は疲れ切っていた彼女の表情が明るく、優しくなっている。

僕も嬉しい。付き合っていると、どうしても自分たちの生活に一生懸命になってしまうことがある。相手の体調や、生活のことを考えて計画した今回の旅行は、成功だ。

帰りの車内で彼女が「連れてきてくれて、ありがとう」と言った。

S  19693615

今回の日帰り旅は、1つも観光地へは行っていないけれど、都会では味わえない豊かな生活や空間、手のこんだ食事や、こだわって集めたたくさんのモノに出会えて心が癒された。

日々の忙しさから抜け出して、彼女と過ごす大切な時間、未来について少し考えられた気がして、また次もこんな贅沢な平日旅行に行ってみたくなった。

【cafe Ars】

■住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉957-63
■営業日時
木曜日 11:00-14:30 L.O 14:00
金曜日 11:00-14:30 L.O 14:00
土曜日 10:30-16:00 L.O 15:30

cafeArs Instagram

【NATUR home & RATTA RATTARR】

■住所:長野県北佐久郡軽井沢長倉957-63
■営業日:木曜日-日曜日
■営業時間:11:00-16:00

NATUR home&RATTA RATTARR