新鮮!安い!おいしい!“シドニー・フィッシュ・マーケット”を満喫しよう!

シドニーに行ったら絶対に訪れて欲しいのが、シドニー・フィッシュ・マーケット!世界第二位の規模を誇る活気ある市場は、今では人気の観光スポット。大陸全体を海に囲まれたオーストラリアの、新鮮でおいしいシーフードを気軽に楽しむことができます。今回は、そんなシドニー・フィッシュ・マーケットを満喫できる情報をギュッとまとめました。

目次

はじめに

Img 2566

こんにちは。Sonokaです。

今日は、私がシドニーで1,2番を争うほどテンションが上がった観光スポットについてご紹介したいと思います。

1つは、前回の記事でご紹介したカフェ“The Grounds of Alexandria”。
もう1つは、“Sydney Fish Market(シドニー・フィッシュ・マーケット)”です。

大陸全体を海に囲まれているオーストラリア。美しいビーチはもちろん、新鮮でおいしいシーフードもオールシーズン楽しむことができます。

今回は、そんな新鮮なシーフードを楽しく・お手頃な値段で食べられる、シドニー・フィッシュ・マーケットについてご紹介します。

基本情報

Img 0601

シドニー・フィッシュ・マーケットは、南半球最大級の魚市場であり、水揚げされる魚の種類は、日本の築地(現・豊洲)に次いで世界第2位とされています。

ここでは、新鮮な魚介が購入できるほか、その場で味わうこともできます。
カジュアルに新鮮でおいしいシーフードを食べられると、連日多くの観光客や地元の人々で賑わっています。

メインの建物について

Img 9042

市場の中には、駐車場を取り囲むように様々な建物が並んでいますが、メインは水色のこの建物!一歩中に入ると、建物内には様々な店が軒を並べています。

Img 1691


中には、パン屋、チーズの専門店、果物、野菜…と、シーフード以外にも様々!

お店①入口にあるお土産屋さん”Boatshed”

Img 1596
Img 1683

お店➁魚市場にあるベーカリー”Gregory's Bread”

Img 1639
Img 1678

お店③買ったお酒をその場で楽しめる”fishermans fine wines”

Img 1635
Img 1681

お店➃チーズの種類が豊富な”Blackwattle Deli”

Img 1646
Img 1676

お店⑤チョコレートコーティングされたフルーツ”Waterside Fruit Connection”

Img 1671
Img 4466

【買う】新鮮な魚介を購入する!

Img 4470

シドニー・フィッシュ・マーケットでは、日本では見たこともないような種類・色・大きさの魚介類が沢山!その光景は、買わずとも、見ているだけで市場の雰囲気をとても楽しむことができます。

Img 1629
Img 1699
Img 1700
Img 1701

美しく魚が陳列された”Peter's”でオーダーしてみよう!

Img 1622

お店では、その場で選んだ魚介類を、調理してもらって食べることも可能です。(別途追加料金有)大人数で行った際は、大きな魚やカニを選んで調理してみんなで囲む…そんな楽しみ方もありですね!方法はたったの3ステップなので是非トライしてみてください!

ステップ①魚介類を選ぶ

Img 1713

生簀の中から、魚介類を選びます。こちらの「Spanner crab(カニ)」は、1匹あたり約1kg。

ステップ②調理法を選ぶ

「Cooking fee(調理代)は、$15/kg。ヌードル(中華麺のような味)を追加する場合は、更に$15かかります。今回は「シンガポール・スパイシー・チリ」テイストを選びました。

ステップ③いただきます!

Img 1704

30分程経つと、購入後に渡されたブザーが鳴ります。出てきたお皿の大きさにビックリ!店内のテーブルかテラスでいただきましょう。

【食べる】フードコートで新鮮な魚介を味わう!

Img 1603

前述したように、メインの建物内には本当に様々なお店がひしめき合っており、お店を選ぶのにも一苦労。

Img 1613

そんな中でも、私のオススメは赤い看板が目印の“Fish Market Café(フィッシュ・マーケット・カフェ)”。調理した、ホットのシーフード料理が沢山提供されています。

そして、シドニー・フィッシュ・マーケットに来たら絶対食べて欲しい、オススメのメニューがこちら。(※オイスター以外、全て”Fish Market Cafe”にて購入)

オススメメニュー①Aburi scallops(ホタテのチーズ焼き)(3個入 $10)

Img 1606

毎回行く度に必ず食べている、このホタテのチーズ焼き。チーズのコクと炙りホタテ、中に隠れたご飯のコンビネーションがたまりません。

おすすめメニュー➁Rock lobster mornay(ロブスターグラタン)($22.5)

Img 1608

名前・見た目からして間違いない一品。食べられる部分は少ないものの、贅沢な満足感は抜群◎

おすすめメニュー➂Sushi donut(寿司ドーナッツ)(1個 $8、2個 $15)

Img 2564

初めて見た時、そのカラフルな見た目の美しさに瞳が輝きました。まさに海外ならではの斬新なアイディア!見た目だけでなく、食べ応えも結構しっかりありますよ。

おすすめメニュー➃Oyster(牡蠣)

Img 1614
Img 1616

また、シドニー・フィッシュ・マーケットに来たら沢山の観光客の方が食べているのがオイスター!

ここで是非食べて欲しいのが、「Rock Oyster(岩牡蠣)」。世界的に食されている「Pacific Oyster(真牡蠣)」とは異なり、おそらくシドニーでしか食べられない特別美味しい牡蠣です。

※オイスターの購入方法は、「半ダース(6個)」か「1ダース(12個)」単位のみ。
1個単位では買えないので注意しましょう。

Img 1661

このように、半ダースずつ買って、食べ比べするのもオススメ!

「Pacific Oyster(写真下)」は、塩気と水っぽさが強く、その名の通り太平洋の海を感じる味。それに比べ、「Rock Oyster(写真上)」は、クリーミーで弾力があり、海の生臭さがないので、オイスターに少し苦手意識がある方(※私)でも、食べやすいと思いますよ。

フードコートでのオーダーの仕方

買いたい物・食べたい物が決まったら、あとはオーダーするだけ!ここでは基本的なオーダーの流れを説明します。

①お店を選ぶ

数あるお店の中から、気になるお店を選びましょう。

②食べたい物を注文する。

商品名、あるいは指さして注文しましょう。

※食材として魚介類を購入する際は、重さや数でオーダーします。(お刺身用に切ってもらいたい場合はこの時に頼みましょう)

Img 1650

③お会計

フィッシュ・マーケットでは、基本【現金】での支払いです。(カードが使える場合も有)
市場にはATMもありますが、必要な分は現金を用意して行くと安心です。

④空いているテーブルで「いただきます!」

購入したお店の横にある席 or 外のテラス席 でいただきます。

外の席は、港で景色も良くとても気持ち良いのですが、カモメに注意が必要です。
少しでも油断すると、歩いて席に移動している瞬間にも狙ってくるので気を付けましょう。

Img 4479

ゆっくり食べるのを楽しみたい場合は、店内で食べるのがオススメです。

Img 1600

アクセス方法

Img 1577

一番分かりやすい方法としては、Central Station(セントラル駅)からライトレールに乗って行く方法です。

「L1 Dulwich Hill Line」のライトレールに乗り、約15分で「Fish Market(フィッシュ・マーケット駅)」に着きます。駅からフィッシュ・マーケットまでは、徒歩約2分です。

店舗情報

Img 4478

住所:Corner Pyrmont Bridge Road & Bank Street, Pyrmont, NSW 2009
営業時間:7:00-16:00(店舗により多少異なる)
定休日:なし
WEB:www.sydneyfishmarket.com.au

※週末は混雑するため、平日に行くのがオススメ!

終わりに

Img 5906

いかがでしたでしょうか?

シドニー・フィッシュ・マーケットは、観光スポットとしても、シドニーの食を楽しむ場としても、絶対にオススメしたい場所です!

レストランで食べるのもいいですが、せっかくならフィッシュ・マーケットに行って活気ある市場で頂いてみてはいかがですか?きっと楽しい旅行の思い出になりますよ!

Img 1745